日刊サイゾー トップ > 芸能  > 水嶋ヒロ、イメージ激変現在の姿

水嶋ヒロ、現在の姿と『メイちゃんの執事』放送当時のギャップに驚きの声「すごくいいパパになった」

文=佐藤勇馬

水嶋ヒロ、現在の姿と『メイちゃんの執事』放送当時のギャップに驚きの声「すごくいいパパになった」の画像1
Instagram「hiro_mizushima_official」より

 長らく事実上の休業状態にある俳優の水嶋ヒロの現在の姿が話題になっている。SNSで長髪&オールバック姿の写真を公開しており、先日まで2009年に放送された主演ドラマ『メイちゃんの執事』(榮倉奈々とのダブル主演/フジテレビ系)が再放送されていたこともあって、当時とのギャップに反響が広がっているようだ。

 水嶋は14日、自身のInstagramで「気づかず長女に撮られてた1枚。娘達が赤ちゃんだった頃の写真をみながら過ごしてたとき。時間は戻らないからね‥」と記し、ソファーに座ってスマホの写真を眺めている画像を投稿。続けて、17日には「実は前回投稿した長女撮影写真には裏話があって」と切り出し、娘から約2年ほどInstagramで顔出ししていないことを指摘されて「セルフィーは苦手だから撮ってよ」と返し、撮ってもらったのが前回の写真だと明かした。

 17日の投稿には正面から撮影した写真が掲載されており、イケメンぶりは変わらないものの長髪のオールバック&ヒゲでイメージは激変し、昔よりいくぶんふっくらした印象になっている。こちらは「心がふざけている時の顔」と娘からダメ出しされた写真だそうだが、消そうとしたら「これもインスタにポストして」と言われたのでアップすることになったそうだ。

 また、水嶋は前回の投稿で14日に再放送の最終回を迎えた『メイちゃんの執事』に言及。「13年位前とはいえ、ぶっとんだドラマだったよね笑。大門が最後にバズーカ砲で追いかけてくる普通の人間を吹っ飛ばしたシーン、とんでもない流れで今でも思い出すと笑っちゃう」などとつづった。

 また、9日付のTwitterでは同ドラマで子役時代に天才児の麻々原みるくを演じた吉川愛(当時は吉田里琴名義)とその執事の大門役を務めた鈴木亮平が今年3月の『第45回日本アカデミー賞』で再会した写真を引用し、「さっき友人からシェアされた。驚いたよ。2人ともSランク越え(※劇中で学園の女子生徒や執事はランク付けされる)」とコメントしてファンを喜ばせた。

 ドラマの再放送をきっかけに水嶋の現在の姿に注目した人も多かったようで、ネット上では「すっごくいいパパになってる」「素敵なお父さんだなあ」「ドラマのころもいいけど、いまもすごく素敵」といった声が多く寄せられている。

12

水嶋ヒロ、現在の姿と『メイちゃんの執事』放送当時のギャップに驚きの声「すごくいいパパになった」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

ジャルジャル「1カ月でネタ571本」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真