日刊サイゾー トップ > 芸能  > Snow Man二宮抜き他週末芸能

Snow Man人気、二宮抜き、黒島結菜 “朝ドラガチャ失敗“他週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

Snow Man人気、二宮抜き、黒島結菜 朝ドラガチャ失敗他週末芸能ニュース雑話の画像1
Snow Man

記者I “朝ドラ史上最低”と揶揄されているNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』ですが、いよいよ9月30日の最終回に向けてラストスパート。黒島結菜演じるヒロイン・比嘉暢子と宮沢氷魚演じる青柳和彦の結婚披露宴回は“ホラー展開”とも言われ、視聴者の感情を逆撫でするストーリーにSNSも大荒れでした。

デスクH 黒島も災難というか……。朝ドラや大河はスタッフと題材の相性次第でかなりの差が生まれがちだから、ほぼ”朝ドラガチャ”みたいなものでしょ。
 

デスクH 秋ドラマではKing & Prince(以下、キンプリ)の平野紫耀が主演する『クロサギ』(TBS)のヒロイン役に内定しているなんて噂もあるわけだから実際の現場では評判が悪くないみたいだし。

記者I すでに一部の平野ファンからは拒絶反応が出ているようですが、これはジャニーズとの共演女優だとお決まりみたいなものですからね。黒島は俳優の高良健吾との熱愛報道もありましたし、彼氏持ちともなるとジャニーズ側も安心できる部分もありそうかなと。キンプリのメンバーは今後もドラマ出演が続きますが、知名度獲得に乗り出している面もありそうですね。

デスクH 事務所の先輩で国民的アイドルとして大成した嵐も2010年頃はほぼドラマに出ずっぱりだった時期があり、ドラマとのタイアップで成績を残してきた面もあるから、そこを踏襲したいんだろうなぁ。あとはしっかり数字を追いつかせることができれば良いんだろうけど。

記者I ヒット作連発とはこのご時世では難しそうですが頑張って欲しいところ。先輩後輩の話ですとSnow Man・岩本照の主演映画『モエカレはオレンジ色』と嵐・二宮和也が主演した『TANG タング』が出だしがほぼ同程度の興行収入になったという話題も。

デスクH 今年の夏映画は邦画でも『ONE PIECE FILM RED』や『キングダム2 遥かなる大地へ』、洋画だと『ミニオンズ フィーバー』など力作揃いだったこともあって、『TANG』初動がそんなに動かなかったことも原因かと思うけど、若手中心の”キラキラ映画”と主演級キャスト揃えた作品という括りで見ちゃうとってところはあるよね。

記者I  Snow Manの話題ですと、最近は雑誌メディアもSnow Manメンバーによる表紙撮影を狙っているなんて話もあり、いよいよ現在ジャニーズグループNO.1とも噂される人気が表層化してきたようにも感じます。

デスクH 楽曲セールスも好調だし、出演作品も好調とうなぎのぼり。前出のキンプリも出演作品が増えているところだし、2023年はメディアがジャニーズだらけなんてこともありえそう。サイゾーの表紙もご用意できますよ(笑)。

12

Snow Man人気、二宮抜き、黒島結菜 “朝ドラガチャ失敗“他週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

失踪者と残された家族の物語『千夜、一夜』

 年間およそ8万人。日本国内における行方不明...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真