日刊サイゾー トップ  > 『舞いあがれ!』変化できずにいる人たち
朝ドラWATCHコラム『舞いあがれ!』第18週

『舞いあがれ!』久留美、貴司、そして悠人の幸せな“変化”を期待したい(第18週)

文=渡辺裕子(イラストレーター/コラムニスト)

『舞いあがれ!』久留美、貴司、そして悠人の幸せな“変化”を期待したい(第18週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 舞ちゃん(福原遥)とめぐみさん(永作博美)による、前社長の浩太さん(高橋克典)の夢を実現させる試みは、叶わなかった。サンプルの品質試験には合格したけれど本発注は取れず、航空機部品作りに特化しないかという誘いも断ることに。けれど自動車部品の発注をゲットできたので、IWAKURAはこの先も見通しは明るく、舞ちゃんもめぐみさんも喜んでいる。ひとつの夢を諦めても、変化を受け入れて前へと進めるふたりは幸せそう。そんな幸せな主人公たちの周りで、変化できずにいる人たちの辛さが逆に浮かび上がるような週でした。

 久留美ちゃん(山下美月)は、付き合っていた八神(中川大輔)からダイヤの指輪を贈られ婚約できて幸せと思いきや、主に父親が理由で破局。貴司くん(赤楚衛二)は、短歌の大きな賞をとって出版も決まってよかったと思いきや、担当編集者に見た目についていろいろ言われて複雑な顔。2人とも、変化の手前で立ち止まっている。

 でも、久留美ちゃんに関しては、八神とは別れて正解だと思うんですよねえ。八神、舞ちゃんに「若い医者を紹介します」とか、うめづを「こんなところ」って言ったりとか、「お父さんさえちゃんとしてくれたら」「久留美ちゃん、今のままやったら不幸なまんまやんか」とか……言葉のひとつひとつに、「下々の人たちに優しくしてあげたい!」みたいな、恵まれて育ったことに無自覚な人特有の、無邪気な見下しの匂いがする。柏木も同じ匂いがしていて、あのまま付き合ったら舞ちゃんが受けるはずだった「身分違いの恋」的な朝ドラ主人公っぽい試練を、久留美ちゃんが代わりに引き受けてしまったような流れ。しかし無自覚見下し夫だけでなく、あのキツいお母さんと結婚をやめろと説得してくるお父さんが義理の親になるなんて、つらいこと多めの朝ドラでもあまりないような、不幸てんこ盛り人生すぎませんか。朝から見るにはちょっとヘビーだし、八神とは別れてよかったと心から思うけれど、それとは別に「お父さんがちゃんとしてくれないと久留美ちゃんが不幸なまんま」という彼の発言が間違いじゃないのがまた困る。お父さんはラグビー選手を辞めてずいぶん経つのにまだアルバイト、せめて家事はやってるのかと思ったら、脱ぎ散らかした服を片付けるのも朝食を作るのも看護師として忙しい久留美ちゃんって、意味がわからない。久留美ちゃんは、金持ちの医者の妻でもお父さんを世話し続けるいい娘でもなく、自分自身として幸せに生きる人生を選んでほしい。そういう変化をしてくれないかなあ。

 もう1人の変われない人、貴司くん。「歌集売りたいなら、作者の顔が大事よ?」と編集者に言われて黙ってしまう、その気持ちはわかる。わかるけれど、多くの人に彼の歌を届けたい、そのためのベストな方法を選ぼうとする編集者も正しいと思う。お互いの気持ちをすり合わせて、ちょっとだけ変化して、ちょうどいいところを探せたらいいんですけどね。あと、貴司くんはあのふんわりした雰囲気のままでも、超すてきな歌人として人気が出ると思うんですけどね。

 この週、「IWAKURAのライバル会社社員」「貴司くんの編集者」「八神とその母」など、あまりにわかりやすく「悪い人たち」が配置されてしまったことに少しモヤモヤしました。「受注を目指して一生懸命なライバル会社」「良い本を多くの人に届けたい編集者」「息子が心配な母」でもよかったんじゃないかなあ。誰も悪くないからうまくいかないってことのほうが現実では多くないですか。久留美ちゃんの不幸は、お父さんが彼なりに「娘のために」と思っているから起きている。すべての不幸せが悪人のせいなら、もっと世の中はシンプルだと思う。そんな中でもはっきりと悪いことをしたと報道されている悠人(横山裕)、本当にインサイダー取引をしてしまったのか、このまま逮捕されてしまうのか。お兄ちゃんがいろんな後悔を乗り越えて笑ってくれる、彼のそんな変化をいちばん待ち望んでいます。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:福原遥、高橋克典、永作博美、横山裕、高畑淳子、赤楚衛二、山下美月、山口智充、くわばたりえほか
作:桑原亮⼦、嶋田うれ葉、佃良太
音楽:富貴晴美
主題歌:back number「アイラブユー」
語り:さだまさし
制作統括:熊野律時、管原浩
演出:田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐
プロデューサー:上杉忠嗣、三鬼一希、結城崇史
広報プロデューサー:堀之内礼二郎、齋藤明日香
制作:NHK
公式サイト:nhk.or.jp/maiagare

渡辺裕子(イラストレーター/コラムニスト)

渡辺裕子(イラストレーター/コラムニスト)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

最終更新:2023/02/10 16:50

『舞いあがれ!』久留美、貴司、そして悠人の幸せな“変化”を期待したい(第18週)のページです。日刊サイゾーエンタメ最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

WBC、日本優勝!舞台裏の珍プレー

WBCで日本が優勝!選手たちの交流やメディアの舞台裏をレポート
写真
特集

Da-iCE・工藤大輝が語る宇多田ヒカル

 1998年末に15歳の若さでデビューし、翌年1stアルバム『First Love』を700万枚以上売り上げるという前代未聞のマイルストーンを打ち...…
写真
人気連載

松山ケンイチと長澤まさみの演技バトル

 高齢者たちを狙った連続殺人鬼と、法の番人で...…
写真
UPCOMING

「#ミツキご飯」が話題のモデル、椎名美月のおもてなしの極意

 アップカミングなあの人をサイゾーがピックアップしてインタビューする連載「あぷ噛む」。第2回は、モデルの椎名美月にインタビュー。手料理をインスタ(...…
写真