日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 水谷豊の頭髪に見る“時の流れ”

水谷豊、本当はオールバックにしたくない? 『相棒』初期ファンが驚いた“時の流れ”

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

水谷豊、本当はオールバックにしたくない? 『相棒』初期ファンが驚いた“時の流れ”の画像
水谷豊(写真/Getty Imagesより)

 水谷豊主演のテレビ朝日系ドラマ『相棒 season21』が10月12日に放送され、初回の平均世帯視聴率が17.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。

 同作は、警視庁の「特命係」に所属している杉下右京(水谷豊)が、彼の下についた「相棒」と共に活躍していく刑事ドラマ。今シーズンは、寺脇康文演じる初代相棒・亀山薫が約14年ぶりに5代目として復活。長らく4代目相棒を務めた反町隆史のラストシーズンとなった『相棒 season20』の初回視聴率15.2%を上回る幸先のいいスタートとなった。

 第1話では、南アジアのサルウィンで腐敗政府を倒した反政府運動のリーダーが親善目的で来日。なぜかパーティーに招待された右京が興味本位で会場に向かうと、そこにはサルウィンに渡っていた元相棒の薫の姿があった――。

 寺脇の再登場に、ネット上では「初期からの相棒ファンとしては、右京さんと薫ちゃんのコンビをまた見られることができて素直に嬉しい」「亀山復活も、久しぶり会う同僚感があって面白かったし、長くやっているからこそできる演出だし、こうやって復帰するのもありだなと感じた」「さすが寺脇さん、一瞬で“あぁ、薫ちゃんだ!”ってなりました」といったコメントが飛び交い、相棒ファンは感慨深かったようだ。

 しかし、久しぶりに『相棒』を見た人たちは、2人の再会シーンとは別なところにも目が行ってしまったようだ。

「60歳で5代目相棒として復帰した寺脇は、久しぶりに会った水谷に、『髪もツンツン立ってますしね! もう、(髪)切った時に(加齢で)ペターってなってたらどうしようと思いましたよ』とジョークを飛ばしていました。しかし、髪の変化が深刻なのは水谷のほう。現在70歳とあって、発毛剤『リアップ』のCMに出演していようとも、やはり薄くなっている感は否めません。初期のイメージをひきずっている視聴者からは、おでこが広がっていることへの驚きの声が上がっていました」(芸能ライター)

 実際、現場のスタッフも水谷の頭髪対策には神経を尖らせているとのだという。

「水谷はほぼ全て白髪で、あの黒髪は染めているもの。髪が抜けるからといって、本人も本当はオールバックにはしたくないのが本音です。それでもこれまで作り上げた右京イメージもありますから、2~3時間かけてあの髪型を作り上げているんだそう。崩れるとまたやり直しになり、水谷のヘアメイク待ちで撮影が止まるので、スタッフもヒヤヒヤしながら頭ばかり見ているんだとか」(テレビ関係者)

 22年続いた『相棒』シリーズ。時の流れを感じさせながらフィナーレへと向かっていくのだろうか。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/10/18 12:00

水谷豊、本当はオールバックにしたくない? 『相棒』初期ファンが驚いた“時の流れ”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真