日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 爆笑太田×選挙特番の「TBSの炎上狙い」

爆笑問題・太田、TBS選挙特番「再任」で…TBSの“炎上狙い”に周囲は困惑か

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

爆笑問題・太田、TBS選挙特番「再任」で…TBSの“炎上狙い”に周囲は困惑かの画像
爆笑問題・太田光

 7月10日に投開票となる夏の参院選に合わせて放送されるTBS系選挙特番『選挙の日 2022 私たちの明日』で、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光がスペシャルキャスターを務めることが先日発表された。

 この特番は、同局の『Nスタ』と『news23』をベースにしており、『Nスタ』キャスターを務めるTBSアナウンサーの井上貴博氏と、『news23』キャスターの小川彩佳アナウンサーのふたりが総合司会を務める。また、キャスターとして、『Nスタ』でキャスターを務めているタレントのホラン千秋らも出演する。

 『選挙の日』は、昨年10月の第49回衆議院議員総選挙の際に『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』が約6時間にわたって生放送されており、今回は第2弾。井上アナ、小川アナに太田という組み合わせは前回から引き続きとなる。

 だが、この『選挙の日2021』は、太田の一部政治家に対する態度や、太田の喋りすぎが原因で中継の時間切れが多発するといった問題から批判を浴び、炎上騒動に発展した経緯がある。二度目の挑戦となる大田は、「台風の目にしたい。前回はいろいろあったが私の芯は変わらない」と宣戦布告するかのようなコメントを発表しているが……。

 同局関係者はこう落胆する。

「爆笑問題の持ち味は時事ネタを漫才で斬れるところ。だが、それは相方の田中裕二がいたからこそ成立しているのだということが、前回の特番で露わになった。しかし、今回も呼ばれたのは太田だけで、これでは局が最初から“炎上狙い”で番組を盛り上げようとしていると見られても仕方がないのでは」

 長年、報道番組に携わった在京テレビ局の報道スタッフも、どこよりも早く先陣を切って選挙特番をPRしたTBSに「違和感がある」と話す。

「前回の総選挙では、例えば日本テレビは嵐の櫻井翔をキャスターに起用するなど、芸能人を使うことで選挙に関心が薄い層を取り込もうとする狙いはよく分かるが、最低限の勉強はしなきゃいけない。太田さんは知識があまりにも浅すぎて周りがフォローするのに必死だったことが印象的。あれではせっかく起用しても看板倒れになりかねない」

 もっとも恐れるのは、太田が政治家相手に「議論ではない」形で盛り上がってしまったことだという。

「政治家が話している内容や意味を理解できないからか、バラエティ番組のノリでからかったりしていたが、あれは絶対にやってはいけない。番組は盛り上がったとしても、その後、政治担当の記者が政党や政治家個人から不利益を被ることが考えられるからです。あれをやるならまだ、真面目に淡々と結果を伝えるNHKスタイルの方がいいのではないか」(前出・在京テレビ局報道スタッフ)

 とはいっても、民放テレビ局である以上、視聴率重視の演出はやむを得ないという意見もある。

「今回も太田を起用するなら、絶対に制御したり間に割って入って交通整理ができるスタッフを1人、決めておかないといけない。その役目として、同じタレントのホランさんが今回抜擢されたのでは。彼女がしっかり仕切ることができれば、彼女自身のキャスターとしての価値も上がると思う」(同上)

 暴走する太田を今回は止めることができるのだろうか。

〈関連記事〉
爆笑問題・太田、選挙特番炎上を意に返さず――松本人志は「反省すべき点もある」
爆笑問題・太田光の選挙特番は本当に“暴走”だったのか?
太田光と明暗くっきり! 選挙特番視聴率1位で「キャスター・櫻井翔」の日テレ内評価が一段高
爆笑太田は“やっぱりズレてる”? 炎上中・小山田圭吾擁護でカズレーザーと意見ぶつかる
爆笑・大田が東京五輪開催を猛烈擁護! 雑な発言相次ぐIOCに疑問だらけの出演陣にくってかかる一幕も

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/06/14 11:30

爆笑問題・太田、TBS選挙特番「再任」で…TBSの“炎上狙い”に周囲は困惑かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真