日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 井ノ原快彦が「潰される」

井ノ原快彦、新社長就任の多忙とプレッシャーで「潰される」と関係者からも心配の声

文=小林真一(こばやし・しんいち)

井ノ原快彦、新社長就任の多忙とプレッシャーで「潰される」と関係者からも心配の声の画像1
井ノ原快彦

 ジャニーズJr.の育成やプロデュースなどを行うため、2019年に設立されたジャニーズ事務所の子会社「ジャニーズアイランド」。滝沢秀明氏の先導により、Snow ManやSixTONESのほか、世界進出を果たしたTravis Japanのデビューにも大きく貢献してきている。

「Snow ManやSixTONESも、滝沢がテレビ関係者や音楽関係者と会食を重ねて営業し、頭を下げてデビューを勝ち取ってきたグループです。また、くすぶっているJr.を売るために、舞台関係者やドラマ、映画のスタッフにも積極的に接触していました。同時にJr.の『22歳定年制度』を導入するなど、所属するタレントにも緊張感を持って活動するよう指導してきた。辞めていくJr.もいましたが、滝沢に恨みを持つタレントはおらず、かえって第2の人生に進めたことを感謝をしているようです」(同上)

 しかし、そんな滝沢もジャニーズを退所し、社長も退任。後継には、元V6の井ノ原快彦が就任することになった。

 しかし、この人事異動には「ジャニーズ事務所の闇を感じる」と、あるテレビ関係者は話す。

「改革派の滝沢は、ジャニーズ事務所の副社長もしていましたが、幹部からは“目の上のたんこぶ”的な扱いを受けていた。ただ、スノストを成功に導いた手腕もありますから、表立っては誰も意見できなかったんです。そういった連中が、藤島ジュリー景子社長にあることないことを告げ口をしていたという噂も出始めています。実際、去年あたりからJr.の運営方法で滝沢とジュリー社長の意見が衝突することも増え、滝沢が退所することに」(スポーツ紙記者)

 幹部同士のイザコザと井ノ原の新社長就任には、どんな関係があるのか?

「後任に井ノ原を選んだのは、井ノ原は滝沢のように我が強くないのがひとつの大きな理由だと言われる。ジェニーズ事務所の幹部も、ジャニーズアイランドを動かしやすくなるわけです」(同上)

 とはいえ、真面目な性格の井ノ原。すでに多くのJr.に接触を図っているという。

「井ノ原は、忙しい合間を縫ってJr.がメインで出演する『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)の収録に立ち会ったりしています。なるべく多くのJr.とコミュニケーションを取りたいと、会食などもセッティングしているとか。ただ、来年1月からは20th Century(トニセン)の全国ツアーが始まるし、来年4月には主演ドラマ『特捜9』(テレビ朝日系)のseason6が放送予定。ほかのテレビ番組の出演と合わせると、寝る暇もないハードスケジュールなので、いつまでJr.との交流が続けられるかは難しいところ。滝沢のように裏方に専念するでもなく、自分の活動もある井ノ原が直接指導や営業を行うことは難しいし、社長といっても実質的には“お飾り”になるだろうとは、マスコミ関係者の間でも囁かれています」(民放関係者)

 後輩のJr.たちについて「温かく話を聞いて、導いてほしい」とジュリー社長からも言われているという井ノ原。しかし、ジュニアの育成はそう簡単にはいかなそうだ。

「ジャニーズ事務所は、女性週刊誌やスポーツ新聞など御用達メディアに、井ノ原の人間力について絶賛する記事を書かせている。これは、スパルタ的指導で有名だった滝沢への”当てこすり”だと言われています。ただ、数も多いJr.をまとめあげるには、話を聞くだけでは解決しないことも山積みです。このままでは、井ノ原が多忙とプレッシャーで潰されてしまうと、関係者はみな心配しています」(同上)

 井ノ原の温かい人柄は誰もが認めるところだが、人にはそれぞれ向き不向きがある。タッキーへのあてつけに使われた感もあるイノッチには、多くの同情の声が広がっているようだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2022/12/06 11:00

井ノ原快彦、新社長就任の多忙とプレッシャーで「潰される」と関係者からも心配の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真