日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > クビ選手がライバルチームで大活躍のトホホ

最下位に沈む新庄剛志“ビッグボス”の日ハム、クビ選手がライバルチームで大活躍のトホホ

文=石井洋男(いしい・ひろお)

最下位に沈む新庄剛志ビッグボスの日ハム、クビ選手がライバルチームで大活躍のトホホの画像1
新庄剛志氏

 シーズン前の話題を独占した“ビッグボス”こと新庄剛志監督が、早くも苦境に陥っている。開幕からいきなり5連敗し、1勝した後はまた4連敗。その後、調子はやや上向いてきたが、ずっと最下位の状況は変わらない。

「3年連続5位と低迷が続いて栗山監督が退いた日本ハムは、新庄監督の就任が大きな話題になりましたが、順位予想は最下位だらけ。昨年は得点、打率、本塁打、出塁率、得点圏打率など、すべてリーグワーストで、長打力がある打者が1人も見当たらない上、投手陣も先発の頭数がまったくそろっておらず、厳しい戦いが予想されていました。

 いざ開幕すると、打撃陣は現在ホームラン数トップでがんばっていますが、防御率が断トツ最下位では勝ち星は伸びません。まだ20数試合ですが、すでに4番に座った選手が8人もおり、打順がコロコロ変われば、スタメンも日替わり。これでは上位進出は望めません」(フリーの野球ライター)

 新庄監督にしてみれば、低迷が続くチームをいきなり優勝争いさせるのは無理というもの。今は“おためし期間”なのかもしれないが、悔やまれてならないのは、昨年限りでお払い箱にした選手の奮闘だ。

 球団は昨年オフ、主力として活躍してきた大田泰示、西川遥輝、秋吉亮に対し、契約更新しないことを通告。球団側は「ノンテンダー」という言葉を使ったが、事実上のクビだ。

 このうち西川は楽天、大田はDeNAに移籍したが、2人とも戦力として立派にチームに貢献している。

「西川は昨年、打率こそ.233でしたが盗塁王を獲得。一昨年には3割を打って盗塁数も42個を記録していますし、まだ20代でしたから“クビ宣告”には衝撃が走りました。しかし今季は新天地で開幕から1番に定着し、現時点で打点と出塁率が1位、打率と盗塁が2位と大活躍。チーム首位の原動力になっています。

 一方の大田も昨年はさっぱりでしたが、その前はずっとレギュラーで活躍してきた選手。身体能力の高さにはとにかく定評があり、案の定、複数球団による争奪戦になりましたが、4月なかばからレギュラーで使われるようになり、2番打者としてスタメンに定着しそうな勢いです」(週刊誌野球担当記者)

“見返してやる”というパワーが好成績につながっているのは明白。結果論といえばそれまでだが、日本ハムの現在の成績を見れば、2人を放出したのはイタすぎる。さらに気になるのは、ビッグボスの“神通力”がすでに切れかけていることだ。

「今シーズンは大型移籍や超大物新人の入団がなく、話題がなかったため、メディアはいっせいに新庄監督に飛び付きました。しかしシーズンが始まれば、結局話題になるのは強いチームと活躍している選手。パフォーマンスや奇策は瞬間的にしか話題になりません。佐々木朗希という超新星が登場して話題をいっきに持っていかれ、人気球団の阪神が大低迷したことで、ビッグボスは話題にもならなくなりました。

 ホームゲームの観客の不入りも深刻です。ホーム開幕戦は何とか2万人以上入りましたが、観客数が1万人を割り込むこともしばしばで、ロッテ戦では7000人台も記録。中田翔(巨人へ移籍)と斎藤佑樹(現役引退)がチームを去り、客を呼べる選手がいなくなりました。来季は新本拠地へ移るので、黙っていても座席は埋まるでしょうが、一度ソッポを向かれると、なかなか戻ってこないのがファンというもの。まだまだ使える選手を手放したツケは大きいようです」(前出・野球ライター)

 奇想天外なビッグボスは、まだ何か秘策を用意しているのだろうか。

石井洋男(いしい・ひろお)

石井洋男(いしい・ひろお)

1974年生まれ、東京都出身。10年近いサラリーマン生活を経て、ライターに転身。野球、サッカー、ラグビー、相撲、陸上、水泳、ボクシング、自転車ロードレース、競馬・競輪・ボートレースなど、幅広くスポーツを愛する。趣味は登山、将棋、麻雀。

最終更新:2022/04/28 06:00

最下位に沈む新庄剛志“ビッグボス”の日ハム、クビ選手がライバルチームで大活躍のトホホのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

俳優で監督・小川紗良の願い【インタビュー】

 海の向こう、アメリカのメジャーリーグではエンゼルス・大谷翔平の二刀流が話題だが、日...
写真