日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 乃木坂46バスラで見た和田まあやの魅力

乃木坂46バスラで垣間見えた、和田まあやの“愛され力”

文=久田萬美(ひさだ・まんみ)

乃木坂46バスラで垣間見えた、和田まあやの愛され力の画像1
和田まあや(乃木坂46公式サイトより)

 今年、結成10周年という節目を迎えた乃木坂46。いまや、残っている1期生は4人のみだ。グループの2代目キャプテン秋元真夏、圧倒的エース齋藤飛鳥、選抜常連の樋口日奈、そして和田まあやである。

「1期生のうち、選抜常連組はわりと最近まで残っていましたが、アンダー常連だったメンバーの多くは比較的早いうちに卒業してしまいました。1期生のアンダーメンバーで残るは和田と樋口になってしまいましたが、樋口はドラマ『教場Ⅱ』(フジテレビ系)の出演を機に選抜常連に。アンダーの1期生が和田のみとなってしまった今、彼女の存在感はより増しています」(芸能ライター)

 和田といえば、『乃木坂工事中』(テレビ東京系)の「頭NO王決定戦」企画で発揮する“おバカ”っぷりが印象的である。

「加入当初、和田はまだ中学生でしたが、高校時代も勉強がニガテで、お姉さんメンバーの松村沙友理が理科、橋本奈々未が数学、白石麻衣などが英語を教え、樋口がそれに付き合ってあげていた。この頃から、和田がメンバーに可愛がられる“愛されまあや”だったことがわかります。

 ただ、和田はお勉強はできなくてもある意味、賢い。『頭NO王決定戦』では『かわいい子には○○をさせよ』の○○を答える問題で『はじめてのおつかい』と答えるなど珍回答を連発。場を盛り上げる力には長けており、和田が活躍する回の『乃木坂工事中』は神回になることが多いです。選抜経験は2回と乏しいですが、和田がグループの中で存在感を放っているのは間違いありません」(前出・芸能ライター)

※まあや列伝

 そんな和田の魅力は、5月14~15日に行われた日産スタジアムでのバースデーライブでも見られたと、アイドル誌ライターは語る。

「バスラでは、生駒里奈や西野七瀬など多くの卒業メンバーが、グループ10周年を祝してサプライズ登場しました。Day2に白石麻衣が登場した際、和田は『たまにこうやって(ライブに)来てよ……』と控えめに発言。今後のライブでOGたちが登場することはおそらくもうないでしょうし、和田もそれはきっとわかっているはずですが、こうした発言が飛び出たことに、ファンからは『まあや切ない』『まあやピュアだな』という反応が相次ぎました。
 また昨年、アンダーメンバーとして共に切磋琢磨してきた2期生の伊藤純奈と渡辺みり愛が卒業した際にも、和田は『卒業おめでとうって言いたくない』と本音をポロリ。これにはファンも感涙させられたものです。
 和田は人生で一度も人と喧嘩をしたことがないそうで、メンバーと『1回喧嘩をしてみよう』とやってみたけど、結局できなかったんだとか(笑)。その心の広さと純粋さはお墨付きでしょう。和田の魅力は、メンバーはもちろんファンにも伝わっています」

 10年間ほぼ選抜に入らないながらも、ずっと縁の下の力持ち担当だった和田。その存在の大きさをこれからもっと見せつけてほしい。

久田萬美(ひさだ・まんみ)

久田萬美(ひさだ・まんみ)

1990年生まれ。大学卒業後、某週刊誌のカメラマンを経てフリーライターに。2ちゃんねるネイティブ育ちで根っからのゴシップ好き。

最終更新:2022/05/26 07:00

乃木坂46バスラで垣間見えた、和田まあやの“愛され力”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真