日刊サイゾー トップ > エンタメ  > “ポスト蛭子”の存在感を上回るリーダー

『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』“ポスト蛭子”フット岩尾の存在感を上回る村井美樹のポンコツっぷり

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』ポスト蛭子フット岩尾の存在感を上回る村井美樹のポンコツっぷりの画像1
『ローカル路線バスVSローカル路線鉄道 乗り継ぎ対決旅』(テレビ東京系)公式サイトより

 2022年12月28日に、『ローカル路線バスVSローカル路線鉄道 乗り継ぎ対決旅』(テレビ東京系)の第14弾が放送された。

 路線バスだけを乗り継ぐ太川陽介率いるバスチームと、鉄道だけを乗り継ぐ“軍曹”こと村井美樹率いる鉄道チームが対決。指定のチェックポイントを巡りながらゴールを目指して競うルールで、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のスピンオフにあたる番組である。

 今回は、なんと4時間スペシャルという長丁場だった。というか、年末年始のテレ東が4時間特番の連続だった。

12月26日:『YOUは何しに日本へ?』4時間SP
12月27日:『ありえへん∞世界』4時間SP
12月28日:『ローカルバスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』4時間SP
12月30日:『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』4時間SP
1月1日 :『THEカラオケ☆バトル』4時間SP
1月2日 :『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』4時間SP
1月3日 :『家、ついて行ってイイですか?』4時間SP

 相変わらず、無茶なテレビ局である。中でも、筆者が注目したのは『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』だった。というのも、ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』に神父役で出演していた太川は、体調不良を理由に昨年12月24~25日の出演を取りやめているのだ。さらに、最近の対決旅シリーズで凡ミスを連発しており、一部からは老化も指摘されている。

 ちなみに、今回のスタート地点は東大寺(奈良県)で、ゴールは彦根城(滋賀県)だった。都会と呼ぶほど栄えているわけじゃないが、決して辺鄙な場所でもない。つまり、“軍曹”こと村井美樹率いる鉄道チームのほうが有利だと予想できるわけだ。

 今回のバスチームのメンバーは、太川、宇賀なつみ、岩尾望(フットボールアワー)の3人で、鉄道チームは、村井、貴島明日香、原西孝幸(FUJIWARA)の3人という顔ぶれであった。4時間SPだけあって、第14弾はゲストが豪華。

 ただ、両チームともリーダーが暴走して変な空気になるのが、この番組の常のはず。賑やかしタイプの芸人を呼べばいいのに、岩尾&原西と根暗なタイプを呼んだのはなにか意図があるのだろうか? あと、宇賀以外の5人が関西出身という事実も見逃せない。

 スタート地点である東大寺でオープニングトークを撮る両チーム。そんな6人を、大勢の修学旅行生と可愛い鹿が囲んでいるのはほっこりした。どうやら、修学旅行も復活してきているらしい。

フット岩尾は“蛭子能収の後継者”として適任か?

 まず取り上げたいのは、両チームが擁する“足引っ張り枠”の仕事ぶりだ。

 バスチームでいえば、岩尾である。おそらく彼は、『ローカル路線バスの旅』の太川の相棒・蛭子能収の後継者的存在として呼ばれていたはずだ。

 序盤から、足引っ張り要員として岩尾はちゃんと仕事している。バスチームは地図を見ないと策が立てられないのに、いきなり「最近は小さい字が読めないので地図を読めない」と老眼をカミングアウトし、地図係を堂々と遠慮する無能っぷりだ。つまらない意地を張らず、老眼鏡を作ればいいのに……。

 各チェックポイントでは与えられたミッションをクリアする必要があるのだが、第1チェックポイントが「奈良県大和郡山市豆腐町」にあると判明すると、「豆腐に関するミッションか?」と岩尾は予測。そして、「僕、(豆腐が)ちょっと苦手で……」と、驚くような偏食ぶりを告白するのだ。

 結果、このチェックポイントで課せられたミッションは金魚すくいであった。しかし、それはそれで金魚をまったくすくうことができない岩尾。太川から、「目を見張るほど下手」とパワハラされる始末だった。いや、太川も太川で、そういうとこだぞ……。

 続く第2チェックポイントのミッションは、日本茶カフェ「山本園」(滋賀県)で行う、抹茶グルメ(抹茶、抹茶のソフトクリーム、茶そばなど)の値段当てクイズだ。

これも、なかなかクリアできないバスチーム。結果、6品をはずして7品目でようやく太川が正解した。店を出た直後、意を決して岩尾は告白する。

岩尾 「ここだけの話ですけど、2カ月前くらいにあの店、ロケ行ってるんですよ、僕」

太川 「ウソ!?」

岩尾 「スイーツとかちょっと食べたんですけど、抹茶がこんな値段とかまでは全然覚えてなくて」

太川 「そうだったの!? 2カ月前に行ってたのに、役に立たねえ奴だねえ」

 たしかに、昨年12月17日放送『フットマップ』(カンテレ)でフットボールアワーは山本園を訪れている。いよいよ、使えなさすぎる岩尾。ひょっとして、蛭子以上の役立たずぶりなのでは……。

