日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 日向坂46小坂菜緒が復帰もファン動揺

日向坂46・小坂菜緒が復帰も…このタイミングで「4期生募集」にファンが動揺するワケ

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

日向坂46・小坂菜緒が復帰も…このタイミングで「4期生募集」にファンが動揺するワケの画像1
小坂菜緒ちゃん(日向坂46公式サイトより)

 3月6日、『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)にて、日向坂46の4期生オーディションが開始することが発表され、ファンが動揺している。

「このオーディションによって日向坂46には4期生が加入してくることになります。日向坂46の姉グループにあたる櫻坂46にはまだ2期生までしかいないので、日向坂46より櫻坂46のほうが先にオーディションを開催するのは意外でした。また、新メンバー募集の告知が最初に出たのが、『日向坂で会いましょう』の番組内や公式サイトではなく、CMだったことも異例だったため、『今、日向、新メンバー募集って言った? 見間違い?』『ガセとかじゃなくて?マジ?』とネット上がざわついています」(芸能ライター)

 確かに、従来とは違う情報解のやり方ではあったが、なぜここまでファンは困惑したのだろうか。アイドル誌ライターが言う。

「ちょうど今は、乃木坂46の5期生加入がいろいろと物議を醸している最中です。加入して間もない中西アルノが29thシングルでセンターに抜擢されたものの、過去の言動が炎上して活動自粛を発表。発売前にフォーメーションが変更されるなど、不穏な空気が流れています。運営のオーディション方法や性急すぎた5期生のゴリ押しが疑問視されている時に、日向坂46までオーディションを始めたことで『なんで今?』『大丈夫なのか!?』と、ファンは不安を感じているようです」

 また、日向坂46はこれまで、乃木坂46や櫻坂46のような選抜制度を設けておらず、メンバー全員が表題曲に参加する“全員選抜”方式となっている。

「日向坂46はこれまで2人しか卒業していないのにも関わらず新メンバーが加入してくることで、人数的に“全員選抜”は難しくなるため、新規オーディションには反対する意見もある。『日向坂46は全員選抜だからこそよかったのに』『選抜制度になったらギスギスしちゃうのかな……』と、日向坂46のカラーである“ハッピーオーラ”の消失が危惧されているようです」(前出・芸能ライター)

 また、このオーディション開催に反対や疑問の声が上がるのは他にも理由があると、前出のアイドル誌ライターは言う。

「3月4日、昨年6月から長期間にわたり活動休止をしていた小坂菜緒が復帰すると公表し、大きな話題になったばかり。長らく不動のセンターを務めた小坂がやっと戻ってきて、ファンは祝福ムードですが、日向坂46メンバーが揃ったタイミングでの新メンバー募集には、ファンも首をかしげているようです。乃木坂46の一件で、運営側に不信感を持った人も多かったため、日向坂46の運営も4期生募集の発表時期については、もう少し熟考したほうがよかったかもしれません」

 小坂の復帰に沸くファンにとって、今回の募集は“ってか”嬉しくない、が本音だろうか。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2022/03/11 08:00

日向坂46・小坂菜緒が復帰も…このタイミングで「4期生募集」にファンが動揺するワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

初開催で約2000人来場

 大阪湾に注ぐ木津川に面した、無骨な一帯。そこに前衛的であり、しかし前時代的とも称...
写真