日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 『舞いあがれ』飛行機作りのような朝ドラ
朝ドラWATCHコラム『舞いあがれ!』第4週

『舞いあがれ!』飛行機作りのように小さなエピソードの数々で組み上がる朝ドラ(第4週)

文=渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

『舞いあがれ!』飛行機作りのように小さなエピソードの数々で組み上がる朝ドラ(第4週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 小さな部品が集まって大きな美しい飛行機になる。この朝ドラは飛行機作りに似ている。見逃しそうな小さなエピソードがあとで活きてくるので、毎朝じっと見つめてしまいます。

 子ども時代からいっきに大学生になった舞ちゃん(福原遥)は、大学で勧誘されて訪れた人力飛行機のサークル「なにわバードマン」で、美しさに見とれていた翼のリブを壊してしまう。先輩の由良(吉谷彩子)に「どないしてくれんの!」と怒られるのを見た時、「不運な事故だし、小さな部品一つにそんな怒ることないのに、キツくて嫌な人だな」って……思いませんでしたか? あんな風に言われたら、小さい頃の舞ちゃんなら深く落ち込んで、たぶんそのまま二度と訪れないし、夜には熱も出すかもしれない。でも、今の舞ちゃんは謝りに行き、「帰り!」と言われても粘り、そのままサークルに入部する。五島でのばんば(高畑淳子)と過ごした日々は、彼女をこんなに強くて、そして好きなもの=飛行機に関してはかなりしつこい女の子に変えたんですね。

 それにしても、人力飛行機作りは地味。特に一回生の舞ちゃんたちは、ハサミで何枚も型紙を切る・発泡スチロールで小さなリブを何個も作るなど、地道な作業ばかり。お金もかかるから、舞ちゃんは久留美ちゃん(山下美月)が働いているカフェ「ノーサイド」で部費を稼ぐためにバイトも始める。他の部員たちもコツコツと夢中で作り続けていて、でも年に一度の目標「イカロスコンテスト」には書類審査で落とされて出られない。代わりに記録飛行をすることになるけれど、なんでそこまでみんながんばるんだ……と、見ていて不思議に思う頃、記録飛行への決起会で部員たちそれぞれの「人力飛行機への思い」が語られて、腑に落ちる。みんなただ「飛行機が好き」なだけなんだ。あの決起会、すごくよかったですね。未成年にお酒を飲ませることもなく、少数の女子部員や後輩へのハラスメントもない。ただ飛行機の話をしたいだけの人たち。「なにわバードマン」の人たちが最初に紹介された時、こんなにいっぺんに言われても覚えられないと思っていたけど、あの決起会で彼らが飛行機愛を語っているのを聞いていたら、性格までわかってしまった。舞ちゃんも飛行機の絵をみんなに見せることができ、そしてあの厳しい由良は「リブ作んの、うまなったな」と声をかけてくれる。舞ちゃんも、由良の厳しさは他人よりも由良自身に向けられていることにちゃんと気づいていて、彼女を慕っている。嫌な先輩として描かれるのではなく、言いすぎてごめんと謝るシーンがあるのでもなく、お互いがそのままなのに、とても強い絆を作りつつある由良と舞ちゃんの関係も、とてもいい。

 地味で地道な部品ばかり見ていた飛行機「スワン号」が、組み立てられて夜明けの滑走路に現れた時、テレビの前で声をあげてしまった。なんて美しい。そして大きい。こんなに大きなものを、あんな小さな部品をたくさん組み立てることで作るなんて、なにわバードマンはすごい……と感動していたのはわずかな間だった。スワン号の墜落で自分も骨折したのに「スワン号、壊してしもてごめん」と初対面の時とは逆に舞ちゃんに謝る由良。あの日の厳しさは、機体を作る部員たちへの敬意の現れだった。「小さな部品一つ」と軽んじたら、飛行機はできあがらない。そして、ずっと留年して飛行機を作り続けている無口な空さん(新名基浩)……決起会では彼は店で働いていて、話に加わらなかったんですよね。彼のスワン号への思いを聞き、由良の覚悟を引き継いでスワン号のパイロットになろうと決めた舞ちゃん。危険と、部員たちの期待を背負って飛ぶプレッシャー。それらをこれから引き受ける舞ちゃんは、子どもの頃、期待されて走ったリレーで失敗した経験の苦さも、乗り越えることになるのかな。がんばれー。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:福原遥、高橋克典、永作博美、横山裕、高畑淳子、赤楚衛二、山下美月、山口智充、くわばたりえほか
作:桑原亮⼦、嶋田うれ葉、佃良太
音楽:富貴晴美
主題歌:back number「アイラブユー」
語り:さだまさし
制作統括:熊野律時、管原浩
演出:田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐
プロデューサー:上杉忠嗣、三鬼一希、結城崇史
広報プロデューサー:堀之内礼二郎、齋藤明日香
制作:NHK
公式サイト:nhk.or.jp/maiagare

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

最終更新:2022/10/31 06:00

『舞いあがれ!』飛行機作りのように小さなエピソードの数々で組み上がる朝ドラ(第4週)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真