日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 秋元真夏の人柄
乃木坂46 "11th YEAR BIRTHDAY LIVE"ファイナルレポ

秋元真夏”抜けてるけど締める所は締めるけどやっぱ抜けてる”キャプテンを全う

文=庄村聡泰(コラムニスト・スタイリスト)

秋元真夏抜けてるけど締める所は締めるけどやっぱ抜けてるキャプテンを全うの画像1
「乃木坂46 11th YEAR BIRTHDAY LIVE」公式サイトより

 秋元真夏様、この度はご卒業、本当におめでとうございます。

 乃木坂46 “11th YEAR BIRTHDAY LIVE”ファイナルとなる5日目は初代キャプテン桜井玲香からバトンを受け継ぐ形で2019年8月14日よりおよそ3年半、グループの2代目キャプテンを務めた”秋元真夏卒業コンサート”である。

※「乃木坂46 真夏の全国ツアー2022」ファイナルのレビュー
 

   

 そしてこれにてショウムライターことおっさんのバスラレポは4本目となり、めでたく(めでたいのは勿論おっさんの頭である)昨年の全ツファイナル計3本を上回る記事数となったのだが何故に、4日目の3期生ライブのみ記事が抜けているかと申し上げると別現場で友人であり先輩であるドラマー松下マサナオの”Masa Matsushita THE BIG 40 HBD LIVE PARTY”のDJ(という名目ながら俺がやった事は、無音で30分弱喋る中でコーヒーを床にこぼしてジュリーをアカペラで歌っただけ)出演と言う言わばバスラ被りで観れんかったのであるというどうでもいい文章は読まなくてもいいです。

 衣装替えやセットチェンジが頻繁に行われる乃木坂46のライブではその日の為の撮り下ろし映像などもふんだんに使われる事で幕間が全く幕間ではなく、そこに声の出演として参加する面々がそらまあとんでもねえ御仁である事が通例、楽しみとしてあるのだが、今宵の声の主は『SPY×FAMILY』のアーニャ(個人的にはジョジョ6部のエンポリオ少年)で著名な、声優の種﨑敦美だ。

 正にアーニャの声で開幕の合図が告げられると「Overture」を経て「ぐるぐるカーテン」「おいでシャンプー」「走れ!Bicycle」と1stから3rdまでのシングル表題曲を続け様に披露。

……ではあるもののグループデビュー決定直後に学業優先の為、上記シングルの活動に秋元真夏は参加する事が出来ずと言う経緯がありある種、過去へケリをつけるという意味合い(と、おっさんは解釈した)での選曲であった事が語られる。からの自身の乃木坂46デビュー曲とも言える「制服のマネキン」という冒頭の流れがやっぱどう考えても仁義(過去記事参照)。

 真夏姉さん流石っす超カッケェすいつもと何か違うっすな冒頭に続くMCでは早速、山下美月が”よく転ぶアイドル”としての秋元をイジり、こちらが結果ライブ終盤への伏線となるのだがそちらは後述。

 単独インタビュー風の映像(にも関わらず何故か後ろでカマキリが見切れている…?)に続く期別曲ブロックでは、自身の推しである筒井あやめセンター曲である「ジャンピングジョーカーフラッシュ」を選出するという職権濫用を見せつけたかと思えば、3期楽曲「僕の衝動」ではセンター伊藤理々杏より”本気のダンス、お願いします!”と最早、自虐ネタとして自ら取り扱うまでになったダンスを無茶振られた上に当曲ラストのキメ顔パートも任された……かと思いきや、最終的に”そんなんじゃまだまだ!”と言わんばかりの伊藤(絶対的本家本元)の介入を許すという”普段は抜けてる所もあるし締める所は締めるけどやっぱ抜けてる”という秋元真夏なりのキャプテン像を貫いてみせる。

 この秋元の人柄がどれだけの局面を笑顔にして来た事なのだろう。その功績は部外者でありただのファンであるおっさんには無論到底計り知れない事なのであるが、きっと恐らく、いや絶対に、そうなのだろう。

 ここからはユニット曲のブロック。1曲ごとに映像が挟まれるというテンポ感無視の展開は”1曲ずつ衣装替えがしたい”という本人の希望だそう。うむ、真夏姉さんの好きにやっておくれよ。アタシ等はそれを観に来たんだよ。

 そんな中”年長メンバーがカッコ良く歌っていたので自分も最後にカッコ良くやりたかった”としてシリアスな「魚たちのLOVE SONG」が選曲されたのだが、これがまさかの魚の着ぐるみ姿(山下に至ってはタコであったが)で行われるというシュールかつ実は、2019年全国ツアーの再演というファンには熱いネタ。だけでは終わらず、曲後半では先日放送された『乃木坂工事中』(テレビ東京系)「B級ニュース大賞」にて見事、受賞と爆笑(学生証の写真がカマキリ)を掻っ攫った黒見明香がカマキリの着ぐるみで乱入。期別曲前の映像を鮮やかに回収したのであった。サイコーでした。

12

秋元真夏”抜けてるけど締める所は締めるけどやっぱ抜けてる”キャプテンを全うのページです。日刊サイゾーエンタメ最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

WBC、日本優勝!舞台裏の珍プレー

WBCで日本が優勝!選手たちの交流やメディアの舞台裏をレポート
写真
特集

Da-iCE・工藤大輝が語る宇多田ヒカル

 1998年末に15歳の若さでデビューし、翌年1stアルバム『First Love』を700万枚以上売り上げるという前代未聞のマイルストーンを打ち...…
写真
人気連載

松山ケンイチと長澤まさみの演技バトル

 高齢者たちを狙った連続殺人鬼と、法の番人で...…
写真
UPCOMING

「#ミツキご飯」が話題のモデル、椎名美月のおもてなしの極意

 アップカミングなあの人をサイゾーがピックアップしてインタビューする連載「あぷ噛む」。第2回は、モデルの椎名美月にインタビュー。手料理をインスタ(...…
写真