日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 平野紫耀の演技を現役講師が解説!

平野紫耀の演技を現役講師が解説!『クロサギ』が「難しい役」である理由

文=秋草瑠衣子(あきくさ・るいこ)

平野紫耀の演技を現役講師が解説!『クロサギ』が「難しい役」である理由の画像1
TBS『クロサギ』公式サイトより

 2006年に山下智久が主演を務めた連続ドラマ『クロサギ』(TBS系)が、King & Prince・平野紫耀の主演で約16年ぶりにリメイクされた。放送前、ネット上では「主演は山Pしか考えられない」「山Pで続編作ればいいじゃん」と、平野にとっては耳を塞ぎたくなるような声が相次いだものの、いざ始まってみると「平野さんでも違和感なく成立してたから驚いた」「主役の平野さん、役にはまってるし演技がうまくてびっくり」と平野を賛辞する視聴者も少なくない。

 同作が、プライム帯の連ドラ単独初主演となる平野だが、その演技にはどんな特徴があるのだろうか。現在、「エイベックス・アーティストアカデミー」のシアター総合コースディレクターとして演技講師も務める演出家で俳優の秋草瑠衣子氏に『クロサギ』の第1話を見てもらい、解説してもらった。

平野紫耀&船越英一郎のシーンは「目線」に注目

 まず「なかなか難しい役だな」という印象が強かったです。なぜなら第1話の中だけでも、「情けない感じのサラリーマン風の男」「外国人」「記者と偽って近づく詐欺師」「コンサルの営業マン」「高校時代の自分」「素の自分」(ほかにもあったかも……?)と役どころが多数あり、しかも“黒崎が詐欺のために演じている”という設定であるため、“劇中劇”の感覚で演じ分けなければならないのではないかと察します。

 ドラマや映画などの映像作品は大概、撮影順がストーリーの通りではありません。そのため、平野さんは撮影のたびに、「今、自分はどんな設定の黒崎か」ということを混乱しないようにするのが大変だったのではないでしょうか。

 そして、そんな平野さんの演技に関してですが、率直な感想として「平野さん、大人になったな~」と思いました(笑)。以前、「サイゾーウーマン」で『生徒が人生をやり直せる学校』(日本テレビ系『24時間テレビ』内で昨年放送された平野主演ドラマ)での平野さんの演技を解説をさせていただいたのですが、その頃と比べると、良い感じの大人の色気が出てきましたよね~。今となっては、高校生役に少し無理を感じるほどの渋さがあります(笑)。良いことです。褒めてるんです。これから、もっと渋い大人の役も期待できます。

 特に第1話で注目していただきたいシーンは、船越英一郎さん演じる吉川辰樹と2人で飲み屋で話す場面。吉川がどのように詐欺師に騙されてしまったのか、黒崎がズバズバと暴いていく容赦のないシーンです。

 2人はご飯を食べながら話していますが、目をあまり合わせず、間を置かずに台詞を言い続けています。黒崎は相手に介入しすぎず、話をすべて聞かなくても「大体手口はわかっている」といった態度で、感情的に発言しない様子が表れていますよね。

12

平野紫耀の演技を現役講師が解説!『クロサギ』が「難しい役」である理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真