日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『元彼の遺言状』大泉洋の謎が明らかに?

大泉洋演じる篠田の謎がついに明らかに? 大きな変化を迎えそうな『元彼の遺言状』

文=東海林かな(しょうじ・かな)

大泉洋演じる篠田の謎がついに明らかに? 大きな変化を迎えそうな『元彼の遺言状』の画像
ドラマ公式サイトより

 急展開を迎えるフジテレビ系月9ドラマ『元彼の遺言状』(フジテレビ系)。主人公の弁護士・剣持麗子(綾瀬はるか)と、作家志望の謎の男・篠田敬太郎(大泉洋)がさまざまな事件を解決に導いていく「痛快リーガルミステリードラマ」の第7話がいよいよ5月23日に放送される。

 前回のラストでは、麗子がついに、このドラマの登場人物紹介でも「謎の男」と紹介され続けている篠田に対し、“実在の篠田敬太郎という男は、見た目がまったくの別人で、しかもすでに死亡している”という事実を突きつけ、「篠田、あんたいったい何者?」と迫るシーンで終わっていた。第7話は、「篠田」というキャラクターの立ち位置や麗子の心境に、何らかの変化が生まれる回となりそうだ。

 麗子はホストの黒丑益也(望月歩)に篠田について調べさせており、第5話のラストには黒丑から「篠田敬太郎に関する調査報告書」が渡されていたが、ついにその中身が明らかになった。篠田と麗子が出会ったのは、麗子の学生時代の元カレであり、大手製薬会社・森川製薬の御曹司である森川栄治(生田斗真)が元カノらに自分の不動産を分け与えるなどの不可解な指示をした奇妙な遺言状を残したためだったが、栄治が暮らしていた軽井沢の別荘で管理人を務めていた篠田は、麗子に会った際、自分は英治が所属していた大学のミステリー研究会の先輩で、麗子とも面識があると話していた。しかし麗子の記憶にはない。そして第6話のラストで、麗子は「栄治の大学のミステリー研究会には確かに篠田敬太郎というOBがいた。でも見た目はまったくの別人で、すでに死亡し、もうこの世にはいない」と述べ、篠田に何者なのか問い詰めるのだった。

 麗子は第6話の中盤、篠田の「きっと大切な真実を隠しているんだよ」という発言を思い出しながら、引き出しの報告書を取り出して「どの口が……」とつぶやいていた。この時点ですでに麗子は“篠田を名乗る男”が実在の篠田敬太郎とは別人であることを知っていたようだが、報告書には他にも謎多き篠田の真実について書かれているのだろうか?

 この場面では、英治が麗子に宛てたと思しき「しのだをたのんだ」の暗号メッセージを読み返した麗子が、かつて英治に「どうして弁護士になろうと思ったの? お金のため? それとも正義のため?」と訊かれたことを思い出しながら、「英治。あなた、なんで私に……」と物思いに耽っていた。報告書には、英治が篠田を託した理由がわかるような事実も書かれていたのだろうか。第5話には、麗子が「篠田は警察を避けている」と紗英(関水渚)に説明するシーンもあった。第7話の予告映像には「篠田の正体が明らかに」とあり、篠田が警察を避ける理由、英治のメッセージの真意、それらもようやく解明されるのかもしれない。

 また、第6話では麗子の行動原理についてもひとつの謎が生まれた。どんなあくどい手を使ってでも“勝ち”にこだわる優秀な弁護士で、「お金にならない仕事はしない」が口グセの麗子。過去には大口の顧問契約が取れる寸前というところで篠田が一方的に断り、それが理由で喧嘩になったことも。しかし第6話では、麗子から5億円の弁護報酬を自らフイにする行動を選択した。

 第6話で起きたホスト殺人事件。容疑者・森蘭丸(味方良介)が不動産王の次男であることに目をつけた麗子は、「勝てます」と高らかに宣言し、「私に嘘をつかないこと」を条件に蘭丸の弁護を引き受けるのだった。しかし終盤、「俺、やってないです!」と言っていた蘭丸がやはり殺人の罪を犯していたと指摘、報告する際、「嘘をつく依頼人は弁護できません」と話し、自ら弁護を辞退するのだ。当初は、5億円の報酬のために「何がなんでも無罪にしなきゃいけない」と意気込んでいた麗子が、だ。

 加えて、なかなか罪を認めようとしない蘭丸に対し「嘘をつくのはやめなさい!」と厳しく叱責する姿は、視聴者にこれまでの麗子とは異なる印象を持たせるのには十分だっただろう。SNSでも「5億の仕事なのに、しかも今回は断られたわけでもないのに、依頼者が嘘をついたという理由で麗子の方から断るなんて。意外に仕事に対するこだわりがあるんだね。ちょっと見直した」という感想も寄せられていた。これは麗子の弁護士としての矜持なのか。それとも、篠田に嘘をつかれているという状況に思うところがあったのか。それとも……。

 また、麗子のチームにも変化が起こるかもしれない。麗子と篠田のコンビに加え、ちょくちょく登場していた森川紗英(関水渚)が第5話で活躍。ここに第3話に登場し、裏で篠田の調査をするなど動いていたホストの黒丑が加わることも考えられそうだ。第6話同様、第7話の事件でも黒丑からの相談が関わってくることになるようで、公開されている場面写真には、麗子、篠田、紗英と4人で並んでいるものも。紗英のように「麗子チーム」の一員として活躍する場面があってもおかしくないだろう。篠田の“真実”次第では、篠田が一時的にチームから外れる可能性だってある。

 第7話はどんな変化で私たち視聴者を驚かせてくれるだろうか。このドラマの大きな謎となっている篠田の真実がどれだけ明らかになるのか楽しみだ。

■番組情報
月曜ドラマ『元彼の遺言状』
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:綾瀬はるか、大泉洋、生田斗真、関水渚、森カンナ、笛木優子、要潤、野間口徹、佐戸井けん太、笹野高史、萬田久子、浅野和之 ほか
原作:『元彼の遺言状』『剣持麗子のワンナイト推理』新川帆立(宝島社)
脚本:杉原憲明、小谷暢亮
音楽:川井憲次
プロデューサー:金城綾香、宮﨑暖
演出:鈴木雅之、澤田鎌作、西岡和宏
制作・著作:フジテレビ 第一制作部
公式サイト:fujitv.co.jp/motokare

〈関連記事〉
尾上寛之が怪演! 『元彼の遺言状』視聴者が「期待を裏切らない」と湧いたワケ
細かな伏線にリピート不可避! 『元彼の遺言状』が王道ミステリー路線にシフト?
『元彼の遺言状』“守銭奴キャラ”の綾瀬はるかよりも…大泉洋こそ“裏”主人公?
一番“ガッカリ”は『元彼の遺言状』か『インビジブル』か? 春ドラマ序盤ランキング
『元彼の遺言状』生田斗真の”再登場”にファン歓喜! やはり「謎の男」篠田がドラマ版のカギ?

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/05/23 19:00

大泉洋演じる篠田の謎がついに明らかに? 大きな変化を迎えそうな『元彼の遺言状』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真