日刊サイゾー トップ > 芸能  > 富川アナ去就、『金田一』大昇問題他週末芸能

富川アナ去就に後輩は…『金田一』岩崎大昇問題他週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

富川アナ去就に後輩は…『金田一』岩崎大昇問題他週末芸能ニュース雑話の画像1
『報道ステーション』(テレビ朝日系)公式サイトより(現在は削除済)

記者I 4月に入り一週間ほど経ちましたが、新しい人事などにも慣れ始めたころでしょうか。テレビ各局にもこの春は大きな人事があり局内もかなりバタついているなんて話も聞こえてきています。その中でも大きな話題となったのがテレビ朝日と『報道ステーション』から去った富川悠太アナでしたね。
 


 
デスクH 古舘伊知郎の後任として大看板を背負わせた割に最後が”冷遇”だからね。あの姿を見せられた後輩アナたちも戦々恐々でしょうよ。日本テレビの桝太一アナも退職したけどアナウンサーの40代でのセカンドキャリアへの移行は増えていきそうだね。
 
記者I こちらも昨今、メディアをにぎわせているのが映画業界の”性加害”疑惑。映画監督では榊英雄と園子温、俳優では木下ほうかに疑惑が報じられており、木下は自らツイッターで芸能活動の無期限休止を発表しています。
 

 
デスクH 芸能界でもこの話題に反応して「一部の人がやっているだけです」って発言しているタレントがいたけど、それだけじゃ無くならないでしょ。「この一部の人だけではなく実際にやっている人たちに重いペナルティが課せられるように働きかけます」と言えばいいのにね。ジャニー喜多川さんの疑惑が報じられたときは見事に黙殺されたけど業界全体で変わっていければいいね。
 
記者I この流れで入るのも重々しいですがジャニーズの話題をいくつか。岡田准一以来となるジャニーズ主演大河『どうする家康』が2023年に控える嵐の松本潤ですが、冬ドラマの『となりのチカラ』が振るわず。『どうする家康』には隠し玉を用意するなんて話も。
 

 
デスクH 前々から各所でそんな話が出ていたけど、小栗旬を引っ張り出すにしてもカメオ出演的な感じじゃないかなぁ。それよりも、芦田愛菜超えの噂がある毎田暖乃をひっぱってくるほうが話題になりそうだけど。
 

 
記者I 芦田愛菜も大河ドラマでていましたし、たしかにありそうな話ですね。
 
デスクH それに『となりのチカラ』に関しては前にも話したけど、やっぱり脚本とキャラクターに現実味がないのが一番の問題だったと思うよ。知り合いのライターも「ライターをああいう風に描かれたくなかった」と言ってたわ(苦笑)。まあ、これからの立ち位置を模索して松潤も色々と試行錯誤しているんじゃないかね。
 

 
記者I 松潤も過去に主演を務めた『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)がなにわ男子の道枝駿祐主演でリバイバル。「美 少年」の岩崎大昇も佐木竜太役で出演すると発表され注目を集めています。
 

 
デスクH これは「異人館ホテル殺人事件」をやるのかやらないのか、やるとしたら、放送のどのタイミングでやるのかが非常に問題になるかと……。
 

12

富川アナ去就に後輩は…『金田一』岩崎大昇問題他週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

『シン・ウルトラマン』に「笑ってまうよね」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真