日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > WBC中継で中居正広に起きている異変

WBC中継で中居正広に起きている異変…冴えない表情に体調を不安視する関係者続出

WBC中継で中居正広に起きている異変…冴えない表情に体調を不安視する関係者続出の画像1
中居正広

 昨夏、体調不良で断続的に芸能活動をストップしていたタレント・中居正広。3月に入って野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)関連の仕事で球場に姿を見せて本格的に仕事復帰したのはいいが、どうも表情は冴えない。

 中居は昨年7月、急性虫垂炎で入院したことをきっかけに体調が思わしくない期間が続いた。まともに再開したのは今年1月に入ってからで、次々とレギュラー番組に復帰。だが、本人の趣味でもあるプロ野球関連の仕事ですら現場に顔を出すことはなかった。

 「2月17日から27日まで宮崎市内で行われたWBC日本代表のキャンプに本来は連日、取材に訪れる計画をしていましたが、本人の体調が万全でないことを理由にこれをスルー。それでも中継局のテレビ朝日、TBSの取材があるため青島のチーム宿舎に出向いてインタビュー収録を行いました」(TBS関係者)

 その後、名古屋、大阪での日本のプロ野球チームとの実戦現場にも中居の姿はなく、一時は「本当にWBC中継の仕事をできるのか」と不安視する関係者が続出した。しかし、3月9日からのWBC本番になると、ようやく侍ジャパンベンチ前に姿を見せて、練習終わりに引き上げてくる選手を次々と取材した。

 「手には分厚いノートを常に持っており、ボールペンで選手から直接聞いた話をすぐさまメモしています。日本野球機構の“侍ジャパン公認サポーター”としての仕事ではあるが、他のマスコミと同じく取材エリアは決まっており、特別扱いはできない。テレビ側の計らいでベンチに一番近いカメラマン席に立たせてもらって、自ら選手を呼び止めて話を聞く姿はまさに番記者と同じ動きです」

 しかしながら、その表情はあまりよくないと見ている関係者は多い。

 「覇気がないし、頭はボサボサなこともある。昼間なのにオレンジ色のサングラスをかけて取材をしている。顔色があまりよくないのを悟られたくないのが遠目からもひしひしと伝わってきます。取材が終わるとすぐさまベンチ裏の控え室に入って体を休めており、以前のように大会関係者と楽しく話をする様子もない。かなり無理をして仕事をしている印象がある」

 侍ジャパンは準決勝に進出し、試合はアメリカ・マイアミで行われるため、中居も緊急渡米して中継に参加する予定。「WBCが終わったら燃え尽きてしまい、体調が悪化しないか。それだけが本当に心配です」と前出関係者は気を揉んでいる。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2023/03/19 13:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed