日刊サイゾー トップ  > 「ペタマックス」第5の刺客はたぬきそば風!

ペヤング「ペタマックス」第5の刺客はたぬきそば風! もはや食べるパーティーグッズ

ペヤング「ペタマックス」第5の刺客はたぬきそば風! もはや食べるパーティーグッズの画像1
 ペヤングは世にさまざまなトンデモ商品を送り出していますが、そんな中でも「激辛」と「大盛」が大きな柱です。激辛を極めすぎてもはや罰ゲーム用アイテムになってしまった「獄激辛」と、大盛を通り越してパーティーサイズどころか業務用サイズと化した「ペタマックス」&「GIGAMAX」が、二大巨頭として君臨しています。

 今回は、二大巨頭のうちの「ペタマックス」新商品、2021年12月20日に発売された「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」(税別980円)をレビューしていきます。

第5の「ペタマックス」として登場した「たぬきそば風」

ペヤング「ペタマックス」第5の刺客はたぬきそば風! もはや食べるパーティーグッズの画像2
「ペタマックス」はこれまでに4商品出ていた

 ペヤングの麺量は、少ない方から順に、ノーマルサイズ、「大盛」(終売)、「超中盛」(終売)、「超大盛」、「GIGAMAX」、「ペタマックス」と続きます。つまり「ペタマックス」は、大盛ペヤングの系譜の頂点に位置するシリーズ。

「超大盛」の麺量が通常の2倍、「GIGAMAX」が3.3~4倍なのに対し、「ペタマックス」は5~7.3倍。もはや正気の沙汰とは思えず、自分はこの商品を買った“消費者”だったはずが、気づいたら、業務用サイズを仕入れした“業者”になった気分を味わえます。こんな量を素人が扱うことは、なかなかないのではないでしょうか。

「ペタマックス」はこれまでに4商品が出ており、第1弾が焼そば(こちら)、第2弾が醤油&辛味噌のラーメン2種、そして第3弾として「幸楽苑」とコラボした「味噌野菜うどん」が出ていました(こちら)。焼そば、ラーメン、うどんときたので、今回が単に「そば」であれば、それほど驚きはありません。

ペヤング「ペタマックス」第5の刺客はたぬきそば風! もはや食べるパーティーグッズの画像3
そば粉不使用の「そば風」の麺を使用

 麺量の多さだけではなく、そば粉不使用の「そば風」であることも特徴となっています。そばアレルギーの方に喜ばれそうですが、それを「ペタマックス」サイズでやるところがすごいところ。設定が盛られすぎてキャラ渋滞が起きています。

 そば粉不使用の商品はペヤングから以前にも登場しており(こちら)、今回はその麺を再利用しているようです。

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真