日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 月9、小日向文世の“巨悪”っぷり

坂口健太郎“小勝負”がやっと冷静に…『競争の番人』最後はチーム戦?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

坂口健太郎“小勝負”がやっと冷静に…『競争の番人』最後はチーム戦?の画像
ドラマ公式サイトより

 9月5日、坂口健太郎と杏がダブル主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』の第9話が放送された。公正取引委員会・第六審査(通称「ダイロク」)の審査官・小勝負誠(坂口健太郎)がずっと追ってきた国土交通省・事務次官の藤堂清正(小日向文世)といよいよ対峙するか……と思いきや、しかし藤堂の思惑通りに展開し、宿敵の手強さに震えた。SNS上では「とことん怖い」「敵ながら清々しい」と、藤堂の“巨悪”っぷりを称える声も。一方、後半の盛り上がる場面でようやくダイロクのメンバーが揃い、久しぶりのチームワークに喜びの声が上がった。

すべては藤堂の筋書きどおり

 小勝負は、父・誠(高橋努)が命を絶った15年前の官製談合の黒幕として藤堂を追い続け、独自で調査を進めていた。だが、その単独行動が仇となり、その身に危険が及ぶ。小勝負をかばい、刺されたのはダイロクの本庄聡子審査長(寺島しのぶ)。本庄は意識不明の重体に。小勝負は、「東京湾再開発プロジェクト」という大型案件の談合にも藤堂が関わっていると主張するが、公正取引委員会からは「これ以上の調査は禁止」と命じられ、さらに小勝負は謹慎処分となる。

 諦めない小勝負は、本庄の手帳に書かれたラクター建設の木下健一(石井正則)との待ち合わせ場所へ向かう。木下は小勝負が誠の息子だと知り、土下座して謝罪。藤堂のシッポを捕まえようと15年前から追っていた本庄に情報を渡していたことや、ラクター建設の樋山雄也(平原テツ)が再開発プロジェクトの談合の取りまとめをしている可能性が高いこと、さらに再開発プロジェクトの入札日が変更になったことを教える。

 小勝負はさらに本庄の手帳にあった鍵を使って、本庄のデスクから資料を勝手に漁り、「小津建設」の社長の妻・環(前田亜季)が、藤堂の実の娘であることを知る。小津建設を訪ね、環に協力を要請するも、父親とは二度と関わりたくないと断られる小勝負。行き詰まった小勝負は本庄の病室を訪れ、ベッドに横たわる本庄に謝る。意識を取り戻していた本庄は「生きていれば、きっとまたチャンスは来る」と小勝負の肩に優しく手を添えた。

 数日後、小勝負は白熊から呼び出され待ち合わせ場所に行くと、環が姿を現した。白熊は環を何度も説得し、協力を取りつけることに成功したのだ。藤堂の出張の隙をつき、環の協力により藤堂の自宅で証拠を探すが、何も見つからない。そこに予定が変わった藤堂が唐突に帰宅。しかしおかげで、藤堂が脱いだジャケットの内ポケットの中に、談合の日程と場所だと思われる「12月2日 喫茶シルビア」というメモが入っているのを発見する。

 当日、1人で談合場所の喫茶店の前で張り込みをする小勝負。そこにワゴン車に乗った白熊が現れる。さらに、桃園千代子(小池栄子)、風見慎一(大倉孝二)、六角洸介(加藤清史郎)も合流。ダイロクのメンバーは、出向検事の緑川瑛子(大西礼芳)から小勝負の過去とラクター建設の談合の関係を聞いていた。風見は立入検査の許可も取得済で、樋山が喫茶店に入ったところでダイロクの面々は堂々と突入する。

 しかし、そこで行われていたのは再開発プロジェクトではなく、大谷田バイパス工事の入札談合だった。さらに警察が乗り込み、本庄らへの殺人未遂の容疑などで樋山を逮捕。殺人事件の捜査が優先され、公取側は聴取の機会を逃すことに。さらに、大谷田バイパスの件には藤堂は関わっておらず、またしても藤堂のシッポを掴めずに終わる。しかも、ラクター建設の役員が殺された事件の犯人が捕まり、小勝負を襲ったのも認め、何もかも樋山の指示だったと証言する。

