日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 有吉弘行“らしさ”全開の蛭子さんとの交流

ギャラクシー賞『有吉クイズ』有吉弘行と蛭子能収の心の交歓の「その後」を振り返る

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

 第59回ギャラクシー賞(放送批評懇談会主催)の贈賞式が6月1日、都内で行われた。

 バラエティ番組では『ヤギと大悟』(テレビ東京系)『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王 新春SP』(関西テレビ)がテレビ部門の選奨として入賞。奨励賞のテレビ部門では、『あちこちオードリー』(テレビ東京系)『かまいたちの知らんけど 特別編』(毎日放送)『水曜日のダウンタウン』(TBS系)などと並んで、『有吉クイズ』(テレビ朝日系)も受賞している。

 『有吉クイズ』は2021年10月11日に放送された、有吉弘行が漫画家の蛭子能収に会いに行く企画が10月度のギャラクシー賞月間賞に輝き、「切り口が独特のクイズバラエティーとして番組自体も面白いが、特に有吉弘行が蛭子能収に会いに行く企画が素晴らしかった。認知症であると診断され、バラエティー番組への出演が見られなくなっていた蛭子との共演を望んだ有吉が再会を心から喜び、2人が会話を楽しんでいる場面に、バラエティー番組のこれからの可能性の一端を感じた」と絶賛されていたが、こうした内容が2021年度全体の中でも輝いていたのだろう。

 この「有吉と蛭子さん」企画の第二弾は今年4月に放送されている。改めてその内容を振り返り、『有吉クイズ』の魅力の一端に触れてみたい。

(※本記事は、2022年4月20日掲載の記事を一部編集したものです。)

「認知症になったらテレビ出ちゃいけないのか」

蛭子能収と、全然気を使わない有吉弘行の距離感とらしさ「じゃあ渋谷辺りで、夏に」「ありがとう、本当に」の画像1
『有吉クイズ』(テレビ朝日系)公式Twitter(@AriyoshiQuiz)より

 4月12日放送『有吉クイズ』(テレビ朝日系)にて、「有吉と蛭子さん2022春」と銘打たれた企画が行われた。

 なぜ、あのときのロケがこんなに話題になったかというと、病気が明らかになって以来、各局がいっせいに蛭子を起用しなくなったからだ。2020年7月放送『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)で、蛭子は軽度の認知症と診断された。

 2020年7月12日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、有吉がこの件について言及している。

「でも、仕事はしたいとおっしゃってたけどね。やっぱりいろいろ文句言う人もいるんだろうけど、ご本人が良ければ復帰して頑張って元気にやってほしいなと思うし。じゃあ、アルツハイマーになったらテレビ出ちゃいけないのか、お仕事しちゃいけないのか、何にもできないのかっていうことになるもんね」

 有吉と蛭子といえば、2008~10年に放送されていた『アリケン』(テレビ東京系)の人気企画「アリケンしゃべり場」における口論も伝説。「蛭子さんなんて人間が価値あります!?」と悪態をつく有吉に対し、著作『芸能界 蛭子目線』(竹書房)で、蛭子は「いつもの有吉さんと違う。有吉さんが悪キャラになってる」と思っていたこと明かした。2人の関係は、実は古くて長い。

蛭子に「熱湯コマーシャル」の振りを仕掛けた有吉

 昨年の『有吉クイズ』にて、蛭子は「自然の花とかを見ていると楽しいです」と言っていた。だから、今回の待ち合わせ場所は東京・八芳園の庭園に。半年ぶりの再会である。正直、不安もある。かなり症状が進行していたら……という心配がなくはないからだ。

有吉 「蛭子さん、こんにちは」
蛭子 「あ、こんにちは。はじ、どうも、すいませんこちらこそ」

 変わってなくてホッとした。いつもの蛭子さんだ。すごく老けていたら、局も次からのオファーに躊躇するだろうし、見ている側もつらくなる。でも、蛭子は見た目からツヤツヤしていた。少し「はじめまして」と言いそうになっていたけれど、人の良さがフライングしただけだと思いたい。

 何よりホッとしたのは、有吉のことを覚えていたことだ。昨年10月放送『大竹まことのゴールデンラジオ』(文化放送)にゲスト出演した際、大竹を見た蛭子の反応は「ウソでしょ? (大竹とは)ちょっと違うような気がする」というものだった。だから、ちょっとだけ覚悟していた。テレビやラジオに出ることが、彼にとって一番の進行予防になるはずだ。

スタッフ 「蛭子さん、本当に花とかはお好きですか?」
蛭子   「本当ですよ。花とか、何でも好きです(笑)」
有吉   「本当でしょうね?(笑) 適当なこと言ってるんじゃないかと思って」

 というわけで、庭園を散歩する2人。池に架かる石橋を渡る際、有吉が声をかけた。

有吉 「落ちないでくださいよ? 気を付けて。池には絶対に落ちないでくださいよ? 絶対に池には落ちないでくださいよ?」
蛭子 「押したらダメですよ!(笑)」

 熱湯じゃないんだから。有吉のフリに蛭子がちゃんと反応できている。かつて、蛭子は99年まで放送されていたバラエティ番組『スーパージョッキー』(日本テレビ系)のレギュラーだった。動画サイトを探せば、熱湯をかけられて激昂する蛭子の姿を今も見ることができる。

 そして、気を遣わない有吉の接し方がいい。認知症だからといって区別しない、いい距離感だ。『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)ではいつも先頭を歩く有吉が、この日は後ろから蛭子をサポートしている。相手が聞き取りやすいよう、いつもより大きめの声でハキハキ喋っている。さりげないところから、彼の優しさも見える。

123

ギャラクシー賞『有吉クイズ』有吉弘行と蛭子能収の心の交歓の「その後」を振り返るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真