 第5チェックポイントのミッションは、高さ17メートルを誇る巨大アスレチックの制覇であった。ここでも弱音を吐く岩尾。

「僕、あれならできないと思います。時間かかってもダメかもしれないです。あそこに上がることが無理かもしれない。高さ17メートル言うてるやん。無理やって、そんなん」(岩尾)

 芸人のわりに、仕事内容にNGを出しまくる岩尾。結局、このミッションでは御年63歳の太川が体を張った。一体、岩尾は何をしに来たのか……。

 しかも、1秒でも早くゴールを目指したい終盤で、「膝がだいぶきてます。痛い」と、脚を痛がり始めた岩尾。「岩尾を置いていくわけにはいかない」と太川の気遣いでチームは岩尾を先頭に据え、岩尾の徒歩ペースでゴールを目指すことに。これがまた、牛歩みたいな遅さなのだ。

 おそらく、芸人枠で歴代ワーストの働きぶりだった岩尾。大チョンボを犯すなど芸人として劇的展開を招くわけでもなく、地味な佇まいのまま密かにワースト……という存在感だったのだ。蛭子枠として、彼は少し弱いか?

FUJIWARA原西を「原口」と間違え続けるリーダー

 一方、鉄道チームの“足引っ張り要員”は、何を隠そうリーダーの村井だ。

 近鉄奈良駅に着いた一行は、「近鉄郡山駅」を目指すことに。なのに、切符売り場で「大和郡山駅」行きの切符を買おうとし、ずっと見つけられない村井。鉄道好きの“鉄子”としても活動する彼女が郡山を探せないのはポンコツすぎるし、関西人3人が「近鉄郡山駅」を知らないというのもスゴい話である。

 リーダー・村井の迷走は続く。第1チェックポイントの金魚すくいで、「人魚すくい」とよくわからない言い間違えをしたのはご愛嬌。しかし、原西に声を掛ける際、「原口さん!」と名前間違いを連発するのは看過できなかった。原口はFUJIWARAではなく、モノマネ芸人のほうである。しかも、原西がいちいち修正しないので、エンディングまで原口呼ばわりが続いたのは悲劇だった。アンジャッシュ・児嶋一哉でおなじみ、名前を間違えるギャグみたいになっていたのだ。

 名前を間違えている時点でチームワークなんて望めないし、「大和郡山」「人魚すくい」「原口さん」と、村井の口は滑りまくりだ。こんな感じで天然を連発しておきながら、張り切って仕切ろうとメンバーに発破をかけまくるから、チームは瓦解寸前。

 第2チェックポイントの山本園と最寄りの信楽駅の間には8キロメートルの距離があり、往復すると16キロメートルもの距離がある。往路か復路、どちらかをタクシー移動にするのも手なのだが……。

村井 「16キロ全部歩きはしんどいですか?」

原西 「いや、任せます。でも、その……」

貴島 「……」

 また、始まった。“軍曹”村井の暴走が、である。タクシー代の出費を気にする彼女の気持ちもわかるが、16キロなんてほとんどハーフマラソンだ。「お任せします」と言いながら「何を言ってるんや?」と、心の声が顔に書いてある原西。そして、内心ではキレていそうな貴島。このあたりで、原西は村井を見限っていそうな雰囲気さえあった。

 結果、やはり徒歩で往復することを決めた村井。通りすがりのコンビニで彼女がトイレへ向かうと、原西と貴島の間でいきなり悪口会議が始まったのは笑った。

貴島 「歩きのペースが速すぎて、ちょっとびっくりしてるんですけど(苦笑)。これで、(チェックポイントまで)2時間歩くんですもんね」

原西 「2時間半かかって、帰りも2時間半って言うけど、(合計で)5時間や! 普通に言ってはるけど。たぶん、タクシーやったら15~20分や」

貴島 「でも結局、(村井は復路も)『歩こう』って言い張ると思います」

 鬼の居ぬ間に愚痴が止まらない2人。どうも、鉄道チームは軍曹以外の2人の結束が強くなる傾向がある。村井は村井で、“やる気だけある無能な上司”というキャラを確立してしまっているし。

 さらに見ものは、各ミッションにおける鉄道チームの激弱っぷりだった。第2チェックポイントの抹茶グルメ値段当てクイズでは、あまりに正解を当てることができず、ついにはシンプルに「食べたい」という理由で「茶そば」を注文し始めた村井。開き直って晩飯モードに入り、ミッションに苦戦しながらご飯も食べるという裏技を仕掛けたのだ。

 結局、3人はミッションクリアまで1時間40分も山本園に滞在した。晩飯モードを隠さない鉄道チームだったが、普通に夕飯をいただくノリでもそこまで長時間にはならないはずである。

123

『バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅』“ポスト蛭子”フット岩尾の存在感を上回る村井美樹のポンコツっぷりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真