日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > Perfume新曲とシティポップの未来
あのアーティストの知られざる魅力を探る TOMCの<ALT View>#18

Perfume「Spinning World」 US市場との同時代性と“シティポップ的”音楽の未来

 ビート&アンビエント・プロデューサー/プレイリスターのTOMCさんが音楽家ならではの観点から、アーティストの知られざる魅力を読み解き、名作を深堀りしていく本連載〈ALT View〉。今回は、Perfumeの新曲「Spinning World」の同時代性について語っていただきます。

 

Perfume「Spinning World」 US市場との同時代性と“シティポップ的”音楽の未来の画像
Perfume『PLASMA』(初回限定盤)

 7月15日、Perfumeの新曲「Spinning World」がリリースされた。約4年ぶりのオリジナルアルバム『PLASMA』(7月27日発売)からの先行シングルである本曲は、公式サイトで「余裕感のあるシティポップでアーバンなサウンド」と紹介されているように、80年代のシンセ・ブギーやR&Bの要素を感じさせる仕上がりとなっている。加えてMVで見せるダンスには90年代のヒップホップの要素も垣間見え、彼女たちの作品の中でもとりわけ“ブラック・ミュージック”のテイストを前面に押し出した楽曲と言えよう。

 もっとも、過去のリリースでも「Kiss and Music」(‘09)「ナチュラルに恋して」(‘11)などR&Bのテイストを強く感じさせる楽曲や、「宝石の雨」(‘18)のように低速BPMで裏拍でのハネを誘うダンスナンバーは存在していた。それを踏まえても、「Spinning World」のファンク~ブギー調のアレンジは新境地のように思えるし、それだけでなく、2022年に「アルバムの先行公開曲」としてカットするには特にうってつけの楽曲だったように思える。以下、その理由について触れていきたい。

カルヴィン・ハリスと中田ヤスタカの共通項

 本曲は、公式サイトが紹介しているようなシティポップ的な要素のみならず、鋭いリードシンセやサスティーンの効いた極太のベースをはじめ、彼女たちが長年続けてきた現代的なエレクトロポップの側面も多分に備えている。シティポップが国内外のインディシーンで火が点いて10年近くが経つ昨今、シティポップやその源流に当たる音楽性をただそのまま取り込むのではなく “現代のポップ・ミュージック”として仕立て上げているのは、中田ヤスタカの音楽家としての矜持を感じる。

 中田のそうした姿勢は現行のUSメインストリームとも通ずるものがあり、特に近年、巨大な存在感を放つ2名の音楽家とも共振する。カルヴィン・ハリスとザ・ウィークエンドだ。

 EDM界屈指の成功者であるカルヴィン・ハリスが8月5日にリリースした作品『Funk Wav Bounces Vol. 2』は、2017年の『Funk Wav Bounces Vol. 1』と同様、彼のディスコ・ポップやR&B、ヒップホップへの関心を詰め込んだアルバムである。そもそもエレクトロニックなサウンドで世を席巻した音楽家がこうした音楽性に接近した――という構図自体、「Spinning World」と通じるものがあるが、この『Funk Wav Bounces』シリーズではあくまで電子音楽的な要素は抑えられ、ボーカルとキック・スネアがクッキリと浮き立ったミックス、いわば音のキレで既存のR&Bなどと差別化を図っているように思える。ドラムのリズムパターン自体は非常にシンプルな造りであり、ウワモノの抜き差しでグルーヴを生んでいる構造は「Spinning World」とも相通じるものがある。(1/2 P2はこちら

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真