日刊サイゾー トップ > その他  > 純烈がLiLiCoのプロレス引退試合応援

純烈、LiLiCoのプロレス引退試合を応援! 酒井リーダー「僕の中で小田井は死にました」

文=伊藤綾(いとう・りょう)

純烈、LiLiCoのプロレス引退試合を応援! 酒井リーダー「僕の中で小田井は死にました」の画像1
(左)LiLiCoと(右)純烈・小田井涼平夫妻(撮影=筆者、以下同)

 DDTプロレスは3月20日、両国国技館でDDT旗揚げ25周年記念大会となる「Judgement2022」を開催する。

 本大会内では、プロレスラーとしても活躍してきたタレント・LiLiCoのプロレス引退試合が行われることが決定。それに伴って、記者会見が2月11日に実施された。

小田井涼平「LiLiCoの膝の代わりに戦う」宣言!

純烈、LiLiCoのプロレス引退試合を応援! 酒井リーダー「僕の中で小田井は死にました」の画像2
LiLiCo

 2015年8月、DDT両国国技館大会でプロレスデビューを果たし、その後DDT EXTREME、KO-D10人タッグなど、数々のベルトを巻く活躍してきたLiLiCo。

 しかし、2020年8月、左膝に大怪我を負い、プロレス活動を続けることが困難となった。本人たっての希望で、このたびデビュー戦の地でもある両国国技館での引退試合が実現したという。

 対戦相手は、現KO-D6人タッグ王者の男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成“ファンタスティック”夢人からなる「フェロモンズ」。

純烈、LiLiCoのプロレス引退試合を応援! 酒井リーダー「僕の中で小田井は死にました」の画像3
純烈・小田井涼平

 3対3の6人タッグマッチで、DDTプロレスの運営会社CyberFight副社長でもある彰人選手と、LiLiCoの夫で純烈メンバーの小田井涼平がLiLiCoのパートナーを務める。

 試合当日、小田井以外の純烈メンバーである酒井一佳、白川裕二郎、後上翔太がLiLiCoチームのセコンドを務めることも発表された。

 対戦相手について、LiLiCoは「アレを噛みちぎる気持ちでやりますので。絶対勝ちます」と述べており、引退を飾るに相応しいカードが揃ったようだ。

「本当はプロレスを続けたかったんですが、この怪我は完治することはなく、ずっと付き合わなければいけません。いまもリハビリをしていますが、どうしても最後にもう1試合やりたいとお願いしました。最後に戦うのであれば、私をずっと守って、支えてくれている主人にも一緒にいてほしいなと。運動はもしかしたら……ダンスはしているけど体が硬くて、足の爪も自分で切られない人なので、なかなか難しいと思うんですけど(笑)。彰人は単純にタイプだからお願いしました(笑)」(LiLiCo)

 今回がプロレスデビュー戦となる小田井は、「正直、現時点で僕の体は全く整っていません。純烈のステージとしてリングに上がったことはありますが、プロレス未経験ですし、ここから整えていきたいなと思っています」と、不安げな様子。

 膝に怪我を負うLiLiCoが試合を行うことに複雑な気持ちも当初あったそうだが、LiLiCoのプロレスに対する思いを理解するだけに、背中を押されたそうだ。

純烈、LiLiCoのプロレス引退試合を応援! 酒井リーダー「僕の中で小田井は死にました」の画像4
左から彰人、酒井一佳(純烈)、LiLiCo、小田井涼平(純烈)、白川裕二郎(純烈)、後上翔太(純烈)

「彼女が怪我をしたとき、僕は仕事から病院に駆けつけたんですが、緊急搬送先の病院で応急処置を終えて、麻酔が効いて意識がまだ朦朧としている中で、『プロレスはできますか?』と先生に聞いていたんです。筆談だったんですが、声も出ないような意識の中でもプロレスのことを気にしてるんだなと。頼りになるかわかりませんが、彼女の膝の代わりとなって戦いたいなと思っています」

12

純烈、LiLiCoのプロレス引退試合を応援! 酒井リーダー「僕の中で小田井は死にました」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

日本語ラップが迎えた新時代と裏面史

 引く手あまたの文筆家・つやちゃんによる新連載「クリティカル・クリティーク」がスター...
写真