日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 渋谷ホームレス殺人事件モチーフの劇映画
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.705

「彼女は私だ」幡ヶ谷バス停殺人事件をモチーフにした劇映画『夜明けまでバス停で』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

「彼女は私だ」幡ヶ谷バス停殺人事件をモチーフにした劇映画『夜明けまでバス停で』の画像1
コロナ貧困や社会的孤立を題材にした劇映画『夜明けまでバス停で』

 「彼女は私だ」

 2020年11月16日未明に渋谷区幡ヶ谷のバス停で起きた暴行致死事件のあと、そんな声がSNSに上がった。NHK総合のドキュメンタリー番組『事件の涙』が亡くなった大林三佐子さんの生前の足取りを伝えると、その声はより大きく広がった。コロナ禍で仕事と居場所を失った大林さんは、バス利用者の邪魔にならないよう、運行を終えた後の深夜のバス停で過ごしていたところ、男に頭を殴打されて64歳の生涯を閉じることになった。板谷由夏主演、高橋伴明監督による映画『夜明けまでバス停で』は、大手メディアが「女性ホームレス殺害事件」と報じたこの事件をモチーフにした社会派ドラマとなっている。

 バス停で亡くなった大林さんは広島市で生まれ、地元の短大に通いながら劇団員として活動していた。アナウンサーや声優になることを夢みていたそうだ。結婚を機に上京するも、夫の暴力が原因で離婚。一度は実家に戻ったが、しばらくして再び上京し、東京でひとり暮らしを続けた。企業に勤めたこともあるが、体調を崩して退職。派遣スタッフとして、デパートやスーパーマーケットの食品売り場の試食販売員を務めるようになった。明るい性格で、職場仲間から慕われていた。

 短期間での派遣労働という厳しい状況に、コロナ不況が追い討ちを掛けた。店頭販売の仕事はなくなり、家賃を滞納した大林さんはアパートを出ることになる。埼玉県に弟がいたが、路上生活者になったことは最期まで伝えることができずにいた。ギリギリの生活を送りながらも、大林さんは仕事が入ると税金などの支払いを続けていた。亡くなった時、彼女の所持金はわずか8円だった。

 大林さんを襲ったのは、近くに住む当時46歳の男性で、かつて引きこもりを経験するなど、社会的コミュニケーションをうまくできない問題を抱えていたようだ。父親を亡くした後は、酒屋を営む高齢の母親を手伝いながら、近所の清掃をボランティアで行なっていたという。彼のある種の潔癖さを求める性格が、深夜のバス停に佇む大林さんを異物と見なし、死に至らしめることになる。

 加害者である男性は、事件から5日後に母親に付き添われて警察に出頭したが、仮釈放中に自殺を遂げている。やり切れなさだけが残る事件だった。

 社会的弱者がより弱者を排除しようとした、そんな痛ましいこの事件を映画化したのは、『TATTOO〈刺青 〉あり』(82)や『 BOX 袴田事件 命とは』(11)など実在の事件を題材にした作品を手掛けてきた高橋伴明監督だ。彼女がもしも一冊の本と出会っていたら、別の人生を歩んでいたのではないか、というフィクションドラマとして成立させている。(1/3 P2はこちら

123

「彼女は私だ」幡ヶ谷バス停殺人事件をモチーフにした劇映画『夜明けまでバス停で』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

東出昌大の驚愕山小屋生活!

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真