日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 残念すぎた『DCU』…1月期ドラマまとめ

『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめ

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

 『となりのチカラ』が最終回を迎え、1月期のドラマがすべて終わった。「ドラマ序盤ランキング」で取り上げた作品はどうだったか。総括してみよう。

1月期の”ベスト”は『妻、小学生になる。』 対して『ミスなか』は…

『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめの画像1
『妻、小学生になる。』Paravi公式ページより

 1月期でもっとも良かった作品はやはり、TBS金曜ドラマ『妻、小学生になる。』だろう。死んだ妻が小学生になって戻ってくる……という奇想天外なストーリーに説得力をもたせた丁寧な心理描写と、俳優たちの演技力。貴恵(石田ゆり子)が乗り移った時と、ただの小学生の時の”2役”を見事に演じ分けた毎田暖乃は脱帽ものだった。

 どうしても毎田の演技を語りたくなってしまうが、主演の堤真一を始め、吉田羊、神木隆之介、森田望智らの演技がしっかりとドラマを地に足つけた物語にしていたし、ドラマ初出演となった當真あみや、驚きのキャスティングだった水川かたまり(空気階段)もいい存在感を放っていた。病気で降板となった萩原利久の代わりに急きょ愛川蓮司を演じることになった杉野遥亮も、蓮司は杉野以外考えられないと思わされたほどのハマリっぷりで、役柄は前期の『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)で演じた森生と重なる部分があったにもかかわらず、森生とはしっかり違うキャラクターになっていたのも見どころだった。原作がまだ完結していないだけにどう話を終わらせるかは難しかったと思われるが、原作に沿いながらも、しっかりとこのドラマらしい着地点を見つけられたと思う。不満点ゼロ、とにかく上質なTBSドラマだったと言えるだろう。

 上質といえば、NHK総合のよるドラ『恋せぬふたり』もいい作品だった。恋愛を描かないとドラマは成立しないのか、という考えから生まれたというだけあって、ちゃんと「ラブストーリーにはならないカップル」の物語をしっかりと描き切った。他者に性的に惹かれない「アロマンティック」、他者に恋愛感情を抱かない「アセクシュアル」のキャラクターたちが、すぐに恋愛に結び付ける周囲に振り回されるさまは、さながら”すれ違いコント”のようでもあったが、誤解され続け、孤立していくあたりの展開は胸が痛かった。当事者が本作を観ることを意識した上での配慮ある警告文(「ドラマの中で性的接触の描写があります。あらかじめご留意ください」)を含め、全体において丁寧で、やさしいドラマだった。土曜枠でのよるドラはこれで最後となるが(月曜に移動)、今後も挑戦的な作品を作り続けてほしい。

 テレビ東京のドラマ24『シジュウカラ』もおもしろかったのだが、千秋(板垣李光人)の背負うものが過酷すぎて、後半は観るのに少々精神的なハードルを感じてしまった。思えば1月期は、『つましょー』『ミスなか』『となりのチカラ』、そしてこの『シジュウカラ』と、親子・家族間の暴力や虐待が取り上げられる作品が多かった。特に『シジュウカラ』は生々しい描写もあったことから観ていて辛い場面も多かったように思う。だが一方で、メインの山口紗弥加と板垣李光人を筆頭に、宮崎吐夢(怪演!)、酒井若菜らキャスト陣の芝居は見ごたえがあり、ホラーめいた演出と相まって引き込まれるドラマだった。原作の脚色が絶妙だった脚本の開真理にも今後注目したい。

 悩みどころだったのはフジテレビ月9ドラマ『ミステリと言う勿(なか)』。レギュラーだけでなくゲストでも豪華俳優陣が数々出演したこともあり、演技には見応えがあった。視聴率だけでなく、評判も上々だったのも納得できる、力の入ったドラマではあった。しかし一方で、”素材殺し”な面がチラホラあったのがどうしても目に付いた。

123

『DCU』も『ミスなか』もスッキリしない終わり方…1月期ドラマまとめのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『水ダウ』“陰口ドッキリ”のずるさ

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

森達也監督が初の劇映画に挑む理由

 ゴーストライター事件で騒がれた佐村河内守氏...…
写真