日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ディズニープラスがMCUを終わらせる?

ディズニープラスがMCUを終わらせる?『ソー:ラブ&サンダー』評価イマイチな事情

文=手山足実(てやま・あしみ)

ディズニープラスがMCUを終わらせる?『ソー:ラブ&サンダー』評価イマイチな事情の画像1
映画『ソー:ラブ&サンダー』公式サイトより

 マーベル・コミックを原作とする映画シリーズ「マーベル・シネマティック・ユニバース」(以下、MCU)”の最新作『ソー:ラブ&サンダー』が、7月8日に公開された。公開初週と第2週の北米週末興行ランキングでは2週連続1位となったが、過去のMCU作品に比べると、勢いはイマイチだとか。

「『ソー:ラブ&サンダー』は『マイティ・ソー』シリーズの第4作で、主演のクリス・ヘムズワースやナタリー・ポートマンが出演。これまでMCU作品に触れたことのない方にとってはイメージと違うのかもしれませんが、実はギャグ要素も満載の作品です。ただ、初週の3日間で1億4300万ドルの北米興行収入だったのに比べて、2週目は4600万ドルと下落率が前週比−68.1%と、かなり下がってしまっているんです。これは、今年5月に公開された『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』でも同様で、MCUの人気が“短期集中型”になってきていると言えます」(映画関係者)

 初週の興収が高く、2週目以降の下落率が高いということは、作品の評価が決して高くないことを意味している。

「口コミで“おもしろい”ということが広がれば、2週目以降も観客は減らないはず。初週だけ客が入るというのは、公開を心待ちにしているようなコアなファンは多いけど、それ以外のファンには届いていないということでしょう」(同)

 世界歴代興行収入ランキングベスト10を見ると、2位『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)、5位『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)、6位『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021年)、9位『アベンジャーズ』(2012年)と、MCUから4本の作品が入っている。世界で最も人気のあるシリーズであるMCUだが、どうして今、評価が下がってきているのか。

「MCUでは、2021年からディズニープラスでオリジナルドラマ作品が配信されるようになりました。ドラマシリーズが加わったことで作品数が一気に増え、MCUのすべての作品を追うのが難しくなっているんです。また、今年公開された『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』などは、ドラマシリーズを見ていないとわからない設定もあり、ライトなファンを置いてけぼりにしている状況でもあるんです」(同)

 作品数が増えれば、当然ながらキャラクター数も増える。原作のマーベル・コミックのファンにとってはうれしいことかもしれないが、それが逆効果になっているとの声も。

「原作を知らない映画ファンにしてみれば、ヒーローが増えるとその関係性が複雑になるばかりで、把握しきれない。しかも、MCUの場合、作品をまたいでヒーローやヴィランが登場するので、1本だけを見てもすべてが理解しにくい。初期の頃からMCUのこういった問題点は指摘されていましたが、ディズニープラスのドラマシリーズが増えたことで、より顕著になったといえます」(同)

 とはいえ、MCUのドラマシリーズの効果もあってか、ディズニープラスの会員数は増加している。

「“ドラマを見なければ、映画が理解できない”という状況を作った背景に、ディズニープラスへの誘導という狙いがあったのは、言うまでもありません。そういう意味では、ディズニープラスの会員数増加は思惑通りでしょう。しかし、このままではMCUの映画作品の評価がどんどん下がっていき、人気は長続きしなくなってしまう恐れもある。キャラクター数を増やすだけ増やして、大風呂敷を広げたはいいけど、うまくまとめられないという未来が見えています」(同)

 世界での人気に比べると、日本国内でのMCUの支持率はそこまで高くないと言われている。

「そもそも、日本国内ではマーベル・コミックの人気がそこまで高くない。あまり馴染みのないヒーローたちの映画ということで、万人に受け入れられるという感じではありません。そのうえで“ディズニープラス加入必須”なんて状況になったら、余計に日本でのMCU離れが進んでいきそうだし、あるいはMCUサイドが日本の市場を完全無視する可能性もある。正直、MCUファンにとってはあまりいい状況ではありません」(同)

 このままでは『アベンジャーズ/エンドゲーム』をピークとして、衰退を迎えてしまう可能性のあるMCU。初見の観客もしっかり楽しませるような作品を生み出すことが急務かも。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2022/07/21 08:00

ディズニープラスがMCUを終わらせる?『ソー:ラブ&サンダー』評価イマイチな事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真