日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 櫻坂46、2022年は“激動”
坂道3グループの2022年とこれから#3

櫻坂46、2022年は“激動”――菅井友香の卒業、唯一無二のパフォーマンス集団は2023年の新体制へ

文=川崎 龍也(かわさき・りゅうや)

櫻坂46、2022年は激動――菅井友香の卒業、唯一無二のパフォーマンス集団は2023年の新体制への画像1
2022年4月6日にリリースされた櫻坂46 4thシングル「五月雨よ」

 2022年の櫻坂46を一言で表すことは難しいが、あえて表現するとするならば“激動”という言葉がしっくりくる。一番大きな出来事で言うならば、菅井友香の卒業に伴う、松田里奈のキャプテン就任だろう。さらに3期生の加入も予定されており、新体制として新たな方向が目指されている。

 今年も残すところあとわずか。櫻坂46の22年の歩みを振り返ってみたい。

「流れ弾」快進撃からの「五月雨よ」

 今年の櫻坂46は、フォーメーション1、2列目メンバー・櫻エイトを除いた3列目メンバー・バックスによる『3rd Single BACKS LIVE!!』から幕を開けた。同ライブは昨年10月にリリースされた3rdシングル「流れ弾」(21)のバックスが参加し、櫻エイトに劣らぬパフォーマンスを展開。

 バックスライブとは銘打っているものの、櫻坂46には元来優れたパフォーマーがたくさん在籍している。「流れ弾」カップリング曲「ソニア」でセンターを務めた小池美波や、2ndシングル「BAN」(20)カップリング曲「思ったよりも寂しくない」のパフォーマンス時にセンターに立った増本綺良など、それぞれが輝かしいポジションで生き生きとしていたのが印象的だった。1期生、2期生の隔たりなくのびのびとパフォーマンスする姿は、今の櫻坂46の雰囲気を象徴しているようにも感じられた。

 今年も「流れ弾」から比較的短いスパンで、4月に4thシングル「五月雨よ」をリリース。本作で注目すべきポイントは、最年少の2期生・山﨑天がセンターに抜擢されたことだろう。これまでもカップリング曲「思ったよりも寂しくない」、「Buddies」(20)、「それが愛なのね」(21)などでセンターを務めてきた山﨑だが、彼女の無邪気な一面を映し出したかのような快活的な楽曲が多かった。しかし「五月雨よ」では、山﨑の表現の美しさが凝縮された、綺麗なメロディラインとダンスが特徴的。高速のファンクチューン「流れ弾」とはまた違う櫻坂46の表現の形が提示されている。

 同作は「オリコン週間シングルランキング」で39万枚を突破するなど、売り上げを見てもまさに櫻坂46の勢いを裏付けるような楽曲にもなったのではないだろうか。

渡邉理佐、原田葵、尾関梨香の卒業

 5月には櫻坂46の初期メンバーとして――欅坂46の1期生としてグループの中心にあった渡邉理佐が卒業。ファッション誌「non-no」(集英社)の専属モデルを務め、さまざまなファッションイベントに出演するなど、グループのファッションリーダーとしても活躍してきた。『櫻坂46 渡邉理佐 卒業メモリアルブック』(集英社)のインタビューの中で、渡邉は「確かに(欅坂から櫻坂に)改名をしてから、自分がもっと引っ張らなきゃ、もっとしっかりしなきゃという意識が強まった」と話しており、改名後、2期生がセンターを務めるなかで、常にフロントポジションで後輩たちを支えてきたのが渡邉だった。

 彼女の偉大さは、5月に2日間の冠ライブ『渡邉理佐 卒業コンサート』が開催されたことも物語っている。これまでも渡辺梨加や守屋茜など多くのメンバーが卒業してきたが、既存ライブの1つのブロックとして卒業セレモニーが行われていたため、メインというわけではなかった。渡邉に最後に与えられた「僕のジレンマ」(22)は、まさに彼女の心の内を覗いているかのような楽曲で、卒業コンサートで本編のラストで披露された際には胸にくるものがあった。

 そして少し時期はあとになるが、原田葵と尾関梨香も今年卒業。2人の卒業セレモニーが行われる予定だった『W-KEYAKI FES. 2022』はメンバーの新型コロナウイルス感染によって7月開催が中止となり、振り替え公演が8月19、20日の2日間にわたって開催された。

 同ライブで最も感動的だったのは、卒業した渡邉の跡を引き継ぐように、親友の原田が「無言の宇宙」(21)を披露したことだ。原田の卒業という文脈も相まって、2人の絆が強く感じられた。

 原田は加入当初はMC陣から「ごぼうちゃん」と呼ばれたり、中学生であることをいじられたりと、妹キャラ的な立ち位置だった。18年に学業への専念のため一時活動を休止した後は、インテリキャラとして『Qさま!! 3時間SP』(テレビ朝日系)に出演するなど、個性を発揮していった。また尾関といえば、『欅って、書けない?』(テレビ東京系)の体力測定企画のなかで、独特な走り方を披露。これは“尾関スタイル”と命名され、語り草となっている。しかし、ライブとなると雰囲気が一変して、欅坂46のコンセプチュアルな世界観を構成するメンバーの1人として躍動していたのが印象的だった。

東京ドーム公演のアップデートされたパフォーマンス

 8月には改名後初となる1stアルバム『As you know?』をリリース。リード曲「摩擦係数」では、森田ひかると山﨑のダブルセンターという初の体制が取られ、グループの中心を担う2期生メンバーが圧巻のパフォーマンスを披露しているのが見どころだ。櫻坂46の2年の総決算とも言え、アートワークに映ったメンバーの笑顔からは、櫻坂46の明るい青写真を覗かせている。

 9月からは、同作をひっさげて全国ツアー『2nd TOUR 2022 “As you know?”』を開催。9月29日の大阪公演を皮切りに全国6カ所12公演を巡る大規模なツアーとなっており、11月8日、9日の最終公演は東京ドーム2daysというグループにとって思い出深い地での開催でもあった。

 東京ドームは1期生のメンバーの多くは経験してきたが、2期生はまだ未体験のメンバーも少なくなく、その意味でも櫻坂46のアップデートされたパフォーマンスを見せつけるいい機会となった。とはいえ、メンバーにとって改名から2年で東京ドームに立つということは大きな不安もあったようで、山﨑は「BUBKA 2023年 1月号」(白夜書房)のなかで「櫻坂46として東京ドームのステージに立つのは早いんじゃないか、と思ってました」と振り返っている。また、山﨑が同インタビューで「今回のツアーは『世界に通用するライブ』を大きなテーマとして、演出や音響、照明にこだわって、すべてのスタッフの方たちが私たちと息を合わせてステージを作り上げてきたんです」と語っていたように、東京ドーム公演では前半の5曲はペンライトなしでのパフォーマンスや後半のダンストラックなど、意欲的な試みがなされている。

12

櫻坂46、2022年は“激動”――菅井友香の卒業、唯一無二のパフォーマンス集団は2023年の新体制へのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真