日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『スッキリ』打ち切り&後番組MCの裏事情

『スッキリ』打ち切り&後番組MCがヒロミじゃなくて山里亮太になった裏事情

文=今井良介(いまい・りょうすけ)

『スッキリ』打ち切り&後番組MCがヒロミじゃなくて山里亮太になった裏事情の画像1
番組公式サイトより

 17年続いた『スッキリ』終了まで、あと2カ月ちょっと。その後番組のMCを任されたのは、“天の声”として出演してきた南海キャンディーズ・山里亮太だ。ついに“声”のみの出役から、地上に降り立つことになる。新番組のタイトルは『DayDay.』だという。

 そもそも『スッキリ』はなぜ終わるのだろうか。打ち切りに追い込まれる事情とは?

 「複合的な理由が考えられます。まずは視聴率の低下。1月10日の同番組の視聴率は、8時から9時半までの第1部は世帯5.1%、個人2.8%。9時半から10時25分までの2部は世帯3.4%、個人1.8%。ちなみに裏の『ラヴィット!』は世帯2.9%、個人1.6%と、さほど変わらない数字になっています。『ラヴィット!』も当初から喧伝されている割には決して良くはないのですが、対外的な評価も込みで、議論の対象外になっているところが強い。

 一方『スッキリ』はMCの加藤浩次が闇営業騒動で吉本興業への反発を強め、加藤節を炸裂させるなど、どこか英雄視される部分もありましたが、結局は吉本との契約を解かれるなど後ろ盾を失い、いつ番組を降ろされてもおかしくない状況だった。

 そこに、例のアイヌ騒動がありました。『スッキリ』は加藤の咆哮とは正反対に、VTRも日テレらしく精度の高いものが作られるなど信頼度が高かったのですが、そうしたダブルチェック、トリプルチェックが肝だったところに差別的な表現が問題視されたことは致命的でした。2部は一時期、NiziUを生み出す『Nizi Project』で視聴率も上向きでしたが、それも落ち着いた今、視聴率は下落しています」(テレビ業界関係者)

 もはや、打ち切りはやむなしといったところだったのだろうか。

 「『スッキリ』としては続けたいところでした。10月からはスタジオのセットも一部リニューアルし、東京スカパラダイスオーケストラが新しい番組テーマソングを作曲したばかりでした。しかし、日テレの場合、打ち切りの大号令は意外といきなり来ますからね。スタッフや現場は大混乱だったことでしょう。ただ、そもそも新しくテーマソングを作るところに、すでに番組の疲弊化の芽があるわけですが……」(同)

 そして、気がかりなのがヒロミの処遇だ。現在、後番組のMCは山里と日テレの黒田みゆアナウンサーと発表されており、もう一人は今後発表されるという。すでにヒロミがMCに就任と確定情報のように伝える媒体もあったが……。

 「司会としてのキャリアも豊富で、『有吉ゼミ』『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』で日テレとの関係も良好、さらに『スッキリ』の火曜コメンテーターと、引き継ぐには十分すぎるほどの材料があった。ただし、極力コストカット、シェイプしたい日テレとしては、加藤と同等、もしくはそれ以上の条件を欲するヒロミを担ぎ出すことは到底できないはず。

 ただし、山里も、打ち切り報道が飛び出した11月当初、東野幸治との会食の席で『ネットニュースはいい加減ですよ~』『何回スッキリが終わるっていうデマのネットニュースが流れるんですか!?』と語るなど、真に受けていなかったことからみると、後任選びが難航し、彼に“お鉢”が回ってきた可能性もある。そこにヒロミの名前も候補にはあったのかもしれませんが……」(同)

 ただ、ヒロミとワイドショーの相性は意外に悪いという。

 「『スッキリ』や『ワイドナショー』、またかつて出ていた『バイキングMORE』を見てもわかりますが、コメンテーターとしてポイントで置く分にはいいのですが、いかんせん語彙力がないため、実は主張が伝わりにくいところがあった。そのため、選ばれなくてよかったのでは」(同)

 だが、その意味では、誰が後任になろうと叩かれるのは目に見えている。時事や経済、外交、生活情報と幅広いジャンルを扱う番組に、ほぼ初めて真正面から挑む山里も、これから試練の時を迎えるかもしれない。果たしてどうなるのか。

今井良介(いまい・りょうすけ)

1978年生まれ。大学卒業後、放送作家の道へ。情報番組や音楽番組、ワイドショーも担当。現場感覚を生かしてライターとしても活動。明太子好き。

最終更新:2023/01/23 07:00

『スッキリ』打ち切り&後番組MCがヒロミじゃなくて山里亮太になった裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真