日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『笑点』が抱える「2つの悩み」

人気長寿番組『笑点』が抱える、解決が難しい「2つの悩み」

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

人気長寿番組『笑点』が抱える、解決が難しい「2つの悩み」の画像
番組公式サイトより

 日本テレビ系演芸バラエティ『笑点』といえば、日本が誇る人気長寿番組だ。

 新型コロナウイルスの感染拡大のため、2020年2月以降は公開収録が中止となっていたが、先月21日に約2年3カ月ぶりに東京・後楽園ホールで再開。この模様が今月5日に放送された。

 人気の大喜利コーナーで司会を務める落語家・春風亭昇太は今月8日に出演したラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で『笑点』の公開収録再開に触れ、喜びをあらわにした。

 だが、同番組に関してはいまだに悩みの種は尽きないという。同局の番組スタッフは明かす。

「確かに後楽園ホールなどでお客さんを入れての公開収録ができるようになったことは大きな前進ですし、演者さんはやりやすいでしょう。ただ、コロナ対策の費用もあって番組の制作費はかさむ一方です。昇太さんも今年1月に一度コロナに感染していますし、レギュラー陣のほとんどが高齢。加えて観覧客の7割以上がシニア層ということで、コロナ対策には他の番組制作以上に細心の注意が必要なので、本当に大変です」

 さらにもう一つの悩みが、番組を休んでいる三遊亭円楽の去就だ。大喜利コーナーのレギュラー陣の一人である円楽は今年1月、都内の自宅で体調を崩し、病院で診てもらったところ脳梗塞が発覚。そのまま入院し、約4カ月にわたる入院と治療、リハビリを経て、5月20日に退院したが、長期の入院で体力も落ちているなどとして、復帰の時期については明言を避けた。

「円楽さん御本人は今夏の完全復帰を目指していたようですが、年内いっぱいは厳しそうという見方が強まっていました。それがここに来て、『8月に一度番組に復帰した上で、年内いっぱいでの降板を発表。年明けに新メンバーを発表する』なんて噂も局内では流れています。もともとウチの上層部や編成は、以前から大喜利コーナーに関してレギュラーメンバーの若返りを中心としたリニューアル構想を模索していましたからね。今年1月から新メンバーとして加入した40代の桂宮治さんの起用もその一環ですし、そうした流れが加速しそうです。ただ、当然のことながらベテランレギュラー陣の反発は免れないでしょうから、すんなり話が決まるとも思えません」(前出の番組スタッフ)

 昭和、平成、令和と時代をまたいで視聴者から愛され続ける同番組に新風が吹く日は近いのだろうか――

〈関連記事〉
『笑点』、レギュラーメンバーの高齢化でさらなる「入れ替え」が水面下で計画!?
林家三平、『笑点』退場後はテレビ・演芸界に居場所なし?
桝太一アナ、『バンキシャ!』後任の“ところてん人事”は『笑点』リレー視聴頼みか?
日テレ看板番組『笑点』が視聴率2ケタ割れの大低迷

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/06/19 11:30

人気長寿番組『笑点』が抱える、解決が難しい「2つの悩み」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

続々コンサート引退のなぜ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真