日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > CMまで“今田美桜づくし”に混乱

今田美桜主演ドラマ『悪女(わる)』、CMまで“今田美桜づくし”で視聴者も混乱か

文=田井じゅん(たい・じゅん)

 今田美桜主演ドラマ『悪女(わる)』、CMまで今田美桜づくしで視聴者も混乱かの画像1
『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系)公式サイトより

 今田美桜の初主演ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系)が4月13日にスタートした。深見じゅんの漫画『悪女(わる)』(講談社)を原作として、1992年には石田ひかり主演でドラマ化、そこから30年ぶりの実写化となる。また、石田は今回の作品に、今田の上司役で出演している。

「すでに女優として多くの作品に出演している今田ですが、この『悪女(わる)』で満を持しての主演という形。本人としても、相当気合いが入っているでしょう」(ドラマ関係者)

 今田が演じるのは、ポジティブだけどポンコツな新入社員、田中麻理鈴(たなかまりりん)。今田は役に合わせて、ショートボブにイメージチェンジし、アクティブな雰囲気を押し出している。

「元気で前向きな主人公・田中麻理鈴があまり好きではないという視聴者の声もあります。演技もオーバーだし、失敗するのに前向きな姿勢を崩さないあたりに、空気の読めなさを感じ、イライラする視聴者も少なくないはず。確かに、石田ひかり版の時も同じような意見がありましたよ」(同)

 初回放送時には、今田美桜が出演するスーモ、キリンウイスキー陸、グロップのCMもオンエアーされた。本編だけでなく、CMもまた“今田美桜づくし”だったのだ。

「ただでさえ田中麻理鈴の押しが強いのに、CMでも今田美桜が出てくるということで、かなり“トゥーマッチ”な感じになっていました。あまりにも今田美桜推しが強すぎて、お腹いっぱいになる視聴者もいたと思いますよ。初主演ドラマということで、今田美桜を盛り上げようとするのはわかるのですが、やりすぎてしまえば、今田美桜ファン以外には逆効果では」(同)

 今田サイドとしても、せっかくの初主演ドラマなのに、ソンをするのは本意ではないはず。今後、どうやって打開していくのか?

「田中麻理鈴のキャラクターが急に落ち着いた雰囲気になるということはないでしょうが、物語が面白く展開すれば、もちろん高い評価の作品となるはず。暗い世の中だからこそ、田中麻理鈴のような明るいキャラクターが時代にバシッとハマる可能性だってあるわけです。今田美桜ができることは少ないものの、脚本次第で好転することが十分に考えられる。まあ、第1話が終わったばかりの状況ですから、まだまだ結論を出すのは早いと思いますよ」(テレビ誌ライター)

 いずれにしろ、今田美桜の今後の女優人生を大きく左右することは間違いない『悪女(わる)』。30年前の石田ひかりも『悪女(わる)』が初主演ドラマであり、この作品の後、大飛躍を果たし、1990年代を代表する女優の1人となっている。果たして、今田美桜はこの作品で飛躍できるのだろうか。第2話以降に注目だ。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2022/04/19 08:00

今田美桜主演ドラマ『悪女(わる)』、CMまで“今田美桜づくし”で視聴者も混乱かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

桃月なしこ、念願のチアコスに真っ青な唇…ハードな撮影を振り返る

   梅雨も明けて、夏も本番。うだるような暑さに涼を得たいなら、やっぱりホラー映画...
写真