日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『罠の戦争』ミイラ取りがミイラに

『罠の戦争』権力という“魔物”に魅了された鷲津は「四面楚歌」で目を覚ますか

『罠の戦争』権力という“魔物”に魅了された鷲津は「四面楚歌」で目を覚ますかの画像
FOD配信ページより

 まさに「四面楚歌」だ。弱者を救おうとするひたむきな姿勢で、周囲を味方へと巻き込んできた鷲津亨(草彅剛)。だが代議士としての権力を手にし、復讐という大義名分のもとにその力をふるい続けた結果、憎んでいたはずの「腐敗した権力」そのものに自らが変わってしまった。鷲津を取り巻く状況は、その魔力に溺れた末に招いた危機であり、視聴者としては、鷲津ではなく、彼に無下に扱われる周囲の人たちに同情してしまう。3月20日に放送されたカンテレ制作・フジテレビ系列放送の月10ドラマ『罠の戦争』の第10話を見終えた後の率直な感想だ。そして、その同情が、クライマックスで正体を明らかにした怪文書の犯人にも向けられたのは、言うまでもない。

 息子・泰生(白鳥晴都)が歩道橋から突き落とされて意識不明の重体となった事件の真相を追うなかで、議員秘書の立場から、注目の若手議員へと出世した鷲津。事件の犯人が、厚生労働大臣・鴨井ゆう子(片平なぎさ)の息子である文哉(味方良介)であり、事件の隠蔽を指示したのが民政党幹事長・鶴巻憲一(岸部一徳)であることを突き止めた鷲津は、文哉の出頭と鴨井の議員辞職、さらには鶴巻の幹事長辞任まで果たし、復讐劇は終わったかに見えた。だが、総理補佐官へと昇進した鷲津は、さらなる力を手に入れようとする。そんな鷲津に対し、逆風が吹き始めた。

 鷲津がパワハラ問題を起こした自分の支援者を守るために週刊誌の記事を握りつぶした件を暴露する怪文書が出回り始め、鶴巻は自分の息のかかった蛭谷敦夫(小野了)が幹事長になったことで政界への影響力はいまだ健在。第10話の鷲津は、代議士としての活動そっちのけで、鶴巻の完全排除、怪文書の犯人捜しに奔走する。

 内閣総理大臣・竜崎始(高橋克典)から、厚生労働大臣への昇格も期待できる副大臣のポストが間もなく空きそうだとチラつかされた鷲津は、鶴巻潰しに躍起に。週刊誌記者の熊谷由貴(宮澤エマ)が以前に鶴巻とゼネコンの癒着を暴く記事が潰されたと話していたことを思い出し、熊谷に話を聞きに行くが、パワハラ記事を握りつぶした鷲津に「帰って」と熊谷は冷たくあしらう。だが熊谷は、鷲津の秘書・蛍原梨恵(小野花梨)に鶴巻の汚職事件の資料を預ける。熊谷に協力を依頼したのは、鷲津の親友で、民政党副幹事長の鷹野聡史(小澤征悦)だった。これで鶴巻を永田町から追い出しても、また鷲津が出世するだけではと鷹野の意図が理解できないと熊谷は言うが、鷹野は「この世界そんな単純でもないけどね」と笑う。

 熊谷が教えたのは、九州の空港建設にともなう汚職疑惑だった。国税局の友人も利用し、鶴巻が利権で手にした億単位の隠し金の証拠を掴んだ鷲津は、鶴巻の尻尾を掴んだと意気揚々と竜崎のもとに向かう。証拠を提供するのを引き換えに「私に力を下さいませんか」と交渉する鷲津。竜崎がちらつかせた厚生労働大臣のポストを確約するよう求めたのだ。「ひと晩、預からせてくれ」と答えを保留した竜崎だったが、翌日鷲津の目に飛び込んだのは、鶴巻の引退発表。華々しく挨拶した鶴巻には盛大な拍手が送られ、「これで引退しても影響力は残る」と、鷹野は鶴巻の目論見を見破る。

 そして鷲津は、鶴巻に呼び出される。そこで聞かされたのは鶴巻の勝利宣言。鷲津はやり過ぎたのだ。竜崎は、最近の鷲津は「ちょっと調子に乗り過ぎ」と切り捨て、鶴巻の最大の弱点を握ったまま、いつでも利用できるように鶴巻の影響力が残る形で事を収めることを選んだ。「今後これを表に出すということは、私だけじゃない、総理も敵に回すということだ」と、汚職事件の暴露を止められた鷲津。鷲津の持っているネタは鶴巻派を追い落とすだけに留まらず、与党である民政党そのものに大打撃を与えかねない。そして政界のフィクサーとして「秩序を守ってきた」鶴巻の力を、竜崎も評価していたのだった。

