日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 1作目へのオマージュ盛り込まれた裏事情
今週の『金曜ロードショー』を楽しむための基礎知識⑲

『ジュラシック・ワールド』に1作目へのオマージュ盛り込まれまくった理由

『ジュラシック・ワールド』に1作目へのオマージュ盛り込まれまくった理由の画像1
金曜ロードショー『ジュラシック・ワールド』(2015) 日本テレビ 公式サイトより

 7月29日に満を持して日本公開となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の公開直前を記念して今週と来週、2週に渡ってシリーズの一作目と二作目を金曜ロードショーで放送します。まずは第一弾『ジュラシック・ワールド』(2015)。

 本作は『ジュラシック・パーク』シリーズの4作目にしてシリーズのリスタートとなる一作目。1作目から22年の時間が経過した……という設定で、これは『ジュラシック・パーク』の公開年1993年から2015年の『ジュラシック・ワールド』へと、映画の中の時間と現実世界の時間が同じになっています。

 かつてパークを所有していた会社は22年前の事件で経営が傾き、島の所有権は石油富豪サイモンの手にわたり、彼はパークを再建し恐竜のテーマパーク『ジュラシック・ワールド』としてオープンさせることに成功。今では日に20000人が訪れる人気の観光施設となっていた。

 この20000人っていうのが微妙で、東京ディズニーランドの一日の入場者数が4~50000人ぐらいだから、恐竜が住んでいるジュラシック・ワールド、ディズニーランドの半分しか人気ないの? ディズニーランドに恐竜いないよ?

 ……まあ、それは置いておいて、テーマパークが集客アップのためにアトラクションの追加や入れ替えを実施するように、ジュラシック・ワールドも新しい恐竜を入れ替えて話題作りに余念がない。管理責任者のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、ティラノサウルスをベースに複数の恐竜のDNAを配合し誕生した“ハイブリッド恐竜”、インドミナス・レックスをパークデビューさせる計画を立てていた。

 オーナーである富豪のサイモンはパークに出す前に飼育するエリアの防壁が安全かどうかを、恐竜の調教師オーウェン(クリス・プラット)に確認させるよう命ずる。このオーウェンは元軍人だが、これまでのシリーズに登場していた狂暴なヴェロキラプトルの調教に成功していた! 指で音を鳴らしたり、口笛を吹くことでラプトルを制御し、躾けたりすることができる人物なのだ。この映画最大のハッタリがここで「恐竜は犬や猫じゃないんだから!」と思うのだが、オーウェンを演じたクリス・プラットはハリウッド新世代のイケメン・マッチョスターで、普段の趣味は狩猟、はく製づくり、奥さんはシュワルツェネッガーの娘キャサリンという豪快なプライベートなので、恐竜に言うことぐらい聞かせられるだろうなって気がしますね!

 そんなオーウェンが防壁を確認すると壁に、何かがよじ登ったような爪痕が。

「まさか壁を乗り越えて逃げたのでは?」

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

山崎製パンで特大スキャンダル

今週の注目記事・1「『売上1兆円超』『山崎製パ...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真