日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 香取慎吾にとにかく“イラッ”な映画

香取慎吾にとにかく“イラッ”とする。でも、自分はどうだろう?『犬も食わねどチャーリーは笑う』

香取慎吾にとにかくイラッとする。でも、自分はどうだろう?『犬も食わねどチャーリーは笑う』の画像1
©2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

 実在する夫の不満を投稿するサイト「だんなデスノート」から着想を得た、ブラック・ユーモアに包まれながらも、どこかハートフルな映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が、9月23日から公開中だ。

香取慎吾にとにかくイラッとする。でも、自分はどうだろう?『犬も食わねどチャーリーは笑う』の画像2
©2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

 本作の監督・脚本は、元お笑い芸人で、「ルネッサーンス」する前の髭男爵の一員として活動していた市井昌秀。『箱入り息子の恋』(2013)、『台風家族』(19)でも知られる、異例の経歴を持つ人物だ。

 主演は、『凪待ち』(19)以降、3年ぶりの映画出演となる香取慎吾と、『神は見返りを求める』、『ケイコ 目を澄ませて』など、本作を含めると今年だけで4本もの映画に出演する岸井ゆきの。

 香取と岸井が夫婦役というのは、新鮮な感じもする一方で、一抹の不安がある組み合わせだと感じていた。というのも、香取の演技にはどうしてもセリフの“棒読み感”を感じていたからだ。しかし、今作においては、逆にそれがスパイスとしてうまく機能している。無駄なうんちくばかりを言い、妻に「デスノート」される夫・裕次郎を演じる香取が、見事なまでに”イラっ”とさせてくれているのだ。

 褒めているように聞こえないかもしれないが、褒めている。これは、俳優・香取ならではの持ち味だ。

【ストーリー】
この物語の主人公、裕次郎と日和は結婚4年目を迎える仲良し夫婦? というのは(もちろん)表向き。鈍感夫にイライラする日和は、積もりに積もった鬱憤を吐き出さなきゃやってらんないわー! と、出会ってしまったのは、SNSの<旦那デスノート>。そこには妻たちの恐ろしい本音、旦那たちが見たらゾッとするようなエグ~イ投稿がびっしり書き込まれていた。そしてある日、裕次郎もその存在を知ってしまう!「これって俺のことか?」気になる投稿のペンネームはチャーリー。日和と一緒に飼っているフクロウの名前もチャーリー…ってことは! 夫婦ゲンカのゴングの鐘が、いま鳴り響く!!

結婚というシステムによって壊れてしまう夫婦関係を“ハートフル”に描く

香取慎吾にとにかくイラッとする。でも、自分はどうだろう?『犬も食わねどチャーリーは笑う』の画像3
©2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

 本作は、香取演じる裕次郎と、岸井演じる日和の田村夫婦の結婚生活を描く。結婚というと幸せなイメージがあるかもしれない。しかし、結婚というシステムが2人の関係を逆に悪くしてしまうこともある。夫婦だから、家族だからという世間の目が気になり、無理に合わせることで、システムに取り込まれ、その中に閉じこもってしまう。

 見せないようにしていたことが、いつしか本当に見えなくなってしまい、気づいた頃には、お互いのことがわからなくなってしまう。

 それが行き過ぎてしまうと、愛を誓い合ったはずの相手にどう接していいのか、どう言葉をかけていいのかもわからなくなってしまう……。それは、結婚というシステム、形式、呪縛に捉われてしまったからこそ起こり得ることなのだ。

 もしくは、相手の好きだった部分が、嫌いになってしまうこともある。そうなってしまうと、なぜ夫婦になったのかもわからなくなってしまう。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真