日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 格闘夫婦による愛と復讐のストーリー
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.699

『復讐は私にまかせて』男性優位主義的な価値観を塗り替えるバイオレンス奇譚

文=長野辰次(ながの・たつじ)

『復讐は私にまかせて』男性優位主義的な価値観を塗り替えるバイオレンス奇譚の画像1
インドネシアの武術シラットやプロレス技を交えて、主人公たちは戦うことに

「愛は平和ではない。愛は戦いである」

 梶原一騎原作の漫画『愛と誠』(講談社)で有名になった、インドの初代首相ジャワハルラール・ネルーが娘に宛てたと言われている言葉だ。インドとは海をはさんで近接するインドネシアで撮影された映画『復讐は私にまかせて』は、この「愛とは戦いである」という教えを地で行く格闘夫婦が織り成す、怒涛のバイオレンス奇譚となっている。2021年のロカルノ映画祭で最高賞を受賞しており、単なるB級アクション映画ではないことが分かる。

 ケンカが大好きな若者アジョ・カウィル(マルティーノ・リオ)が、インドネシアの伝統的武術・シラットを習得している女性イトゥン(ラディア・シェリル)と遭遇したことから、熱いラブロマンスが花開く。戦うことでお互いの愛を確かめ合う、おかしな男女が本作の主人公だ。

 アジョは悪名高い実業家のレベを懲らしめに工事現場へと向かったが、そこで待っていたのはかわいい顔をした女性イトゥンだった。イトゥンはお金でレベに雇われ、彼のボディガードを務めていた。お互いに憎しみはないが、戦うことになるアジョとイトゥン。小柄なイトゥンだが、シラットの達人であり、目の覚めるような早技を繰り出してみせる。ケンカなら百戦錬磨のアジョも負けてはいない。お互いに突き、蹴り、関節技をきめ合う2人だった。

 アジョとイトゥンは戦っているうちに、お互いの息がぴったりと合っていることに気づく。相手の繰り出すパンチや投げ技を喰らうのが、気持ちいい。まるで、プロレスラー・獣神サンダーライガーと佐野直喜のベストバウトを観ているかのようだ。もはや、2人にとって勝敗はどうでもよかった。この戦いがきっかけで、どちらも忘れられない存在となる。殴られた痣は数日で消えるが、相手のことを考えると心がズキズキし始める。これは疑いようのない恋心だった。

 ボディガードを辞め、遊園地で働くようになったイトゥンのもとへ会いに行くアジョ。2人が恋に墜ちていく様子がロマンチックに描かれる。だが、アジョはイトゥンとは交際できない重大な秘密を抱えていた。アジョは少年時代、「日食の日」に体験したトラウマが原因で、勃起不全状態となっていた。ベテラン娼婦も匙を投げてしまうほど深刻だった。

 大雨の夜、アジョの秘密を知らされたイトゥンは叫ぶのだった。

「それでもかまわないわ。結婚するのよ!」

 アジョのすべてを受け入れるイトゥン。晴れて、2人は華やかな結婚式を挙げることになる。(1/3 P2はこちら

123

『復讐は私にまかせて』男性優位主義的な価値観を塗り替えるバイオレンス奇譚のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

失踪者と残された家族の物語『千夜、一夜』

 年間およそ8万人。日本国内における行方不明...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真