日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『家つい』7人姉妹長女への“お祝い”は…?

『家つい』大家族ものに見る悲哀。7人姉妹長女への“お祝い”を“呪い”にしてほしくない

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『家つい』大家族ものに見る悲哀。7人姉妹長女へのお祝いを呪いにしてほしくないの画像1
『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)

 5月11日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)は、「皆の愛の形を覗き見 3時間半SP」と題した拡大版であった。今回のゲストは、なんと中山美穂である。

大家族に密着、7人姉妹長女の“中学入学祝い”は…

 2020年6月、埼玉県草加市のスーパーに「買い物代をお支払いしますので、後ほど家撮らせてもらっていいですか?」と記した定点カメラを設置しておくと、買い物中の母娘が話しかけてきてくれた。どうやら、2人の自宅には双子ちゃんがいて、さらに家は“ボロボロ”らしい。

 このコメントに興味を抱いたスタッフは、母娘のお家をアポなしで訪ねた。そこにあったのは一軒家だ。見たところ、ボロボロの家ではなさそうだけど……。

 インターホンを押すと、出迎えてくれたのは先程のママと娘さんたちだった。子どもたちが予想以上に大勢いる。数えると、なんと7人もの女児が! 当然だが、7人全員の顔が似ている。しかも、この中には双子ちゃんが2組もいるというのだ。スゴい家族構成である。

 スーパーで話しかけてきてくれたのは10歳の長女・るうちゃんで、ママはまだ33歳だそう。33歳で7人の子ども!?  男児がほしくて、「男の子が生まれるまでは……」と考えていたら、いつしか7人姉妹になったのだろうか?

 家の中へお邪魔すると、子どもたちのパワーがスゴいのだ。はっきり言って、うるさい。テレビ越しに超音波攻撃を受けているようなやかましさだ。ちなみに、この一軒家は祖父母が住んでいた住居だそう。持ち家でよかった。壁という壁に落書きされているし、そこら中の壁紙がビリビリに破かれている。賃貸だったら原状回復が大変だ。いやはや、女子でもここまでやるのか……。

 このタイミングでパパが帰宅したようだ。娘たちは「キャー!」といっせいにパパを出迎えた。まるで、お祭り騒ぎである。ママと同い年、33歳の一家の主の職業は鉄筋工だ。子ども手当もあるはずだが、大勢の子の生活を支えるプレッシャーによく耐えていると思う。 

 いずれにせよ異常な賑やかさの中、1日ではとてもリポートできそうにない。なので、番組は一週間かけてこの家に密着することにした。7日間かけて7人姉妹に付き合うのだ。

結果、やはり毎日は戦争だった。まず、洗い物と洗濯の量が異常。壁はいたるところに穴が空いているし、破かれるから最初からカーテンは掛かっていない。子どもが大勢のため、しつけきれないのだろう。ちなみに月の食費は15万円で、毎朝ごはんは10合炊きだ。

 見ていて思うところもあった。姉妹が小学生のうちはまだいい。でも、大きくなったらどうなる? 間違いなく、スマホ代は大変になる。今は高校の学費を無償化する制度があるが、大学には全員が全員行けないはずだ。

 ある日の夕飯を見ると、丼ものだった。7人の娘さんたちが勢ぞろいし、楽しげにごはんを食べている。でも、見るとそれぞれ丼一品しかないのだ。夕飯に一品しかないのは侘しすぎる。せめて味噌汁くらいは付けてあげてほしい。でも、これでも食費に月15万円もかかっているのだ。

 家の中は女子校ノリだった。密着スタッフは姉妹から「カメさん(カメラマンさんの略)」と呼ばれ、逆セクハラを受けるほどモテモテ状態に。スタッフのズボンを脱がし、「パンツ見せて!」と押し倒しにかかる女児たち。一見すると天真爛漫だ。でも、このはしゃぎ方には理由があるはず。大勢の中から自分に構ってもらうため、やたらちょっかいを出しにいく。そんなサバイバル術に見えたのだ。

 子どもたちが就寝後、パパとママの表情を見ると見事に疲れ切っていた。7人姉妹を養うのだから、こうなるのは仕方ないだろう。

かつて、この家には危機があったそう。三女と四女の双子が生まれ、退院したママが1カ月検診を受けた直後、すぐに五女の妊娠が判明した。

ママ 「本当は、医者から『3年空けてくれ』って言われていたんです。(双子の出産が)帝王切開だったから、子宮が破裂しちゃうって」
パパ 「傷口が塞がってない状態で大きくなると裂けてきちゃう」
ママ 「裂けちゃったら、もう母子ともに間に合わない」
――でも、どうしてそこまでして産もうと思ったんですか?
ママ 「産まない理由がなかった。全然、怖いとか思わなかったですね。この子たちがいないほうが怖いみたいな(笑)」
パパ 「授かった命だからね」

