日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 『乃木中』矢久保美緒、覚醒の予感!!
「さくちゃ〜ん♡」がかわいすぎた

『乃木坂工事中』矢久保美緒、溢れ出る遠藤さくらへの愛 “ジブリキャラ”で覚醒の予感?

文=川崎 龍也(かわさき・りゅうや)

『乃木坂工事中』矢久保美緒、溢れ出る遠藤さくらへの愛 ジブリキャラで覚醒の予感?の画像1
『乃木坂工事中』(テレビ東京系)

 2月27日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、「褒めっこグランプリ 前編」をオンエア。3週に渡り放送されたバレンタイン企画では、喜びもあった反面、涙を流すメンバーも現れるなど、遺恨を残す企画でもあった。しかし今回はメンバー同士がとことん褒め合うという誰もがハッピーになれる企画だ。見終わった感想としては、これで企画としてしっかりと成立させてしまう「乃木坂46すごい……」である。

秋元真夏、鈴木絢音は褒められるのに弱い?

 さて、今回行われる「褒めっこグランプリ」は“グランプリ”とあるように、メンバー同士の対決形となっており、最終的に勝敗が決定される。スタッフによる「攻撃力」「守備力」という独自の指標も加えられ、さながら格闘ゲームの装いである。

 1回目は秋元真夏と梅澤美波というキャプテンと副キャプテン同士の対決に。対決の前には、レフェリーを務めるバナナマン・日村勇紀が準備をしているところを、設楽統に促された早川聖来が背後から日村を攻撃する流れがあった。早川は顔を赤らめて恥ずかしそうにしていたが、その勇気のおかげもあって、スタジオは和やかなムードに包まれた。

「褒められるの大好き」「ニヤニヤしちゃいそう」と弱気な秋元に対して、「一発でイケちゃうかな」と自信を覗かせる梅澤。じゃんけんの結果、有利な先行を選んだ梅澤は、秋元の顔を褒める作戦で、秋元の笑顔を引き出しあっさりと勝利。こういうときのキャプテンはとことん弱い。

 多目に見てほしいという秋元の要望もあり、秋元を先行にして第2試合が行われることに。梅澤のいいところをつらつらと話していく秋元だったが、梅澤の表情は一切変わらない。それはテロップにもあったように「鉄の女」そのもの。転じて後攻の梅澤が今度は性格を中心に褒め始めるが、秋元はまたもやニヤニヤを耐えきれず。秋元からは良くも悪くも素直なのが伝わってくるし、だからこそいつまでも愛されるキャラでいられるのだろう。

 続いての対決は、バレンタイン企画では大活躍だった樋口日奈と鈴木絢音。鈴木は乃木坂イチのクールガールだなんて当初は言われていたけれど、今では感情を表に出すことも多くなった。とはいえ、設楽も表情が変わらないと話していたように鈴木が勝つのだろうと筆者は予想。しかし、結果は樋口が「絢音」と話し始めた途端に、鈴木が吹き出してしまいアウト。この後2度も対決が行われたが、どれも樋口の勝利だった。いくら鈴木のガードが固いとはいえ、お互いを知り尽くしている樋口の作戦が功を奏した形だ。

 3試合目は、4期生の仲良しペアの筒井あやめと清宮レイ(あやレイコンビ)が対決。じゃんけんで勝った筒井は有利な先行ではなく、強気に後攻を選択。「グロスの塗り心地 めっちゃよかった」と褒める清宮の言葉にも一切動じず、顔色ひとつ変えない筒井が強すぎる! 個人的に“無の境地”に達してしまった筒井の表情がツボだった。清宮の笑顔からは2人は本当に仲の良さが伝わってきて、見ているだけで幸せな気分にさせてくれた。

 続く4試合目も掛橋沙耶香と柴田柚菜の4期生による対決。これまではどちらかが笑い上戸という対決が続いていたが、この対決は2人とも笑顔を隠しきることができず、トントンの結果に。「お姉さんみたいだね」と話したときの掛橋の笑顔は破壊力抜群だった。

 ここまではバナナマンも尺の心配をするほどに、あっさりと進んでいったのだが、第5試合目以降の対決は屈指の名場面が生まれることに。

12

『乃木坂工事中』矢久保美緒、溢れ出る遠藤さくらへの愛 “ジブリキャラ”で覚醒の予感?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真