日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 「ペヤング」最新商品まとめ!

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのに“クセモノ”出揃う

文=オサーン

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのにクセモノ出揃うの画像1

 今年1年も絶好調だった「ペヤング」ですが、年末になってもその勢いはとどまるところを知りません。ここ最近にも、新商品が断続的に発売されています。しかも、“飛び道具”感の強い「獄激辛」や「ペタマックス」シリーズではない正統派の“クセモノ”も登場しており、目が離せません。

 今回は、最近発売された「ペヤング」の変わり種3商品に注目し、レビューしていきたいと思います。「獄激辛」や「ペタマックス」はありませんが、「激辛やきそば」や「超大盛」といった、ペヤング界のかつての主役たちも登場します。

「激辛やきそば」と「マシマシキャベツ」が合体!「ペヤング 超大盛激辛やきそば マシマシキャベツ」

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのにクセモノ出揃うの画像2
「ペヤング 超大盛激辛やきそば マシマシキャベツ」(2021年10月18日発売)

 最初に紹介するのは、「ペヤング 超大盛激辛やきそば マシマシキャベツ」300円(税別)。真っ赤な背景に大きなキャベツの写真が描かれた、とにかく辛くてキャベツがたくさん入っていることが一目に想像できるパッケージデザイン。ペヤングが赤いだけで「獄激辛」が頭にチラついて、トラウマに苛まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 今回は「超大盛」での登場。赤い機体は「通常の3倍」が基本線ですが、今回の赤いペヤングは通常の「2倍」の麺量。激辛は麺量が多ければ多いほどダメージが蓄積されるので、消耗戦は必至と思われます。

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのにクセモノ出揃うの画像3
「超大盛」の「激辛」(左)と「マシマシキャベツ」(右)

 ちなみにこの商品は、以前発売されていた「ペヤング 激辛やきそば」と「ペヤング マシマシキャベツ」を合体させたもの。こんな強引な合体は、合体ロボでおなじみの「超合金シリーズ」ですらなかなかお目にかかれないでしょう。どちらも普通サイズの他に「超大盛」でも発売されていたことがあります。

「激辛やきそば」は2012年に初登場した商品。今でこそ辛さの上位互換シリーズ「獄激辛やきそば」の登場によって影が薄くなっていますが、発売当時は他社商品を含めて激辛焼きそばが今ほど一般的ではなく、その中であまりに突き抜けた辛さと真っ赤なパッケージがセンセーショナルでした。

 一方の「マシマシキャベツ」は2020年に発売され、いつものペヤングでもたくさん入っているキャベツをさらにマシマシに増量した、ペヤングらしからぬ(?)良心の塊のような商品でした。

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのにクセモノ出揃うの画像4
キャベツと挽肉の入った「かやく」が2つ、麺も2つ

 さっそく内容物を見ていくと、キャベツが大量に入った「かやく」の袋が2つと、「激辛ソース」という真っ黒で不気味な袋が入っています。麺は「超大盛」恒例の通常の麺ユニットが2個入り。「かやく」も麺も同じものが2個入っている姿はなかなか異様です。ソースも2つに分けてくれると、2回に分けて食べられるんですけどね。

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのにクセモノ出揃うの画像5
山盛りキャベツのインパクトに比べるとソースはおとなしく見えるが…

 激辛なソースと山盛りのキャベツにいつものペヤングの麺の組み合わせ。山盛りのキャベツがとにかく目立っており、ソースはおとなしそうに見えますが、見た目に反してかなりの激辛。今でこそ「獄激辛」の辛さに慣れてしまいましたが、激辛商品があふれる現在でもこの辛さに勝るカップ焼そばはちょっと存在しないレベル。

 激しい辛さの中にあって、鼻に抜けていくちょっぴり甘い風味や酸味が独特。リンゴやトマトが入っているようで、「獄激辛」など他の激辛ソースと異なる要素です。「激辛やきそば」の発売当初はこの甘みや酸味で油断させてから激辛に変化するコンボが暴力的で、気をつけて食べないと口のまわりについたソースが痛くて痛くて大変でした。この商品を食べ続けることで、上品に麺をすするスキルを得られます。

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのにクセモノ出揃うの画像6
大量のキャベツと挽肉

 大量のキャベツは、これ単体でのインパクトに加え、激辛ソースの辛さを和らげる効果もあり、「激辛やきそば」と「マシマシキャベツ」の好相性ぶりに驚きます。お気楽に合体させたようで、実はかなり練られた組み合わせなのかもしれませんね。キャベツほどではないものの、挽肉も実は増量しており、食べ応えがありました。

123

「ペヤング」新商品まとめ!「激辛やきそば」「超大盛」も登場、正統派なのに“クセモノ”出揃うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

インタビュー「グラミー賞の仕組みと実態」

 今年もグラミーの季節が来た。第64回グラミー賞の授賞式が現地時間で2022年1月...
写真