日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 『舞いあがれ!』さまざまな繋がりに胸熱
朝ドラWATCHコラム『舞いあがれ!』第21週

『舞いあがれ!』ネジのように、バラバラのものも繋がれていく(第21週)

『舞いあがれ!』ネジのように、バラバラのものも繋がれていく(第21週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 「私たち、ただの幼なじみです」の位置からずっと動けなかった舞ちゃん(福原遥)と貴司(赤楚衛二)がやっと「恋人」になったのが前の週の金曜日。これからラブラブ恋人時代を見せてもらえるのね……と思ってたら、月曜の朝にはすでに結婚式が終わってこれからパーティーでびっくり。幼なじみが恋人になるまでの時間と、そこから夫婦になるまでの時間の長さが違いすぎる! わかるけど! お互いのことを知りまくってるから準備期間はいらない、もうさっさと結婚しちゃおうって気持ちわかるけど!と、文句を言いつつも。浩太さん(高橋克典)の写真に手を合わせるふたりの美しさ、手を握りあう姿の初々しさ、指切り、色違いエプロンなど、もう全部が可愛らしくて、末永くお幸せにとしか言いようがないです、おめでとうございます。

 ウエディングパーティーで、ゲストとしてやってきた懐かしい人たちが見られたのも楽しかった。なにわバードマンの由良先輩(吉谷彩子)と航空学校の倫子さん(山崎紘菜)、このふたり絶対気が合うはずだと思ったらやっぱりパーティーで意気投合。由良先輩がパイロットになっていることがわかってうれしかったなあ。そしてふたりとも相変わらず、舞ちゃんの世話を焼きたがる。幸せそうな新婚さんを見ると「自分たちもあんなふうに」と背中を押されがちですよね。一太(若林元太)も、いつのまにか山田さん(大浦千佳)も、そして久留美ちゃんのお父さんの佳晴さん(松尾諭)までも幸せな未来が待っていそうな雰囲気。

 そんな幸せあふれる会場に、入りづらそうにしていた悠人(横山裕)を連れてきたのは佳晴さん。このふたり、お金を稼ぐ才能については正反対だけど、挫折を味わったという共通点でなんとなくつながっている。久留美ちゃん(山下美月)と悠人が、公園でふたり語りあうシーンもよかった。幼なじみのふたりの結婚がうれしいけどさみしい久留美ちゃんと、これからどうしたらいいかわからない悠人。お互い、素直な気持ちを話せる唯一の相手なこと、早く自覚したらいいのにねえ。

 岩倉家を二世帯住宅にリフォームしたから、表札は「梅津岩倉」。それを見て「うめづいわくらや」と微笑む貴司の父・勝さん(山口智充)にもぐっときましたね。浩太さんの工場が一番大変な時期に、ダメだったら一緒にお好み焼き屋をやろうと冗談で言っていたコンビ名「うめづいわくら」、それを貴司と舞ちゃんが叶えてくれた。浩太さんを失ったことで切れたように見えた幼なじみの縁だけど、勝さんの息子と浩太さんの娘が家族になったから、これからもずっと続いていく。めぐみさん(永作博美)と祥子さん(高畑淳子)が、式もパーティーも無事に終えてお湯割りを前に泣き笑いするところでも、もらい泣き。めぐみさんの結婚を祝福されなかった・しなかった後悔が、今日の結婚を心から祝福したことですべて消えたのかも。一度は切れかけた母娘の縁、また繋がってよかった。

 途切れたように見えて、続いていく繋がり。なにわバードマンもそうでしたね。かつて空さん(新名基浩)が語った「ターミガン号を作った安川先輩」と舞ちゃんがこんなふうに出会うなんて、びっくり。安川さん(駿河太郎)が名刺にターミガン号のイラストをつけるほどずっと飛行機が好きだったから、そして舞ちゃんも飛行機を好きなままだったから、繋がれた。さらに渥美さん(松尾鯉太郎)まで再登場、なんと大学の准教授とは。こうしてみると、舞ちゃんが今作り続けているのが「ネジ」なことも、意味があるように思えてきます。バラバラのものを繋ぐためにあるんですよね、ネジって。

 なにわバードマンのOB・OGの登場で、ここからまた飛行機っぽい話になるのかなと思っていたら、予告で「舞ちゃんが起業」なんてセリフが聞こえて、やっぱりまだまだ飛びそうにない。他の人たちを盛り立てて「舞いあがれー」と全力で応援する、それは舞ちゃんの長所ではあるけれど、飛行機ともずっと繋がり続けていてほしいなあ、いつか飛び立てるのかなあ。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:福原遥、高橋克典、永作博美、横山裕、高畑淳子、赤楚衛二、山下美月、山口智充、くわばたりえほか
作:桑原亮⼦、嶋田うれ葉、佃良太
音楽:富貴晴美
主題歌:back number「アイラブユー」
語り:さだまさし
制作統括:熊野律時、管原浩
演出:田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐
プロデューサー:上杉忠嗣、三鬼一希、結城崇史
広報プロデューサー:堀之内礼二郎、齋藤明日香
制作:NHK
公式サイト:nhk.or.jp/maiagare

渡辺裕子(イラストレーター/コラムニスト)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

わたなべひろこ

最終更新:2023/02/27 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真