日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木下優樹菜「ADHD告白」で物議

木下優樹菜「ADHD告白」で物議「軽い言い方すべきじゃない」「理解のある彼くん自慢」

文=佐藤勇馬

YouTube『木下優樹菜ですっ』より。

 元タレントの木下優樹菜が25日、自身のYouTubeチャンネルを更新。発達障害の一つである「ADHD」(注意欠陥・多動性障害)であると明るく告白したことが物議を醸している。

 最近、木下は「自分を知ろう」と思い立ってブレインクリニックで検査を受け、脳波などを調べたのだという。

 結果、明らかに通常の人とは違っていて「脳が混線している」という状態であることがわかったそうだ。木下によると「前頭葉が働いてない」「代わりに別の個所がすごく働いて常に何かを考えている」とのことで、ADHDだと診断されたのだという。

 ADHDは「忘れ物やなくし物が多い」「順序だてて行動するのが苦手」といった特徴があるとされるが、木下は昔からそれに当てはまるような「財布ない、ケータイない、何でも忘れちゃう」といった自身の性格を自覚していたそうだ。

 しかし、自身は他人がスケジュール管理などをしてくれる芸能の仕事をしていたおかげで「職業柄、あまり生きづらさを感じることはなかった」という。ただ今回、医師から説明を受けたことで「優樹菜はラッキーなだけ。ADHDで生きづらくて、引きこもりになっちゃたりする人がいる意味がわかった」とし、ADHDで悩む人たちの立場を慮った。

 さらに、木下は「私の場合は、パートナーもそれ(ADHD)込みで『ユキちゃんのことを丸ごと好きになったから』と言ってくれるから成り立っている」と話し、交際中とされるサッカーJ2・大宮アルディージャの三幸秀稔選手との関係性を明かした。

 その一方で「それが原因でケンカに発展しちゃうこともあるじゃん。優樹菜は結構そうだったんだよね、前の結婚生活では。向こうをイライラさせちゃって」と語り、2019年末に離婚した前夫のFUJIWARA・藤本敏史との結婚当時の関係に言及。続けて「それ(ADHDの特徴)を知ることで、少しでも寄り添う気持ちを持っていただけたらなって」と呼びかけた。

 また、今回の動画でADHDだと告白したのは、世の中のADHDの人たちへの周囲からの配慮につながればという思いがあったことも明かしている。

12

木下優樹菜「ADHD告白」で物議「軽い言い方すべきじゃない」「理解のある彼くん自慢」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

たけし映画はもう見られないのか

 先日、「週刊新潮」が報じた、ビートたけし(...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真