日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 水ダウ「30-1グランプリ」
「30-1グランプリ」念の為気合の全ネタレビュー!

水ダウ「30-1グランプリ」意外と過酷なお笑いGPで生き残れそうな方法

続いてBブロックは?

1組目「チョコレートプラネット」

 ネタはサザエさんのパロディでとてもしっかりして麒麟の川島さんがボソっと「キレイやな」といったようにとてもまとまった綺麗なネタだった。だが30秒ネタとしては爆発力が弱く、思わず吹き出してしまうような笑いが欲しかった。

2組目「ドンココ」

 自分たちの見た目を活かしたネタで分かりやすく、面白かった。ただボケとしてはあまり強いものではないので、やや受けといった感じ。もうひと展開あれば良かったかも。

3組目「みなみかわ」

「数十年前のディレクター」というタイトルで、今ではコンプライアンスに引っかかるような事ばかりするというネタ。ボケの数も、盛り上がり方も、言葉のチョイスも良かった。30秒間に良い形で笑いを詰め込んだネタ。あと少しだけ演技力があればさらに良かった。

4組目「わらふぢなるお」

 ネタの内容は不動産屋さんというオーソドックスなもの。内容はまるで長い尺のコントの入りの掴みの部分を見ているようだった。ただ掴みというと軽いボケのように感じてしまうかもしれないが、かなり上質で笑いがしっかり起きるものだったので、続きが見てみたくなった。30秒で完結しきれていないのがちょっと残念。

5組目「レインボー」

「なんで稼いでるかわからない、六本木にいる薄着の金持ち」というネタ。タイトル通りのネタで期待通り面白かったが、想像を上回るものでは無かった。オチのセリフは印象的だったが、もう少しオリジナルのフレーズがあると良かったかも。

6組目「金の国」

 自転車に乗る人の恰好がインナーパンツなのかスパッツなのか的なネタだったのだが、オチがインナーパンツというもので弱く感じてしまった。視聴者を裏切るなら逆でも良かったのではないだろうか。見え過ぎるスパッツの方がリアクションしやすい気がする。

7組目「もう中学生」

 面白いとか面白くないとかそういう次元にいないネタだったのでとてもレビューしづらいが、感想としては30秒という時間を有意義に使った、もう中学生さんらしいなんとも言えないネタだった。

8組目「ななまがり」(決勝進出)

 設定は重い荷物を持った老人を助けるというとてもベタなものだった。しかもボケは最後の最後にして出て来ず、かなりハードルが上がるようなものだったにも関わらず見事に決勝進出。つまりそれだけ最後のボケが良かったという事。面白さもさることながら誰も思いつかないボケだったのが評価するポイントだ。

 ちなみに決勝戦は「パラレルワールドから来た〇〇」というネタで、予選のようにインパクトのあるボケだったが内容の突飛さは予選ほどではなかったので、少し弱く感じてしまった。

123456
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed