日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 乃木坂バスラ2日目の“謎”が明らかに

『乃木坂工事中』西野、白石ら登場したバスラ2日目の裏側、ステージ上の“謎”も理由がわかった!

文=川崎 龍也(かわさき・りゅうや)

『乃木坂工事中』西野、白石ら登場で湧いたバスラ2日目の裏側、ステージ上の謎が明らかにの画像1
『乃木坂工事中』(テレビ東京系)YouTube動画「【公式】「乃木坂工事中」# 363「10周年バースデーライブに潜入 後編」2022.06.05 OA」より

 6月5日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、「10周年バースデーライブに潜入 後編」をオンエア。前回は『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』2日目の裏側への潜入が行われたが、今回はいよいよライブ本番を迎え、ライブパフォーマンスをするメンバーに必死にレスを求めるバナナマンの設楽統、卒業メンバーの高山一実、松村沙友理の必死な姿が印象的だった。

※前週の放送はこちら!

「インフルエンサー」で幕を開けた2日目のバスラ

 1日目のバスラはデビューシングル「ぐるぐるカーテン」で幕が上がったが、設楽、高山、松村の3人は2日目のオープニングナンバーに何が来るのかを予想。「『裸足でSummer』じゃないですか?」と、初っ端から定番の夏曲で盛り上げるだろうと予想する高山に対し、設楽はOG松村のソロ曲「さ~ゆ~Ready?」じゃないかとボケを披露して笑いを誘っていた。結果はみなさんもご存知の通り、「インフルエンサー」でスタート。会場には赤い風船が大量に飛ばされ、それはもう圧巻の光景だった。

 「インフルエンサー」は1~5期生まで全員で披露された楽曲。高難度の楽曲なだけに、先輩に混ざって踊る5期生の姿に松村は「スゴい!(インフルエンサー)踊れるの!?」と感心していた。ちなみに、5期生は本ライブが同曲の初披露ではなく、2月に行われた1回目の「お見立て回」でも、井上和と中西アルノのWセンターでパフォーマンスしていた。おそらく、乃木坂46の代表曲は早い段階からレッスンを重ねてきていたのだろう。5期生は最後列に位置しているため、映像にはほとんど映らなかったものの、すでに自分のものにして踊っていることに感動した。

 VIP席の目の前の特設ステージにメンバーが来るということで、3人はカンペに書いてレスをもらう作戦を実行することに。設楽は「ズッキンして」(本来は「ズッキュン」)、松村は「さゆりんごぱんちして」、高山は「アメイジングして」と各々にちなんだアクションをメンバーに要求。すると、さっそくステージを登ってきた和田まあやが「アメイジング」と「さゆりんごぱんち」を続けて披露し、設楽の「ウインク」の要求には、佐藤楓が応えてくれた。それにしてもVIP席からの景色は壮観すぎる。メンバーをここまで近い角度から見られるなんて貴重だ。

西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花と豪華なOGメンバーが登場!

 続いては、ハイライトのひとつとなるOGメンバー西野七瀬が登場し、自身の卒業シングル「帰り道は遠回りしたくなる」を披露。仲良しだった高山も「親友が立ってます! ステージに!」と大興奮気味だった。乃木坂46を卒業していったメンバーの一方がステージに立ち、もう一方が観客席からそれを見る。その光景が乃木坂の10年の月日を感じさせるとともに、一言で言ってしまうならばエモい。

 「しあわせの保護色」が流れると、今度は白石麻衣が登場。西野、白石とグループの顔として引っ張ってきたメンバーの登場は改めて見ても胸が熱くなる。そのまま白石は「シンクロニシティ」でセンター立った。白石卒業後の同曲は梅澤美波がセンターを継承してきたが、久しぶりにオリジナルメンバーが見られてファンも嬉しかったはず。設楽の言葉を借りるなら、白石のセンターとしての佇まいは“女王感”たっぷりだった。「一緒に踊りたい!」という高山はその場で即席でダンスを披露し、卒業から半年以上が経過した今でも完璧に踊りこなしていた。。

 そして、3人目のOGメンバーとなる生田絵梨花が登場。番組ではカットされてしまったが、生田は最後のセンター楽曲となった「最後のTight hug」を披露してくれた。尺の都合上、仕方のないことではあるが、生田への反応をもう少し見たかった……!

12

『乃木坂工事中』西野、白石ら登場したバスラ2日目の裏側、ステージ上の“謎”も理由がわかった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真