日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > TBS、WBC中継にイチロー担ぎ上げ失敗か

TBS、イチローにフラれた? WBC中継に引っ張り出したかったものの失敗したワケ

TBS、イチローにフラれた? WBC中継に引っ張り出したかったものの失敗したワケの画像
イチロー(写真/Getty Images)

 大谷翔平など4人のメジャーリーグ選手が参加し盛り上がってきた野球の世界一決定戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」に。過去の大会は高視聴率を取っただけに、今回中継するTBSも気合を入れてキャスティングに走ったが、ある人物にフラれたという。

 TBSは、「侍ジャパンシリーズ」と題した強化試合1試合を含めて、準決勝まで4試合を中継する。

「WBCの中継放映権は、地上波ではTBSのほかにテレビ朝日が、そして今回プライム・ビデオで初めて生配信するAmazonの3社が購入しました。野球コンテンツは視聴率が低下したといわれて久しいですが、2月下旬に土日のデーゲームで行われたソフトバンクとの壮行試合はTBS・テレビ朝日ともに関東地区の平均世帯視聴率は7%前後を記録。瞬間的には8%台まで上がった。まだ大谷やダルビッシュ有も試合に出ていないなかでの好発進に、『今回も高い視聴率をマークできるのではないか』との期待感もある」(広告代理店関係者)

 これだけ高視聴率を見込めるスポーツコンテンツなら飛び切りの出演者を揃えたいのがテレビマンの習性というもの。TBSが極秘に交渉にあたっていたものの、失敗に終わったという人物が判明した。

「WBC第1回・第2回大会で活躍したイチロー氏ですよ。今は現役を引退し米マリナーズのフロントの一員としての肩書を持ちながらオフになると帰国して近年は高校野球指導に力を入れている。野球人口が減っていることを誰よりも危惧しており、今後もプロ野球の監督などには一切就くことがなく、野球普及活動に専念するようです」(同局関係者)

 TBSはイチローを引っ張り出すためにあの手この手を尽くしたという。

「同局のドキュメンタリー番組『バース・デイ』では、智弁和歌山や國學院久我山に密着するという形でイチロー氏の高校野球の特別指導をたびたび追ってきましたし、今年の1月にもスポーツニュース番組『S☆1』の新春スペシャルで改めて高校野球の特別指導の模様を見せ、独占インタビューの獲得に成功。イチロー氏の草野球チーム『KOBE CHIBEN』と高校野球女子選抜チームの試合の生中継も行うなど厚待遇でしたが、それもこれも、すべてはWBC中継にイチロー氏を引っ張り出すため。

 ところが、KOBE CHIBENの試合は、TBSスポーツのYouTubeチャンネルでの生中継に続き、東京ドームで行われた試合もBS-TBSでの放送となった。イチロー氏サイドは野球の普及のためには地上波テレビ中継は必須と何度も懇願したのに、局の編成サイドが『全国ネットなんかで数字が取れない』と却下してしまったようで、イチロー氏がスポンサーを次々と獲得して黒字になったのに、地上波中継をやらなかったことがきっかけでWBC解説出演の交渉は破談となったようだ」(同局関係者)

 それでも、初戦となる9日にはWBC監督経験者の巨人・原辰徳監督をゲスト解説に呼ぶ意地を見せたTBSだが、逃した魚はあまりにも大きかったのかもしれない。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2023/03/10 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed