日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > いまおかしんじロードムービー三部作2022
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.698

新藤まなみの初主演作『遠くへ、もっと遠くへ』 この夏はいまおかしんじ祭り!

文=長野辰次(ながの・たつじ)

新藤まなみの初主演作『遠くへ、もっと遠くへ』 この夏はいまおかしんじ祭り!の画像1
新藤まなみ、吉村界人が主演したロードムービー『遠くへ、もっと遠くへ』

 時代の流れは、年を追うごとにスピードを上げていく。流れに乗り続けるのは容易ではないし、うまく波に乗ったつもりでも、後戻りできないところまで流されてしまいかねない。そんな現代人が抱く不安や焦燥感を、優しくじんわりと癒してくれるのが、いまおかしんじ監督の作品だ。

 ピンク映画出身の監督たちの多くがそうであるように、いまおか監督の作品も社会の変化に対応するのが不得手な、不器用な人たちが主人公となる。時代の流れに取り残されがちな人たち、マイペースすぎて周囲から浮いてしまった人たちを、いまおか監督はユーモアを込めて、温かく描いてきた。

 人気情報番組『王様のブランチ』(TBS系)の元レポーター・新藤まなみが初主演したR15映画『遠くへ、もっと遠くへ』は、「映画芸術」が選ぶ「2020年日本映画ベスト10」の第1位に輝いた『れいこいるか』(20)に続く、いまおか監督の新しい代表作と呼べる魅力的なロードムービーとなっている。

 家具店に勤める小夜子(新藤まなみ)はインテリアコーディネーターになるという夢を持ち、日々の仕事に情熱を注いで働いていた。その一方、結婚して5年になる夫との仲は、数年前から怪しくなっている。夫は口にはしないが、小夜子には早く仕事を辞めてもらい、妊活に励んでほしいと思っていることに小夜子は気づいていた。子づくりのために自分の夢を諦めることに、小夜子は抵抗を感じている。

 夫と別れるつもりで、ひとり暮らし用の物件を探し始めた小夜子は、不動産屋で働くお人好しな洋平(吉村界人)と知り合う。洋平は3年前に妻・光子(和田瞳)が家を出ていったという。飲み屋で痛飲した小夜子と洋平は、お互いの内情を知り、意気投合。2人は有休を取り、洋平の妻を探す旅に向かうことになる。

 美人で浮気性の光子は、手がかりを残して、居場所を転々としていた。洋平が迎えに来るのをどうやら待っていたらしい。光子の足跡を追って、洋平と小夜子は栃木県真岡から北海道札幌へ。妻の思い出をいつまでも引き摺り続ける洋平に、けじめを付けさせようとする小夜子だった。

 家を出ていった妻を探し続ける、冴えない夫。この設定を聞いて、洋画好きな人ならヴィム・ヴェンダース監督の『パリ、テキサス』(84)を思い出すだろう。まさに本作は、いまおか監督が名作『パリ、テキサス』にオマージュを捧げたロードムービーとなっている。(1/4 P2はこちら

1234

新藤まなみの初主演作『遠くへ、もっと遠くへ』 この夏はいまおかしんじ祭り!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

たけし映画はもう見られないのか

 先日、「週刊新潮」が報じた、ビートたけし(...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真