日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 宇多田ヒカル、40歳を前に新たな黄金期

宇多田ヒカル、最新作が海外の年間ベストを席巻…「First Love」も再ヒットで迎える黄金期

宇多田ヒカル、最新作が海外の年間ベストを席巻…「First Love」も再ヒットで迎える黄金期の画像
宇多田ヒカル公式サイトより

 日本でのCDデビューから24年。宇多田ヒカルが新たな黄金期を迎えているようだ。

 今年1月にリリースされた(CDは2月発売)最新アルバム『BADモード』はある種、キャリアの到達点となっている。初のバイリンガル・アルバムと説明されているとおり、〈宇多田ヒカル〉と〈UTADA〉が融合され、初期のR&B的なサウンドや、セルフプロデュースするようになった『Exodus』期のダンスサウンドをも更新したような作品だった。

 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』のテーマソングとなった「One Last Kiss」を含む本作は、PitchforkやPopMattersといった米メディアが10点満点中8点を付けるなど、リリース当初から高い評価を受けていたが、この数週間ほど、さまざまな海外メディアが『BADモード』あるいは収録曲を年間ベストにピックアップしている。

 Slant Magazineが「2022年のベストアルバム50」で『BADモード』を(ザ・ウィークエンドやテイラー・スウィフトらを上回る)年間9位に位置づけたのを始め、PitchforkBeats Per Minuteなどがベスト50内に選んだ。またランキング形式ではないが、Pitchforkは「2022年もっとも進歩的なポップミュージック」の記事でもふたたび『BADモード』を取り上げているほか、GQ誌も年間振り返り企画の中で紹介している。

 曲単位では、フローティング・ポインツと共に手がけた10分超の「Somewhere Near Marseilles ーマルセイユ辺りー」は特に評価が高く、Pitchforkは「2022年のベストソング100」で年間10位に、Slant Magazineも「2022年のベストソング50」で年間6位にしているほか、Resident Advisorの「2022年のベストトラック」でも取り上げられた。NPRの「2022年のベストソング100」では、タイトル曲「BADモード」が年間32位となっている。

 こうした評価の波は、『BADモード』の成熟した音楽性はもちろんのこと、“バイリンガル”作品であることからも生まれたものだろう。一方で2022年は『コーチェラ』への出演と、それを取り巻く評価も象徴的だった。

 世界最大級の野外音楽フェスであり、音楽を始めとしたさまざまなアートやテクノロジーの一大市場ともなっている『コーチェラ』(正式にはコーチェラ・ヴァリー・ミュージック&アーツ・フェスティバル)へは今年、アジア系のカルチャーを世界に発信しているプラットフォーム/レーベル『88rising』からのオファーを受け、88rising主催ステージに宇多田が立つことになった。「Automatic」や「First Love」といった往年のヒットも織り交ぜたパフォーマンスに沸き立ったのは、遠い日本の人々だけではない。出演後の「VOGUE JAPAN」誌(コンデナスト・ジャパン)のインタビューでは、「私が思っていた以上に、『Automatic』 と『First Love』 に対して、日本もしくはそれ以上の思い入れを抱いてくれている人がアジア全土にいっぱいいることを教えてもらって」と振り返り、88risingのCEOであるショーン・ミヤシロ(日系アメリカ人)からも「その2曲は外せない。絶対やってほしい」と要求されていたことを明かしている。

コーチェラ出演、『First Love 初恋』、そして「First Love」の再ヒットへ

 『コーチェラ』への出演によって宇多田ヒカルへの注目がさらに拡大されたことは想像に難くない。そして改めて、記録的な大ヒットとなった宇多田のデビューアルバム『First Love』の影響力の大きさを知らされた機会ともなったが、ここにきて今度は名バラード「First Love」の再ヒットが起こっている。

 きっかけはもちろんのこと、11月24日に配信されたNetflixオリジナルシリーズ『First Love 初恋』だ。満島ひかりと佐藤健のW主演となるこのドラマは、宇多田の「First Love」「初恋」の2曲にインスパイアされた長編ラブストーリーで、アジア地域で大きな反響を呼んでいる。

 Netflix内では日本のテレビ部門で3週連続1位となっている『First Love 初恋』だが、グローバルトップ10のテレビ・非英語部門でも3週連続トップ10入り。この“グローバル”人気を牽引しているのがアジア地域での支持で、台湾で1位、香港で2位となったほか、インドネシア、フィリピン、シンガポールでトップ10入りと人気を博している。

 デビュー24周年となる12月9日には、ドラマの鍵となっている2曲を新たにミックス/マスタリングし直した「First Love(2022 Mix)」と「初恋(2022 Remastering)」の2曲を収録した7インチ盤が発売され、配信リリースもされたが、実はこのニューバージョンのリリースより前からドラマの影響で「First Love」の人気が再燃。台湾やインドネシアでは早々に配信ダウンロードチャートで1位となっている。Spotifyのバイラルチャートでは、台湾ではドラマの配信直後から週間1位に急浮上し(12月1日付)、4週連続で首位を走り続けているほか、香港では12月15日付で週間6位に。日本では週間16位(12月15日付)まで上昇している。

 こうした反響で、世界200を超える国・地域におけるデジタルダウンロードおよびストリーミング再生数で構成されるビルボードの「グローバルチャート」では、12月24日付で147位に登場。米国のデータを除外した「グローバル・エクスクルーディングUSチャート」では61位とトップ100入りを果たしている。およそ24年前の楽曲が、いかに今も愛され続けているかがうかがえる結果だろう。なお本邦においては、ビルボードジャパンのストリーミング・チャート(21日公開)において「First Love」が3位に浮上している。

 来年1月19日に40歳の誕生日を向かる宇多田ヒカル。cubic U名義を含めれば27年以上のキャリアを誇るが、ここにきて真の黄金期を迎えているといえそうだ。進化し続ける宇多田の次の一手は、これまで以上に世界から注目されることになるだろう。

加賀美ジョン(音楽ライター)

洋邦問わず、音楽にまつわる編集・ライティングで十数年。クレジットを眺めるのが趣味。

かがみじょん

最終更新:2023/03/14 14:08
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed