日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 門脇麦の日テレ水曜ドラマ、“既視感の嵐”

のだめ? 韓ドラ? 門脇麦×田中圭『リバーサルオーケストラ』は“既視感の嵐”を超えられるか

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

のだめ? 韓ドラ? 門脇麦×田中圭『リバーサルオーケストラ』は“既視感の嵐”を超えられるかの画像
ドラマ公式サイトより

 門脇麦が主演する日本テレビ系水曜ドラマ『リバーサルオーケストラ』が11日よりスタートした。元天才ヴァイオリニストと変人マエストロが地元のポンコツオーケストラを立て直すという“一発逆転の音楽エンターテインメント”を謳う同ドラマだが、先行きはあまり芳しくないようだ。

 『リバーサルオーケストラ』第1話の世帯平均視聴率は6.8%、個人視聴率は3.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。同枠のドラマで初回の世帯視聴率が7%台を切ったのはこの20年で史上初めて。水曜22時台の視聴率争いは、テレビ朝日の『報道ステーション』が世帯2ケタ台で圧勝しているほか、ネットでの反響も大きいTBSの『水曜日のダウンタウン』などの強豪が並び、日本テレビの水曜ドラマは、2021年7月期の『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』を除いて、この2年以上も世帯視聴率の全話平均ひとケタの作品が続いている。

 それでも『ハコヅメ』のようなヒットや、2021年12月度ギャラクシー賞月間賞に輝くなど高い評価を集めた『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』といった作品も生まれており、門脇麦の民放ゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演となる『リバーサルオーケストラ』にも期待は寄せられていた。

 だが、そのあらすじや設定から、放送前から“作品の類似”が指摘されるという“逆風”が吹いた。『リバーサルオーケストラ』は、『最愛』『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)などを奥寺佐渡子と共同で手がけてきた清水友佳子単独脚本のオリジナル作品だが、人気マンガの実写化作品となったフジテレビ系月9ドラマ『のだめカンタービレ』(2006年)や、韓国ドラマ『ベートーベン・ウィルス』(2008年)などの名を挙げて、“パクリではないか”などと騒がれたのだ。

 完璧主義のエリート指揮者と天才演奏家の組み合わせという点では『のだめカンタービレ』、市職員が傲岸不遜な指揮者とオーケストラ立て直しを図るという点では『ベートーベン・ウィルス』と似ていると言えなくもない。が、この手の“オーケストラ再建モノ”は多く存在し、人によっては、松坂桃李演じるヴァイオリニストと西田敏行演じる指揮者がメインの映画『マエストロ!』(2015年)などを思い出す向きもいる。また、オーケストラに限らなければこうした“一発逆転の音楽エンターテインメント”はさらに数が多く、ある種の定番といえる。『リバーサルオーケストラ』は、『のだめ』とも『ベートーベン・ウィルス』とも『マエストロ!』とも設定や展開が異なり、あらすじだけを見てパクリと言うのはお門違いだろう。

 だが、初回放送を見るかぎり、そのストーリー展開は既視感が強い。主人公・谷岡初音(門脇麦)はかつては神童の名を欲しいままにしていた天才ヴァイオリニストであるものの、10年前の出来事をきっかけに表舞台を去り、地元の広報広聴課の職員として働きながら、ヴァイオリン教室でこっそり指導している。妹の奏奈(恒松祐里)は姉がヴァイオリンを辞めた原因が自分の持病にあったことに責任を感じており、また演奏してほしいとの思いを抱いていたことを知って、初音はふたたびヴァイオリン演奏に向き合うことに。その初音をポンコツオーケストラのコンマスに抜擢する常葉朝陽(田中圭)はドイツで指揮者として活動していたが、市長である父親・常葉修介(生瀬勝久)に母親が倒れたと騙される形で帰国、地元オーケストラの再建をなかば強引に引き受けさせられる。地元オーケストラの楽団員は遅刻したり、パート譜を忘れたりとやる気がなくのほほんとしており、実力も「最低」だが、しかし弾く音は「悪くない」というところから再建は始まり……。

 正直言ってストーリーは“既視感の嵐”であり、相当にベタとも言えるが、見どころはやはり演奏シーンだ。俳優陣はそれぞれ演奏や指揮の練習を何カ月もして準備を進めており、第1話の終盤、初音と音を合わせていく場面は音楽ドラマならではの快感があった。楽団員たちを演じるのは、瀧内公美、坂東龍汰、濱田マリ、平田満、前野朋哉ら。ドラマの脇を固めるほかのキャストも、永山絢斗、恒松祐里、岡部たかし、津田健次郎、原日出子、生瀬勝久、石野真子、 奥貫薫、利重剛など実力派ぞろい。最後の門脇麦と恒松祐里の姉妹の言い争う場面も、いいシーンだった。演奏シーン以外でも“見せる”ドラマでもある。

 視聴率だけでなくTVerのお気に入り登録者数も伸び悩んでおり、TVer総合ランキングでもふるわないなど、いまひとつ話題に欠ける『リバーサルオーケストラ』だが、今後の展開によっては“化ける”可能性もある。ドラマ自体も“一発逆転”劇があることを期待したいが、はたして……。

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

最終更新:2023/01/18 19:00

のだめ? 韓ドラ? 門脇麦×田中圭『リバーサルオーケストラ』は“既視感の嵐”を超えられるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真