 そこに、藤堂が小勝負に会いに面会にやってきた。藤堂は「樋山の不正を暴いてくれたそうですね。ご苦労さま」と白々しく語り、「さすが公取ですね。よくあの談合場所がわかりましたね。どうやって調べたんですか? 違法な調査なんてしてませんよね?」と言いながら、あの「喫茶シルビア」のメモを見せつける。藤堂はわざと小勝負にこれを見つけさせ、誘導したのだった。小勝負に談合を摘発させることで、これまでの談合もすべて樋山がやったことにし、その上で公取が聴取できないよう警察に樋山を逮捕させたのだ。「これで分かったでしょう? これ以上私を追っても無駄だってことが」と言って立ち去ろうとする藤堂。「俺はあきらめませんよ」と改めて宣戦布告する小勝負だが、藤堂は「君たちにはそんな力はないでしょう?」「弱いものに戦う資格はありません」「弱いものほど出任せを言い、強がりを並べ立てる。でもね、結局何もできないんです。いや、何もできないどころか、むしろ害になる。君は知らないだろう、それがどんな悲劇を生むのか。弱いものは排除します。それが世のためです」と力説するのだった。

ダイロクのチームワークが復活

 前回は“白熊化”し、暴走気味だった小勝負は本庄の思いを受け止め、ようやく冷静さを取り戻してきたものの、藤堂が描いた筋書きどおりに踊らされた第9話。“身辺整理”のために小勝負をも操り、トカゲの尻尾切りのように樋山を簡単に切り捨ててしまう藤堂の冷酷さはまさに”巨悪”そのもの。藤堂の信念には「弱いもの」への憎しみをも感じさせるものがあるが、その根本に、妻の死や娘との確執の原因となった何らかの悲しい過去があったのは想像に難くない。“最終決戦”でそのあたりが明かされることも期待したい。

 前回、小勝負は本城を藤堂側の人間と疑っていたが、実はずっと藤堂を追っていた……というのはまったく意外でもなく、先が読める展開は相変わらずだが、一方で張り込みでダイロクメンバーが揃い、全員一丸で乗り込むシーンは、視聴者も「胸熱展開」「やっぱりこうでなきゃ!」と歓喜していたように、ようやくドラマ当初にあったダイロクチームの面白さが戻ってきた印象がある。久々に生き生きとした桃園が見られたのもよかった。

 第1話~第3話のウエディングカルテル案件を彷彿とさせる場面で「雲海を追ってたころのこと思い出さない?」と桃園が振り返りつつ、白熊が言った「いつもこそこそしてません、私たち?」という疑問は視聴者の感想でもあり、メタ的なセリフでもあった。これまでも同じような展開・似たような場面はあったが、いよいよ最終決戦ともなると、こうした振り返りは否応なしに“エモさ”を生む。「これまでもどうにかなってきた」「今回もきっとうまくいく」と小勝負に声を掛けるダイロクのメンバー。このチームワークこそがこのドラマの醍醐味だ。

 また、ダイロクのメンバーもまた、本庄、そして小勝負の目的を達成させてやりたいと考えると同時に、弱小官庁でありながら「競争の番人」としての誇りを持って大物との対決に挑む覚悟には心を打たれた。藤堂がわざわざ小勝負に会いに出向いたのは、少なからず本庄率いるダイロク、そして小勝負を脅威と感じているのかもしれない。

 予告では、今夜放送の第10話で藤堂との戦いは完結するようだが、「弱者は悪」という信念を持つ藤堂が進める計画を、「弱くても戦う」小勝負をはじめとする公取委はどのように阻止するのか。藤堂が国会で通そうとしている法案、そして藤堂が目指してきたものとは何なのか。最後のチーム戦となりそうな第10話、見逃せない展開となりそうだ。

■番組情報
月9ドラマ『競争の番人
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:坂口健太郎、杏、小池栄子、大倉孝二、加藤清史郎、小日向文世、黒羽麻璃央、大西礼芳、石川萌香、寺島しのぶ ほか
原作:新川帆立『競争の番人』(講談社)
脚本:丑尾健太郎、神田優、穴吹一朗、蓼内健太
音楽:やまだ豊
主題歌:idom「GLOW」
プロデュース:野田悠介
演出:相沢秀幸、森脇智延
制作・著作:フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/kyosonobannin/index.html

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2022/09/18 07:35

坂口健太郎“小勝負”がやっと冷静に…『競争の番人』最後はチーム戦?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

地方政治のおかしさあぶりだす『裸のムラ』

 2016年、富山市議たちの不正受給を地元・...…
写真