日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 2022大みそか特番視聴率戦争

紅白陥落、テレ朝『ザワつく!』の一人勝ち? 2022大みそか特番視聴率戦争

文=木村之男

紅白陥落、テレ朝『ザワつく!』の一人勝ち? 2022大みそか特番視聴率戦争の画像1
『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)テレビ朝日公式サイトより

 毎年、視聴率争いが大きな話題になる大晦日の番組ラインナップ。昨年は、長らく民放トップを独走し続けた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない』(日本テレビ系)の放送がなくなるアクシデントがあったが、2022年はいったいどのような争いが繰り広げられるのか。

 21年のデータを振り返ると、トップは安定の『NHK紅白歌合戦』。1部が31.5%、2部が34.3%(ビデオリサーチ、関東/以下同)と、ほかを圧倒したのは例年通りだったが、前年より6ポイントも下がっていた。

「一昨年の紅白は、嵐の活動休止、『鬼滅の刃』の主題歌が大ヒットしたLiSA、GReeeeNの登場、MISIAの初の大トリなど、見どころが盛りだくさん。コロナ禍で在宅率が高かったこともあって、“最低ライン”と言われた40%台を2年ぶりにクリアしました。しかし昨年は大ヒット曲が少なく、初出場組も中高年にはなじみが薄い歌手ばかりで、視聴率は大きくダウン。今年の春には打ち切り報道も飛び出し、今年は文字通り勝負の年となります。

 ただ、今年は昨年以上に大ヒット曲がなく、初出場組が中高年層にまったくなじみがないのも昨年と同じ状況。噂されていた中森明菜、松田聖子、吉田拓郎、SPEEDなども出演しない模様で、目玉に乏しい印象は否めません。常連組が選から漏れる一方、K-POP系のグループが5組もいるため、出演者発表時には一部の視聴者からブーイングがあり、『紅白見ない』がTwitterトレンドワードに上がる異常事態に。出場者のラインナップが若者向けすぎるという批判も噴出し、視聴率が史上最低だった昨年を下回る可能性は高いでしょう」(芸能誌記者)

 そうなると民放はチャンス到来だが、見通しは決して明るくない。

「『笑ってはいけない』で11年連続民放トップだった日本テレビですが、昨年放送されたお笑い番組『笑う大晦日』は、前年より10ポイント以上落として7.2%に終わり、首位陥落。今年も再びお笑い番組をやりますが、昨年と似たような内容ですし、『笑ってはいけない』シリーズのファンも今年はいよいよソッポを向きそうです。年末年始はお笑い番組だらけで新鮮味がまったくありませんしね。

 一方、TBSとフジテレビは、『THE鬼タイジ』と『逃走中』というバトル番組で勝負しますが、TBSは昨年同じ番組をやって3%台でしたし、『逃走中』は今年の元日に放送されて、こちらも4%台と惨敗。ターゲットもかぶりますし、揃って厳しい数字になりそう。

 こうなると一気に数字を伸ばしそうなのが、昨年民放トップに躍り出たテレビ朝日の『ザワつく!大晦日一茂良純ちさ子の会』です。こちらはレギュラー放送でも安定して12~13%を取る人気番組ですが、番組ターゲットは幅広く、民放だけでなく紅白からもかなり視聴者が流れてきそう。昨年の大みそかは12.1%でしたが、今年はさらに上がりそうです。また、テレビ東京の『年忘れにっぽんの歌』も毎年7%前後ですが、今年の紅白のラインナップを見ると、こちらを選ぶ人も多いのでは。いずれにせよ、テレ朝が民放トップを取るのは確定的です」(同上)

 今年度の数字次第では、紅白の打ち切り議論も一気に加速しそう。“絶対王者”が隠し玉を用意しているかが大きな見どころになりそうだ。

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2022/12/31 08:00

紅白陥落、テレ朝『ザワつく!』の一人勝ち? 2022大みそか特番視聴率戦争のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真