日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 水ダウ「30-1グランプリ」
「30-1グランプリ」念の為気合の全ネタレビュー!

水ダウ「30-1グランプリ」意外と過酷なお笑いGPで生き残れそうな方法

水ダウ「30-1グランプリ」、意外に過酷なお笑いGPで生き残れそうなある方法の画像1
TBS『水曜日のダウンタウン』公式サイトより

 お笑い界の「〇〇グランプリ」と言えば何を思い浮かべるだろうか?

 テレビで放送される大きな大会から、ライブ単位で行われる小さなものまであるので、みなさんの頭の中にはたくさんの「〇〇グランプリ」が浮かんでしまうだろう。では1番最近テレビで放送された「〇〇グランプリ」はなんだろうか?

 それは間違いなく、13日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS)内で開催された「30-1グランプリ」だ。

 ネタのジャンルは問わず、30秒という短い時間内でどれだけ笑わせらるかを競い合うコンテスト的企画。総勢658組がエントリーし、厳しい選考を勝ち抜いた40組が放送中に審査されることになる。A~Eブロックに8名ずつに分けられ、それぞれのブロックで勝ち残った5名で決勝が争われるという形式。

 昨年の3月にも行われていて、今回で2回目となるこの企画。審査員はダウンタウンの松本さん、ケンドーコバヤシさん、バカリズムさん、バイきんぐの小峠さん、麒麟の川島さんとかなり豪華なメンバー。

 30秒という短い出番ではあるが、上記の審査員に「面白い」と言われれば、一躍知名度が上がるのは間違いないということで「30-1ドリーム」もあながちないとは言い切れない。

 僕はこのコラムで「グランプリ」とつくものは大概「全ネタレビュー」をさせてもらっている。なのでもちろん今回も、需要があるかないかは別として「30-1グランプリ」とうたった30秒間に命を懸け、放送された芸人たちのネタを、元芸人として分析しレビューしていく。

 ただし、30秒というネタの短さプラス40組もいるので、こちらも負けじと短めのレビューにしようと思っている。ちなみにネタの詳細を書いたり書かなかったりあるので、ネタバレがイヤな方や、詳細が知りたい方は「Tver」や「GYAO!」の見逃し配信を見てから、もしくは見ながらこのレビューを見てもらえるとありがたい。

 でははじめよう。(※次ページから、ネタバレあります)

123456
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed