日刊サイゾー トップ > エンタメ  > TBS田村アナ、バラエティアナとして覚醒!

TBS田村アナ、バラエティアナとして覚醒! くっきーの無茶振りラップにアンサーで称賛

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

TBS田村アナ、バラエティアナとして覚醒! くっきーの無茶振りラップにアンサーで称賛の画像1
田村真子 TBS 公式サイトより

 11月11日、TBS田村真子アナウンサーが同局『ラヴィット!』でとんでもない無茶ぶりに答え、スタジオを沸かせた。

 この日のオープニングテーマは「オススメの細長いもの」。

 くっきー!は細く長く生きているという理由でエハラマサヒロを紹介すると、エハラが披露したモノマネに対して「ツッコミが足らんと思うのよ」とダメ出し。「今から俺がツッコんだるよ」とハンドマイクを片手に前に出てきた。

 これがすべての始まりになる。

 くっきー!はエハラのモノマネに対してツッコミを入れていくのだが、最終的には「ツッコみにくいわお前のボケ」と逆ギレ。腰を落とすな、パーマ当てるなと文句を言っていると、突然エハラがボイスパーカッションを始めた。するとくっきー!は「なんでお前はパーマを当てた ラヴィット出るからパーマを当てた」とリズムに乗せてラップをして「なにしてんねん! なんで先輩が説教してる時にボイパ入れる!」と大声でツッコんだ。

 このくっきー!ワールド全開の流れにスタジオは生暖かい空気に。

 するとくっきー!は川島に「何か言うたってください」とマイクを渡しパス。川島はエハラのボイパに合わせラップで「ベテランやったらわかるやろ 押してるのにそんなことすな!!」と思い切りツッコみ。

 川島の勢いにスタジオは大爆笑。くっきー!は「俺よりウケるなよ」と不満そうだったが、川島の救いの手により一応は盛り上がってエハラとくっきー!のくだりが終了した。

 微妙な空気を生んだこの流れ、エンディングでなぜかおかわりが。

 エハラが再登場すると、くっきー!はまたボイパに合わせてラップ。しかし、オープニングと同様にスタジオは生暖かい空気に。そこでくっきー!はあろうことか田村アナに「ちょっと真子ちゃん何か言うて」と振ったのだ。

 スタジオは「誰に振ってんねん!」「え!?」と大騒ぎ。

 田村アナもまさかの無茶ぶりに頭を抱えて困惑。しかしエハラがボイパを始めると、体でリズムを取りながら「時間余ったから!何かやれって!ちょっとそりゃ!酷過ぎないかい!」と堂々とした即興ラップを披露し、最後に「ちょっと、くっきー!さん!!」と大声で叫んだ。

 スタジオはやりきった田村アナに拍手喝采。「すばらしい!こんな過酷な状況で、すごいですよ」とエハラは大絶賛で、川島も「ようやるなよ!」とまさかのデキにツッコミをいれいていた。

 田村アナは顔を赤らめながら「ちょっと、もぉー」とジタバタし、番組最後まで照れまくっていた。

 無茶ぶりへの見事な対応にネット上は絶賛の嵐。「田村アナの瞬発力と底力!!! 今日も素晴らしいw」「くっきー!さんから田村アナへの無茶ぶりで悶絶笑い」「田村アナ無茶ぶり頑張った。顔真っ赤でかわいい」「田村アナのラップ、しっかりやって最高、偉い、だから大好き」と沸き上がっていた。

「田村アナって、政治家である父親の関係もあって報道志望かと思われがちですが、すごいバラエティ志向なんですよね。まぁ美人ですしアイドルアナになる素質はあると思います。以前、昼のニュースなどをやっていた時に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)のロケを打診されたそうです。『遅い時間になるけど大丈夫?』と聞かれたところ『むしろそういうのがやりたいんです』と話していたそうで。『ラビット!』もそういう流れで決まったそうですよ」(テレビ番組ディレクター)

 芸人でも臆する状況で見事やりきった田村アナ。先日パラパラを披露した際も真顔でやりきる姿が話題となっていた。

「やりきる」を身に着けた田村アナ、日々売れっ子芸人と共演しているうちにいつのまにかここまで鍛えられていたようだ。

 

 

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2022/11/15 08:00

TBS田村アナ、バラエティアナとして覚醒! くっきーの無茶振りラップにアンサーで称賛のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真