日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 鍵は新番組での坂上忍化

ハライチ・岩井、ついに“じゃないほう”から脱出? 鍵は新番組での坂上忍化

文=マキタカフミ(まき・たかふみ)

ハライチ・岩井、ついにじゃないほうから脱出? 鍵は新番組での坂上忍化の画像1
ハライチ Watanabe Entertainment 公式サイトより

 4月にスタートするも、視聴率不振により年内で打ち切りとなる昼の情報帯番組『ポップUP!』(フジテレビ系)の後を受けて、新バラエティー番組『ぽかぽか』が来年1月から始まる。MCはハライチとフリーアナウンサーの神田愛花が務める。

 2006年デビューのハライチは09年のM-1グランプリで決勝に初進出して注目を浴び、人気バラエティー『ピカルの定理』(フジ系)のレギュラーにも抜擢されるなど、早くから人気を集めていた。もっとも露出度が高かったのはもっぱらツッコミ担当の澤部佑で、ボケ役の岩井勇気は相方の活躍を尻目に、一般的には長らく“じゃないほう芸人”の座に甘んじてきた。

 コンビでのMC抜擢は、そんな岩井の存在がようやく世間に認知されたことを意味する。

「愛嬌があり、いかにもテレビ受けしそうな澤部に対して、岩井は陰気な印象で各テレビ局とも使いどころがわからず燻っていました。しかし本来、岩井はコンビのネタづくりを担当するだけでなく、ゲームのプロデュースやマンガの原作、音楽、そしてエッセイを出版したりするなど、多彩な才能の持ち主。そんな岩井の魅力にいち早く気づいたのが、バナナマンとおぎやはぎでした。彼らは自身が出演するテレビ番組やラジオ番組に、注目される前の岩井をピンでゲストに呼び続けていましたからね」(お笑いに詳しい芸能ライター)

 岩井の“ブレーク”のキッカケとなったのが、18年におぎやはぎと劇団ひとりがMCを務める深夜番組『ゴッドタン』(テレビ東京系)に出演したこと。岩井は同番組で“腐り芸人”というキャラを確立し、注目を集めることになる。

「岩井は同番組の1コーナー『腐り芸人セラピー』に出演し、澤部の陰に隠れ出番の少ない自身の境遇を自嘲気味に嘆きつつ、独自のお笑い哲学を展開。テレビで受けている笑いは本物でなく、“お笑い風”だと断じ、さらにテレビで求められるのは“30点の笑い”で、その30点を100点だと思い込める芸人が売れるのだとも。その鋭い舌鋒は相方の澤部にも向けられるほど、毒に満ちたものでした。自分はゼロから1をつくっているが、澤部は1を増やすのが得意なだけなどと、相方をバッサリ斬り捨てていました」(同)

 相方・澤部との大きすぎる格差に半ば、開き直ったかのような岩井の毒舌は“腐り芸”とも称され、SNSなどで大きな反響を呼んだ。視聴者からの好評を受け、「腐り芸人セラピー」はレギュラーコーナーとなり、岩井は平成ノブシコブシの徳井健太、インパルスの板倉俊之とともに腐り芸人代表として毒がありながらも説得力のあるコメントで、毎回登場する不遇の腐り芸人たちを一刀両断してみせた。

「『ゴッドタン』への出演によって、岩井は腐り芸人という“テレビ受け”するキャラを見出しました。これはテレビ各局に向けて自身の“取り扱い説明書”を提示したとも言え、ここから露出を増やしていきます。また16年にスタートしたラジオ番組『ハライチのターン!』(TBSラジオ)も、岩井の魅力を知らしめる要因の一つになったと思います。この番組ではトークの主導権を握るのはもっぱら岩井で、達者な喋りを聞かせてくれます。MCの適性アリ、ということでしょう」(同)

12

ハライチ・岩井、ついに“じゃないほう”から脱出? 鍵は新番組での坂上忍化のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真