日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 若手芸人の“加地P離れ”が進む?

『アメトーク』『ロンハー』よりも『水ダウ』、若手芸人の“加地P離れ”が進む?

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

『アメトーク』『ロンハー』よりも『水ダウ』、若手芸人の加地P離れが進む?の画像1
『アメトーーク』(テレビ朝日系)Twitter(@ame__talk)より

 ここ数年、M-1グランプリやキングオブコントなどのお笑い賞レースが盛り上がりを見せるなか、若手芸人たちのバラエティー番組に対するスタンスが変化しつつあるという。

「数年前なら、若手芸人が出たがる番組というと、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)だったんです。業界視聴率も高いし、“お笑い純度”も高いので、自分の面白さを存分にアピールできる場ではあるのは事実。でも、最近は必ずしもそうではないというんです。若手芸人の“加地P離れ”というものがあるらしくて」(お笑い事務所関係者)

 加地Pとは、『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』の演出を手掛けるテレビ朝日の敏腕プロデューサー・加地倫三氏のこと。そのほかにも『テレビ千鳥』、『霜降りバラエティ』、『有吉クイズ』などに関わっている。

「若手芸人に言わせると、加地Pの番組にはどこか“愛情がない”と感じる部分もあるとか。確かに『ロンハー』のドッキリなどもちょっと雑で、芸人の負担が大きいこともある。芸人をオイシクするという感じではなく、制作サイドの意向通りに芸人を動かそうとすることも多いのだとか。芸人にとって不本意な形になることも少なくないからと、加地Pの番組を敬遠する芸人も増えているみたいです」(同)

 加地Pが手掛ける番組と同じく、業界視聴率が高く、“お笑い純度”が高いとされるのが、TBS系『水曜日のダウンタウン』や、テレビ東京系『ゴッドタン』だ。

「『水ダウ』の演出を手掛ける藤井健太郎氏は、加地P同様、若手芸人をいささか雑に扱う傾向があるものの、尖った企画が多いのでネットなどで話題になりやすい。どうせ雑に扱われるなら、『ロンハー』よりも『水ダウ』のほうがいいのかもしれません。また、『ゴッドタン』で知られる元テレ東で現在フリーの佐久間宣行氏は、ほかの2人に比べると芸人に対するリスペクトがあるので、若手も自由にやりやすい。この3人を比べたら、結果的に“加地Pよりは、他の2人のほうが……”となりやすいんですよね」(同)

 ただし、加地Pが“若手芸人を雑に扱う”というのには、それなりの理由もあるようだ。

「『アメトーーク!』では、テーマによってはまったく売れていない芸人もどんどん抜擢されます。でも、過剰に爪痕を残そうとして、話を盛りすぎる若手もいる。そういったケースが多かったせいで、加地Pも、若手にあまり自由にやらせすぎるのもどうかという感じになったんだと思いますよ」(構成作家)

 そもそも、昨今の若手芸人は、必ずしもバラエティー番組で売れることを目標にしているわけではないという。

「ネタ至上主義の若手芸人は本当に増えています。それこそ、コミュニケーション能力が高くて行動力のあるお調子者は、みんなYouTuberになっていくわけで、芸人を目指すのはネタにストイックな理論派が多くなっている傾向にある。

 そうなると、バラエティー番組で雑に扱われながら人気者になるよりは、ネタで自分の表現を追求したいというタイプが増えてくるわけです。以前は、“芸人はバラエティーで売れてナンボ”という価値観が優位でしたが、最近はそれだけでなく、いろいろな考え方が受け入れられるようになっている。価値観の多様化が、結果的として“加地P離れ”につながっているという背景もあるのかもしれません」(同)

 あらゆる価値観が多様化しているこの時代、お笑い界、バラエティー界も好みによって細分化され、その波に乗っていくのだろう。

 

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2022/07/07 11:00

『アメトーク』『ロンハー』よりも『水ダウ』、若手芸人の“加地P離れ”が進む?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真