 今後も裏から政治に関わるという鶴巻に、鷲津は「そうやってあなた方は、いつも権力にしがみついて……」と怒りを見せるが、鶴巻は「同じだろ? 君だって」と喝破する。「気持ちいいだろ? 力を使って誰かを救うのって。そうなんだよ。気持ちいいんだ。誰かのために善を成す。でもそのためにはもっと力が必要になる。いくつかの善を重ねるうちに、いつかそれが悪と呼ばれるようになる。……君もすっかりとらわれてるんじゃないのか? 権力という魔物に」という鶴巻の持論に、鷲津は何も言葉を返せない。自分が鶴巻のような政治家になっていると認められない鷲津は、竜崎に「どうしてですか?」と食い入るが、無視されてしまった。

 官邸への出入りも控えるよう言い渡された鷲津。そこに、鶴巻の引退によってふたたび秘書の職を失ったかつての同僚・虻川勝次(田口浩正)が現れる。虻川は鷲津が職を失うのも時間の問題だといい、怪文書の犯人では自分ではないと教える。「鷲津亨を狙っているのは俺や鶴巻さんだけじゃねえってことだよ」との通告どおり、鶴巻の引退後も怪文書はさらに送られ続けた。「この程度も処理できないようじゃ……」と竜崎に説教され、このままでは総理補佐官からも外されると危機感を覚えた鷲津は、犯人探しにますます躍起になり、蛍原までも疑ってしまう。身内までも疑い始めた鷲津を見るに見かね、犯人は自ら正体を明かすことに。やはり犯人は秘書の蛯沢眞人(杉野遥亮)だった。

 前回記事でも言及したが、蛯沢は、亡くなった兄の陳情を担当し、放置したのが鷲津であるに気づいたのだった。それでも、「弱い側の立場で、俺の議員としての力を使いたい」という鷲津の言葉を信じ、一度はついていくことを決めた。しかし、鷲津は変わってしまった。鶴巻潰しや怪文書の犯人探しに夢中になるあまり、地元後援会の会合出席や大事な陳情も他人任せ、挙句に長年支えてきた蛍原を疑う始末。蛯沢は「今の鷲津さんがやってることは犬飼や鶴巻と同じじゃねえかよ! 弱いもんの味方だと思ってたのに、結局あんたもあいつらと同じなんだよ!」と、鷲津への落胆と怒りを爆発させる。そして「鷲津亨を許さない」と宣言したのだった。

 すっかり窮地に陥った鷲津。第10話では、その変貌ぶりに妻・可南子(井川遥)や息子の泰生からも呆れられ、親友のはずの鷹野を怪文書の犯人だと疑い、「苦労知らずの二世議員」呼ばわりして激高されてしまう。次々と周囲から見放されていく鷲津に再起の目はあるのか。そして気になるのは鷹野の動向だろう。厚生労働副大臣のポストに滑り込んだ鷹野を、竜崎は「なかなかの策士」と評価し、「君も気を付けたほうがいいかもしれないな」と鷲津に忠告していた。熊谷を使って鶴巻の汚職ネタを鷲津に与え、結果的に鷲津を押しのけて出世した鷹野の狙いはどこにあるのか。

 今夜放送の最終回は、鷲津の代議士人生のみならず、交友関係、蛯沢への償い、そして鷲津家の今後がテーマになるだろう。予告動画では竜崎に「用済み」とまで言われた鷲津だが、そのなかで飛び出た「最後にでかい罠、仕掛けるぞ」という言葉。その罠は、保身のためのものなのか、それともいままで支えてきた周囲の人たちを想ってのものなのか。復讐と欲にとらわれた男の結末を見届けたい。

■番組情報
月曜ドラマ『罠の戦争
フジテレビ系毎週月曜22時~
出演:草彅剛、井川遥、杉野遥亮、小野花梨、坂口涼太郎、白鳥晴都、小澤征悦、宮澤エマ、飯田基祐、高橋克典、片平なぎさ、岸部一徳 ほか
脚本:後藤法子
音楽:菅野祐悟
主題歌:香取慎吾×SEVENTEEN「BETTING」(Warner Music Japan)
プロデューサー:河西秀幸
演出:宝来忠昭
演出・プロデューサー:三宅喜重
製作・著作:カンテレ
公式サイト:ktv.jp/wana

東海林かな(ドラマライター)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

しょうじかな

最終更新:2023/03/27 12:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed