日刊サイゾー トップ > 芸能  > 赤楚衛二、朝ドラのブレイク枠

赤楚衛二、さらなる人気爆発の気配『石子と羽男』の高評価に続いて朝ドラで“ブレイク枠”

文=佐藤勇馬

ブレイク候補ずらりのフレッシュな朝ドラに

 また、今週末に最終回を迎える放送中の朝ドラ『ちむどんどん』が近年まれに見る不評で、視聴者から「早く『舞いあがれ!』が観たい」「次は面白そう」といった声が上がっていることも作品の注目度の高さにつながり、本格ブレイクへの追い風になりそうな気配だ。

 さらに、今作は主演の福原や赤楚をはじめ、高杉真宙、目黒蓮(Snow Man)、濱正悟、醍醐虎汰朗、山下美月(乃木坂46)、長濱ねる、山崎紘菜ら朝ドラ初出演となるフレッシュな顔ぶれが多数そろっていることも話題となっている。

 「次にブレイクするのは誰?」という視点での楽しみ方もできそうで、そうした環境で赤楚がどういった存在感を見せてくるのかという部分も注目点。いずれにしても、赤楚の俳優人生にとって今作は大きな分岐点となりそうだ。

佐藤勇馬

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

最終更新:2022/09/27 21:00
12

赤楚衛二、さらなる人気爆発の気配『石子と羽男』の高評価に続いて朝ドラで“ブレイク枠”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田「名探偵」の正解

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真