 いつものように、BGMで「Let It Be」が流れ始めた。レリビーで泣かせにかかる『家つい』。でも、どうしても美談と受け取ることはできなかった。少し間を置くだけでいいし、避妊するだけでもいい。なのに、なぜそんな無計画になってしまうのか? もしもママと五女が亡くなっていたら、上の子たちの面倒は誰が見る予定だったのだろう? 今はちゃんと両親で育てられているが、それは結果論である。

 この取材から2年後、番組は家族を再取材した。「もしや?」と思ったが、さすがに8人目はできていなかったようだ。ただ、2年経って変わったことがある。明らかに、上の子が落ち着き始めているのだ。特に、長女・るうちゃんが大人びている。何しろ、もう12歳である。中学へ入学する年齢だ。なのに、伸びた彼女の前髪を文具ハサミでバッサリとカットするママ。入学式なのに、彼女は美容室へすら行かせてもらえないのか……。式当日の写真を見ると、ママはバッチリ着飾っていたのに。

 長女の入学記念として、番組スタッフが「お祝いさせてもらってもイイですか?」と申し出た。何をしてほしいか質問すると、妹たちがいっせいに挙手! 「お出かけ」「何か買ってあげる!」「ケーキ食べる!」など、どんどん案が出てきた。そして、下の子から「うんこミュージアムに行きたい!」という案が出た途端、他の子もそのアイデアへ乗っかり始める。みんな、異口同音に「うんこミュージアム!」とシュプレヒコールをし始めたのだ。お台場に居を構えるうんこのテーマパーク「うんこミュージアム」へ、みんなで行きたいらしい。でも、るうちゃんはそれでいいのか?

「るうは別にどこでもいい(笑)」(るうちゃん)

 見ていればわかる。彼女はあまり行きたくなかったはずだ。きっと、この子はいつも我慢している。大家族ものはこれが可哀想なのだ。長男と長女が、どうしても甘え下手になってしまう。姉妹のまとめ役としていつも頑張る、るうちゃんへのお祝いだ。本人にお祝いの内容を選ばせてあげたかった。

 結局、番組は7人を「うんこミュージアム」に招待することに。到着すると、長女と次女の態度には明らかに照れがあった。12歳で「うんこミュージアム」は、さすがに恥ずかしい。しかも、今回のお祝いに両親は帯同していない。だから、誰かが迷子になるとるうちゃんが右往左往して探し回る羽目に……。誰かがはぐれてしまわないようみんなに声をかけたり、その姿はまるで引率の先生。るうちゃんのお祝いの日に、彼女が1番働いている。その姿はいじらしいが、さすがに可哀想だった。スタッフは彼女だけを連れ出し、1日ぐらい長女役から解放させてあげればよかったのに……。プレゼントどころか、るうちゃんにとってこの日は試練だった。

 その間、両親は家で何をしていたかというと家でくつろいでいたようだ。

パパ 「ゆっくりしてました」
ママ 「すごい暇すぎて」
パパ 「静かすぎて、なんか変だった」
ママ 「暇で疲れちゃった(笑)」

 暇だったのは、るうちゃんのおかげである。るうちゃんは、感謝をしたためた手紙を両親にプレゼントした。その文章を読み上げるるうちゃん。

「今日、子どもたちだけで出かけてみて、パパとママの大変だなと思うことがすごくわかりました」
「いつも、見守っててくれてありがとう。そして、ここまで育ててくれてありがとうございます。産んでくれてありがとう」

 手紙を受け取ったパパとママは、るうちゃんに語りかけた。

パパ 「大変でしょう? それをママはやってんのよ?」
ママ 「こうやってね、思ってくれるのは嬉しいよね」

 自分たちが大勢の子を産んだのだ。両親が苦労するのは当たり前だ。でも、長女に親の役割をさせないでほしい。彼女は「しっかりしている」のではなく、「しっかりせざるを得ない」だけ。ママの大変さを訴えるのではなく、ちゃんと長女を甘えさせてあげてほしかった。

 長女にとって「祝い」どころか「呪い」にもなりかねない、今回のうんこミュージアム。るうちゃんは、いつまで妹たちの世話をしなければならないのか? 少なくとも、あと6年(高校卒業まで)はこの家にいなければならないはずだ。

 3年後、5年後、この家がどうなったかを見てみたい。いや、今のうちに取材ができてよかったのかもしれない。

12

『家つい』大家族ものに見る悲哀。7人姉妹長女への“お祝い”を“呪い”にしてほしくないのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真