日刊サイゾー トップ > エンタメ  > マンガ実写化問題…22年2月の人気芸能記事

『キングダム2』『嘘喰い』『ホリック』実写化の是非…2022年2月の人気芸能記事

「日刊サイゾー」で2022年2月に人気のあった芸能ニュース記事を、若手記者Cと中年記者Zでプレイバック!

 

『キングダム2』『嘘喰い』『ホリック』実写化の是非…2022年2月の人気芸能記事の画像
『ホリック xxxHOLiC』に出演したほっくん

若手記者C 2022年の2月は、清野菜名の『キングダム2』問題が人気でした。7月に公開された『キングダム2 遥かなる大地へ』で羌瘣(きょうかい)を演じることが発表されたことを受けて、身長や年齢が違うという指摘が。

中年記者Z 原作マンガの連載10周年特別動画ではアクション女優の山本千尋が演じた役だったから、原作ファンにはそのイメージが強かったのかね。人気マンガの実写化は批判されるのが常だけど、清野菜名の場合、『耳をすませば』の件も“叩かれやすさ”につながったのかも。

若手記者C まさにそんな“イメージ違い”の記事も読まれました。嵐・櫻井翔と宮崎あおいが夫婦役を演じた劇場版のイメージが強かった『神様のカルテ』のドラマ版(テレビ東京系)も指摘されてますね。

中年記者Z 朝ドラ『半分、青い。』のヒロインの友人役で脚光を浴びて、同じ年には『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でも活躍したけど、以降はコレって作品がなかったけど、蓋を開けてみれば『キングダム2』での清野のアクションシーンは好評だったし、今年はトップコートに移籍もしたし、今後も安泰かな。

若手記者C 清野の出世作は園子温監督の『TOKYO TRIBE』ですが、もう園の名前は口にしないかもしれませんね。さて、実写化問題については横浜流星の『嘘喰い』も取り沙汰されました。主に白石麻衣が演じた蘭子について、原作とはだいぶイメージが違い、恋愛要素まで足されたあたりが批判の的となりました。

中年記者Z まぁどう考えてもはなから成功するように思えなかったけど。とりあえず“ヒロイン”をつくって恋愛描写入れるっていう発想が時代遅れってこと、製作陣に指摘できる人いなかったのかな。しかしワーナーのマンガ実写化ってなんでこんなことごとく外すか?ってぐらい外すね。『東京リベンジャーズ』は大ヒットしてよかったね。

若手記者C 同じく実写化関連では4月に公開された『ホリック xxxHOLiC』も。神木隆之介と柴咲コウのW主演、SixTONESの松村北斗、橋本愛ら華やかなキャストが揃う作品ですが、磯村勇斗演じるオリジナルキャラクターが登場するとあって賛否を呼ぶことに。

中年記者Z オリキャラは嫌われる要素だからねぇ。しかも蜷川実花監督だから(笑)。実際、オリキャラ云々どころじゃない不評の嵐だったしね。杏が出演していたWOWOWドラマ版『CLAMPドラマ ホリック ×××HOLiC』が株を上げた形かな。

若手記者C せっかくの松村北斗出演も無駄撃ちとなってしまいましたね。サイゾーで人気のジャニーズ関連では、2月はジャニーズJr.の「次のデビュー」をめぐる記事が読まれました。香取慎吾ドラマの主題歌に関してユニバーサルのジャニーズ忖度があったとする“文春砲”の中で「美 少年はユニバーサルからデビューが決まっている」とする情報が注目されたわけですが……。

中年記者Z 結局、2022年はTravis Japanがデビューを決めたもんね。とはいえ、「アメリカのレーベルからの世界配信デビュー」という打ち出しなものの、プロモーションはほぼほぼ日本に偏り、CD発売がない代わりにダウンロードで数字を稼ぎ、ストリーミングは全然という、いろいろと本末転倒さが感じられるデビュー。A.B.C.-Z化するんじゃないかと囁かれてるけど。

若手記者C デビューを後押ししたとみられる滝沢秀明・副社長もその後退社してしまいましたし、2023年が勝負の年になりそうですね。ジャニーズ関連では堂本剛が事務所批判をしたのではとラジオ番組での発言が注目を集めました。

中年記者Z 批判っていうか、「売り込みは本来事務所がやるべきこと」ってまっとうな意見だよね。それだけENDRECHERIの立場がアレなんだろうなぁ。剛は周囲の環境が少しずつ変わってきたと発言していたらしいし、そのおかげか『THE FIRST TAKE』や歌番組への出演もあった。まぁソロデビュー20周年の記念イヤーと考えると、ファンにとってはまだまだ物足りなかったかもしれないけど。

若手記者C その堂本剛/ENDRECHERIの2022年の活動動向はDr.ファンクシッテルーさんにまとめていただいてるのでぜひ。と別記事をPRしたところで……ちょっとほっこりするところでいうと、前年11月にデビューを果たしたなにわ男子の長尾謙杜がいよいよ東京に引っ越した?という話題が。

中年記者Z まぁなにわはあれだけ事務所に推されてるし、長尾も『となりのチカラ』(テレビ朝日系)『パパとムスメの7日間』(TBS系)とドラマ出演続いたし、いつまでも大阪との往復というわけにはいかないよね。11月以降のジャニーズ事務所のアレコレを考えると、本当にほっこりするニュースだわ。

若手記者C 道枝推しとされた、ジュリー社長の長女も、今度は美 少年の現場に口出ししているなんて報じられて、“推し変か?”といわれてますもんね。

中年記者Z 将来社長になるための教育の一環で美 少年に関わるようになったとしたら、メンバーにとって幸か不幸か……。

〈2022年1月の振り返りはこちら〉

最終更新:2022/12/31 22:47
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真